1. »
  2. »

No.83 看護師の手荒れ問題、対策のポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手荒れしやすい職業と言えば、美容師や飲食店スタッフなどと並んで上位に常にランクインするのが看護師です。
看護師の職業病とも言える手荒れを予防したり改善したりするために、どのような対策やケアをすれば良いのでしょうか?
看護師が心がけたい手荒れ対策のポイントをお伝えします。

勤務中はこまめにハンドクリームを使用

頻繁な手洗いやアルコール消毒は、手肌を乾燥から守ってくれる皮脂も洗い落としてしまいます。
このため、肌のバリア機能が低下して乾燥しやすくなったり、ちょっとした刺激でも炎症を起こしやすくなったりしてしまうのです。
とは言え、看護師の仕事をしているかぎり、手洗いや消毒の回数を減らすというわけにはいきません。
そこで欠かせないのがハンドクリームです。ハンドクリームは、皮脂に代わって手肌を保護してくれます。
手洗いするたびにハンドクリームを塗りなおすというのは現実的に難しいかと思いますが、休憩やちょっと余裕ができたときなどに、できるだけこまめに塗りなおすだけで手肌の乾燥を防いで手荒れ対策に役立ってくれるでしょう。

ハンドクリームは自分の肌や手荒れの度合いに適したものを選ぶのが大切ですが、勤務中に使用するものに関しては、業務や患者さんへの影響も考えて、べたつきにくいことや香りが少ない(残らない)ことなどにも注意して選びたいところです。

自宅でのケアは一手間かけて

手荒れが気になるとは言え、勤務中は手荒れ対策やケアにそこまで時間や手間をかけていられないことが多いと思います。
そのぶん、自宅では少し時間や手間をかけて手肌のケアを心がけましょう。

顔のケアと同じように、たっぷりの化粧水で水分を補ってからハンドクリームを塗ることで手肌がふっくらとうるおいます。
選ぶハンドクリームも、勤務中に使用するものより油分は多めでややベタつくぐらいのものがおすすめ。
好みの香りのものを選べばリラックス効果も期待できます。

さらに時間があるときは、化粧水とハンドクリームのケアの前に、乾燥肌に良いとされるはちみつパックを試してみるのも良いでしょう。

就寝前にハンドケアをしたら、綿や絹などやわらかい肌触りの手袋をつけて寝ると、寝ている間に手肌がしっとりとうるおいます。

セルフケアでは改善しないときは……

勤務中や自宅でのケアで、手肌の乾燥や手荒れはある程度防いだり改善したりすることができます。
しかし、慢性的に手肌がひどく乾燥したりひび割れやあかぎれなどが治らない場合は、セルフケアだけで治すのは難しいです。
慢性的な手荒れは、手肌の皮膚常在菌の環境を変化させ、院内感染のリスクを高めます。
手荒れがなかなか改善しない場合は、皮膚科を受診なさることをおすすめします。
症状に合わせた外用薬や保湿剤などを処方してもらいましょう。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員医療法人社団あんしん会  あんしんクリニック
兵庫県 医療法人社団あんしん会  あんしんクリニック
施設クリニック
三宮にある整形外科に特化した駅近くのクリニックの求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市中央区旭通4丁目1-4 シティタワープラザ4階
正社員株式会社GreenApple 訪問看護ステーショングリーンアップル
兵庫県 株式会社GreenApple 訪問看護ステーショングリーンアップル
施設訪問看護
兵庫区にある訪問看護ステーション♪駅チカ徒歩5分!日勤のみ★
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市兵庫区下沢通7丁目2-26
正社員
非常勤
アサヒサンクリーン株式会社 アサヒサンクリーン在宅介護センター神戸中央
兵庫県 アサヒサンクリーン株式会社 アサヒサンクリーン在宅介護センター神戸中央
施設訪問看護
訪問入浴業界最大手!訪問入浴サービスの求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市中央区二宮町2-6-21 コスモ三宮アーバンスクエア103

おすすめコラム

看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?
No.35 看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?

看護師の仕事は責任があり大変なものですが、子供をもった女性が働きやすい職種だと言われています。それは、院内保育などの働くママへの支援体制の充実があげられます。ここでは、働く女性の強い味方、病院での院内保育についてご紹介します。

続きを読む
あるある ないない 看護師が突っ込む医療ドラマと現実の違い
No.25 あるある ないない 看護師が突っ込む医療ドラマと現実の違い

最近では医療ドラマもリアルさを追求した作りになっていますが、それでもドラマならではの演出に、現場を知る看護師が思わず「こんなことない」と突っ込んでしまうのは“あるある”なのではないでしょうか? そんな突っ込みたくなるシーンをご紹介します。

続きを読む
病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策
No.71 病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策

紫外線量が年間でもピークになる夏。看護師は基本的に室内勤務ですが、室内でも紫外線対策は必要です。その理由と看護師が意識したい紫外線対策についてお伝えします。

続きを読む
看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話
No.152 看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話

看護師は手洗いや消毒を何度も繰り返し、夜勤などもあり規則的な生活ができないのが原因で、手荒れで悩む方も多くいると思います。手荒れは手の皮脂が失われてしまうことにつながる、手洗い・水仕事・アルコール消毒が原因となって進行していきます。

続きを読む
 お洒落に実用的に~看護師のボブ~まとめ髪のポイント
No.122 お洒落に実用的に~看護師のボブ~まとめ髪のポイント

看護師でボブの場合、サイドからトップのヘア部分について悩みがちです。すぐに頬、鼻、目元に垂れてくるからです。ボブの場合に簡単にお洒落にまとめるポイントについてお伝えします。

続きを読む
看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ
No.96 看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ

スポーツジムに通うことは、運動不足を解消し、健康を促進するばかりではなく、記憶力の向上や、ストレス解消など、看護師が仕事をする上で役立つさまざまなメリットがあるのです。運動がもたらす効果と、続けるコツを紹介します。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »