1. »
  2. »

No.77 夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤の日、一晩中メイクをしていた後の肌は、ごわついたりくすんだりなんだか疲れた印象になりやすいものです。
夜勤で肌が荒れてしまったという方もいるのではないでしょうか。
「夜勤の日はすっぴん!」という方も増えていますが、まったくのノーメイクで仕事をするのは抵抗があるという方も多いでしょう。
そこで今回は、肌に優しい夜勤メイクのコツについてお伝えしたいと思います。

メイク前のスキンケアが重要!

メイクをしている間の肌は、常にファンデーションで覆われた状態です。
乾燥しすぎを防ぐメリットもありますが、長時間メイクしているとやはり肌は疲れてしまいます。
夜勤の日にメイクをして過ごす場合は、メイク前の保湿ケアを特に入念におこないましょう。
出勤前はバタバタしがちですがなるべく時間に余裕を持って、化粧水、美容液、乳液と一工程ごとにじっくりと肌になじませることを意識します。
メイク前にシートマスクで保湿する時間を作るのもおすすめです。
たっぷりとうるおいを補給しておくことで、長時間メイクの負担が軽くなります。

肌への負担が少ないメイクを意識する

メイクによる肌の負担が大きくなりがちなのはやはりベースメイクです。
ファンデーションはしっかりと肌に密着するからこそカバー力を発揮してくれるのですが、肌にとっての負担も大きくなります。
若い方や素肌に自信のある方なら、ファンデーションは使用せず眉やアイメイク、リップメイクなどポイントメイクだけにするのがおすすめ。
ただし、肌が乾燥しやすくなるのでクリームなどで保湿することを忘れずに。
顔色やシミ、クマなどが気になるという方は、コンシーラーの部分使いや、コントロールカラーを塗ってフェイスパウダーで仕上げるなど、薄付きのベースメイクを意識しましょう。
肌に優しい成分で作られたミネラルファンデーションを使うのもおすすめです。

夜勤中は小まめな保湿を心がける

病棟内は常に空調管理されているため、空気が乾燥しているものです。
メイク前に十分に保湿ケアをおこなったとしても、やはり勤務している間にどんどん肌は乾燥していってしまいます。
肌は乾燥が進むほどバリア機能が低下してダメージを受けやすくなるため、肌荒れなどを起こしやすくなります。
なるべく勤務の合間に、ミストタイプの化粧水などで小まめな保湿を心がけましょう。
水を飲むなど、内側からの水分補給も大切です。

夜勤の日にメイクをする際、肌の負担を軽くするためのポイントをご紹介しました。
勤務後はなるべく早くきちんとメイクを落として、しっかりとうるおい補給することもお忘れなく!

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員社会医療法人北海道恵愛会 札幌南三条病院
北海道 社会医療法人北海道恵愛会 札幌南三条病院
施設病院
駅チカ★呼吸器に力を入れている急性期の病院★オススメ求人!
【募集職種:看護師】
北海道札幌市中央区南三条西6丁目4-2
正社員医療法人社団 康仁会 中田泌尿器科病院
北海道 医療法人社団 康仁会 中田泌尿器科病院
施設病院
お休み多く、残業少なめ!ワークライフバランスが光る病院での募集です!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市西区西町北5-1-5
正社員医療法人タナカメディカル 介護療養型老人保健施設 博友会
北海道 医療法人タナカメディカル 介護療養型老人保健施設 博友会
施設高齢者施設
残業少なめ!マイカー通勤可能!介護療養型老人保健施設での求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市西区西野2条7丁目1-1

おすすめコラム

夜勤中に耳鳴りがする?!看護師の勤務との関係
No.158 夜勤中に耳鳴りがする?!看護師の勤務との関係

看護師のシフトは、工場の一部やコンビニなどの職場同様、交代制で成り立っています。日勤はともかく、夜勤は大変な勤務となっていますので、どうしても溜まってしまうのは疲れとストレスです。

続きを読む
看護師の離婚は多い!? 知っておきたい原因4つ
No.62 看護師の離婚は多い!? 知っておきたい原因4つ

看護師は離婚しやすいと言われています。その原因と考えられるものを4つご紹介します。よくある離婚の原因を知って、結婚生活について考える参考になさってください。

続きを読む
看護師の体調管理には「ホルモンバランス」が重要
No.29 看護師の体調管理には「ホルモンバランス」が重要

看護師は夜勤があるため生活が不規則になりホルモンバランスが乱れがちです。乱れたホルモンバランスを回復させるためにできる体調管理の方法を紹介します。最近、体調が気になるという方は参考になさってください。

続きを読む
患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ
No.28 患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ

看護師にはさまざまな患者さんと会話をする機会があります。何を話せばいいかわからないという場合もありますが、患者さんの心を上手に開くために努力したいものです。ケース別にオススメの会話術を知っておきましょう。

続きを読む
看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?
No.116 看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?

地元のかかりつけの病院や総合病院に行くと、血液採取のため注射されることがよくあります。患者からみればすべての看護師は注射が上手で当然だと思っているでしょう。しかし、静脈注射の場合は気を付ける必要がありそうです。

続きを読む
どうやって伝える? 難聴患者さんへのケアポイントとは?
No.27 どうやって伝える? 難聴患者さんへのケアポイントとは?

看護師は難聴の症状を抱える患者さんと接する機会も多いものです。難聴患者さんのケアポイントとは?難聴患者さんに接する場合にはどのような点に気をつけてコミュニケーションを取ったら良いのでしょうか?

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »