看護師が「夜勤なし」で働ける職場と働き方|ナース専門 お悩み解決コラム ナースジョブ
  1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 看護師が「夜勤なし」で働ける職場と働き方

No.99 看護師が「夜勤なし」で働ける職場と働き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の仕事は続けたいけれど、体調不良や家庭の事情で夜勤をするのが難しい。そういったお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は、看護師が夜勤をせずに働ける職場や働き方についてご紹介いたします。自分のライフスタイルに合った働き方で、仕事もプライベートも充実させていきたいですね。

外来看護師として働く

夜勤ができない看護師にまずおすすめしたいのが、外来のみを行っているクリニックで働くという方法です。診療時間や休診日が決まっており、救急や入院患者がいないため、不規則な勤務を強いられることはありません。近年は、美容皮膚科や自由診療のみを行うクリニックも増えており、外来看護師として働く選択肢も幅広くなっております。

健診センターで働く

いわゆる、健康診断のみを請け負う施設で働くことです。施設勤務ももちろんですが、検診車に乗って、学校や企業など、さまざまな場所に赴くという働き方もあります。基本的には予約制なので、急な残業などはほぼ皆無といっていいでしょう。健診は、とにかく時間勝負。1日に何本もの採血をこなすので、技術を磨くには最適な現場です。

保育園で働く

保育園ならば、当然夜勤はありません。2013年より、私立保育園における看護師の常駐が義務付けられました。待機児童の増加に伴い、今後は保育園の数が増えていくことも予測されるので、保育園看護師の需要は確実に高まっていくでしょう。

訪問看護や介護施設で働く

通院が難しい患者様の自宅に赴き、投薬の指導や医療処置を行うのが、訪問看護の基本的な仕事です。医療機関での仕事と違い、患者様と1対1でじっくりと向き合うことが出来るのが特徴です。時間単位で患者様のお宅を周るので、急な残業はほぼないと思っていいでしょう。稀に、オンコール体制を取っている訪問看護ステーションもあるので、事前に確認が必要です。
また、介護施設での仕事も、医療機関での仕事と比べ医療行為が少なく、日勤のみや残業なしといった求人も多いので、仕事とプライベートを両立させながら、ご自身のペースで働きやすい環境であるといえるでしょう。

治験コーディネーターとして働く

新薬開発に必要な、さまざまな臨床試験を行うのが治験業界での仕事です。必ずしも看護師の資格が必要ではありませんが、医療の現場で培った経験をフルに活用できる仕事です。実際に、看護師や薬剤師、臨床検査技師などの資格を持った人が多く活躍している現場でもあります。

女性の社会進出が謳われる昨今ではありますが、結婚や出産、育児といった女性の人生にとって重大なライフイベントと仕事を両立させる社会基盤は、まだ万全とは言い難いのが現状です。自分の生活スタイルに見合った働き方を自分で見つけなければなりません。しかし、看護師の働き方が実は幅広く存在するということも、おわかりいただけたかと思います。働き方でお悩みの看護師にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員株式会社ベストライフ ベストライフ白石
北海道 株式会社ベストライフ ベストライフ白石
施設高齢者施設
全国展開している法人の白石区の施設です。夜勤、オンコール無!!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市白石区本通14-北5-15
正社員もなみクリニック
北海道 もなみクリニック
施設クリニック
保育料半額補助♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市南区川沿5条3丁目2-1
正社員医療法人晴生会 介護老人保健施設 サンビオーズ新琴似
北海道 医療法人晴生会 介護老人保健施設 サンビオーズ新琴似
施設高齢者施設
☆札幌市北区☆認知症への取り組みに力をいれている高齢者施設です☆
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市北区新琴似2条5丁目1-1

おすすめコラム

ナースのブログを読むことは息抜きと思わぬ知識の供給になる
No.370 ナースのブログを読むことは息抜きと思わぬ知識の供給になる

ナースのブログを読むことは、単なる息抜きや娯楽だけでなく、知識や洞察を提供してくれる可能性があります。意識をするだけで普段のブログの見方が変わることでしょう。今回は、ナースのブログが読者にもたらす様々なメリットについてご紹介します。

続きを読む
看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?
No.116 看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?

地元のかかりつけの病院や総合病院に行くと、血液採取のため注射されることがよくあります。患者からみればすべての看護師は注射が上手で当然だと思っているでしょう。しかし、静脈注射の場合は気を付ける必要がありそうです。

続きを読む
看護師ならではの夜勤を乗り切る方法
No.157 看護師ならではの夜勤を乗り切る方法

看護師さんは入院している患者さんの面倒を見るため、夜勤は当然のことです。日勤と夜勤の二つの勤務時間を、バランスよくシフトに組み込みながら仕事をします。複雑な勤務時間を、ストレスなく乗り切るにはどうしたらよいのでしょうか?

続きを読む
看護師の結婚相手や平均年齢、結婚後の働き方って?
No.7 看護師の結婚相手や平均年齢、結婚後の働き方って?

看護師は異性との出会いはどこにあるのでしょうか? また、何歳ぐらいで結婚するのでしょうか? 看護師は結婚したら勤務に影響がでるのでしょうか? ここでは、看護師の結婚事情について紹介致します。

続きを読む
切り替えが大切! 落ち込んだ時におすすめの対処法6つ
No.21 切り替えが大切! 落ち込んだ時におすすめの対処法6つ

看護師の仕事はかなりハードで、ミスや相手の言葉などに落ち込んでしまうことも少なくありません。うまくいかず落ち込んでしまった時には上手に気分を立て直しましょう。ここでは、気持ちを立て直すための方法をご紹介します。

続きを読む
看護師の残業について考える
No.154 看護師の残業について考える

看護師の仕事は、現実的にサービス残業が多いのが現状です。今回は、看護師が悩んでいるサービス残業の多さにスポットをあて、その実態と原因をみながら改善方法はないのか考えてみたいと思います。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »