1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 必要不可欠!看護師のコミュニケーションスキル

No.162 必要不可欠!看護師のコミュニケーションスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院を利用される患者さんやそのご家族は看護師に対してどのようなスキルを求めているのでしょうか。医療技術はもちろんのことですが、接遇対応を観察されていることを知っていますか?
また、職場の環境の良し悪しもコミュニケーションによって変わってくるのです。では、今回は看護師にとって重要なコミュニケーションスキルを高めるポイントをまとめていきましょう。

患者さんに寄り添うために

◎聴く力
看護業務に必要なコミュニケーションスキルは、相手の言葉と心の声を聴く(身を入れて聞く)力を指し、そのスキルが無ければどんなにお話し上手でもコミュニケーションスキルが高いとはいえません。
看護される方は皆さんお話上手という人ばかりではありません。何が言いたいのか分からない時にこそ、相手が何を求めているのかをしっかりと見極め看護できる看護師こそコミュニケーションスキルの高い看護師といえます。

◎説得力
いつまでも飲み続けている薬をもう飲みたくないと言われたとき、あなたならどうしますか?根拠のない話、例えば「大事な薬なので」と言われても患者さんは納得されません。
そこで必要とされるのが患者さんの病気の状態と薬の作用をしっかりと説明できる根拠です。相手を説得できる力も看護師にとっては大切なスキルなのです。

職場の環境を良くするために

◎理論的思考
昨今では男性の看護師も珍しくありませんが、看護の職場はやはり女性の多い職場です。女性の話し方の特徴として見られがちなのが、理論的に考えて話すことよりも感情が先行しがちになってしまうことです。
そう言われると偏った意見だとあまりいい気はしませんが、これには様々な見解があり、右脳と左脳をつなぐ交連線維の脳梁が女性の方が、男性と比べて大きいためで、右脳の五感を通じた感性や感覚が男性に比べると情報交換が頻繁に行われるためだと言われています。

そこで必要になるスキルは、理論的思考(ロジカルシンキング)です。ロジカルシンキングは看護師だけでなく、多くのビジネスマンが身につけたいと思っているスキルの1つです。
ロジカルシンキングは物事を筋道立てて、論理的に考えわかりやすく伝えられるようにすることを目的としています。
簡単な方法の1つとして話し方を結論から延べ、その後に理由をつけると知らず知らずのうちに論理的思考の訓練をしているようになります。

◎交渉はWIN WINで
看護師のスケジュールはタイトでハードです。その中で上司や後輩からの頼まれ事が増えると、それこそイライラの原因となり、職場の雰囲気を壊すような言動をしかねません。
ここで覚えておきたいのは、交渉においてはWIN/WIN(交渉している双方が利益を得られる)な関係を保つこと。自分も譲歩し相手にも譲歩を求めるテクニックには駆け引きと妥協があることを忘れないでください。

まとめ

このように看護師の現場では高いコミュニケーションスキルが必要不可欠となってきます。得意不得意は個人差がありますが、苦手なスキルを伸ばしてこれからの現場で自信をもって働けるように意識してみましょう。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
社会福祉法人イエス団  真愛くもちホーム
兵庫県 社会福祉法人イエス団 真愛くもちホーム
施設高齢者施設
小規模特養なので、一人一人と向き合った看護が可能です(^O^)/
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市中央区熊内5丁目10-8
正社員
非常勤
株式会社セラピット  訪問看護ステーション リハ・リハ
兵庫県 株式会社セラピット  訪問看護ステーション リハ・リハ
施設訪問看護
新しいリハビリの形を探究した活気あふれる企業♪
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市西区北別府1丁目3-2
正社員
非常勤
医療法人康雄会 介護老人保健施設すばる魚崎の郷
兵庫県 医療法人康雄会 介護老人保健施設すばる魚崎の郷
施設高齢者施設
運営基盤がしっかりしている【すばる医療福祉グループ】の施設です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市東灘区魚崎西町2丁目3番19号

おすすめコラム

夜勤のお仕事 ~看護師の持ち物って何?~
No.168 夜勤のお仕事 ~看護師の持ち物って何?~

夜勤をする際、何を持っていればよいのか分からない、何を持っていたら安心できるのかと思うことはありませんか? 今回は、夜勤の持ち物についてご紹介していきましょう。

続きを読む
看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと
No.6 看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと

看護師は心身ともにハードな職場であり、勤務体制もさまざまなため、仕事と育児の両立が難しい職種です。しかし、それでも育児と両立させるにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

続きを読む
「看護師になって良かった」と感じるのはどんな時?
No.50 「看護師になって良かった」と感じるのはどんな時?

仕事の大変さや辛い部分が取り上げられることが多いのが看護師の仕事。看護師として働き続ける人たちはどんなときに「看護師になって良かった」と感じることが多いのでしょうか。実際に看護師として働く人たちからよく聞かれる声を取り上げてご紹介します。

続きを読む
負担が軽いのはどっち?看護師の3交代制と2交代制勤務の違い
No.36 負担が軽いのはどっち?看護師の3交代制と2交代制勤務の違い

看護師の仕事は24時間絶え間なく続くため、多くの看護師は3交代、もしくは2交代で勤務をしています。負担が軽いのはどちらなのでしょうか? 看護師の勤務形態による違いや、失敗しない勤務形態の選び方についてご紹介します。

続きを読む
みんなはどう処理してる? 看護師の「ムダ毛」事情
No.44 みんなはどう処理してる? 看護師の「ムダ毛」事情

患者さんと間近に接することの多い看護師にとって、ちょっぴり気になるのが手足などの「ムダ毛」の問題ですね。気になる看護師のムダ毛事情と、みんなの処理方法などについてお伝えします。

続きを読む
ナースの腰痛に関するニュース
No.189 ナースの腰痛に関するニュース

ナース(看護師)にとって腰痛は職業病とも言われ、厚生労働省の調査結果では5割〜7割の看護師が腰痛に悩まされていると言われています。今回、「腰痛診療ガイドライン2019」が7年ぶりに改定になりました。その内容について紹介していきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »