ベテランと新人ナースのコミュニケーションを死語から考える|ナース専門 お悩み解決コラム ナースジョブ
  1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ベテランと新人ナースのコミュニケーションを死語から考える

No.373 ベテランと新人ナースのコミュニケーションを死語から考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースの現場では、ベテランナースと新人ナースのコミュニケーションが重要な役割を果たしています。コミュニケーションが円滑に行われることで、患者へのケアの質が向上し、チーム全体の働きやすさが向上します。しかし、世代間の違いや経験の差から、時にはスムーズにいかないこともあります。今回は、コミュニケーションの中で使われる言葉、特に「死語」に焦点を当て、ベテランナースと新人ナースのコミュニケーションを考えます。

死語とは何か

まず、「死語」とは何かを明確にしておきましょう。死語とは、かつては一般的に使われていたものの、現在ではほとんど使われなくなった言葉や表現を指します。言語は時代とともに変化し、新しい言葉が生まれ、古い言葉が使われなくなることは自然な現象です。しかし、この言葉の変化が世代間のコミュニケーションに影響を与えることがあります。

ベテランナースの使う言葉

ベテランナースは長年の経験から、医療現場で使われてきた専門用語や業界特有の表現を多く知っています。これらの言葉の中には、現在の医療現場ではあまり使われなくなったものも含まれています。例えば、「カルテ」という言葉は、今では「電子カルテ」と言い換えられることが多くなっていますが、ベテランナースは「カルテ」と言うことが多いかもしれません。また、かつての医療機器や薬品の名前も、現在のものとは異なる場合があります。

コミュニケーションのギャップ

ベテランナースと新人ナースの間にある言葉のギャップは、コミュニケーションの障壁となることがあります。例えば、ベテランナースが死語を使って新人ナースに指示を出した場合、新人ナースはその意味を理解できないかもしれません。このようなギャップが積み重なると、業務の効率が低下し、誤解やミスが生じる可能性があります。
このようなコミュニケーションのギャップを埋めるためには、ベテランナースは自分の使う言葉が新人ナースにとって理解しやすいものであるかを意識することが重要です。また、新人ナースに対しては、医療現場で使われてきた歴史的な言葉や表現についても教育することが有益です。これにより、ベテランナースの指示がより理解しやすくなります。

実際の取り組み事例

具体的な取り組みとしては、定期的なミーティングや研修を通じて、ベテランナースと新人ナースが互いの言葉や表現について共有する場を設けることが挙げられます。例えば、月に一度の「言葉の共有会」を開催し、お互いに使う言葉の意味や背景について話し合うことで、理解を深めることができます。言葉のギャップが生じることは避けられないかもしれませんが、互いに理解し、学び合うことで、そのギャップを埋めることができます。死語という視点からコミュニケーションを考えることで、世代を超えたチームワークの重要性を再認識し、より良い医療現場を築いていくことができるでしょう。

カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
福田総合病院
大阪府 福田総合病院
施設病院
働きやすい職場が魅力です!
【募集職種:看護師】
大阪府枚方市 渚西1-18-11
正社員社会福祉法人帝塚山福祉会 特別養護老人ホーム 浜木綿苑
大阪府 社会福祉法人帝塚山福祉会 特別養護老人ホーム 浜木綿苑
施設高齢者施設
ワークライフバランス保てます☆
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市住之江区南港北1-4-1
正社員医療法人大潤会 みやのさか整形・外科・皮膚科・内科
大阪府 医療法人大潤会 みやのさか整形・外科・皮膚科・内科
施設クリニック
診療科の専門医がおり、幅広い疾患に対応しています!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府枚方市宮之阪3丁目7番10号

おすすめコラム

看護師が「夜勤なし」で働ける職場と働き方
No.99 看護師が「夜勤なし」で働ける職場と働き方

子育てや体調などの理由で、夜勤なしで働きたいと考えている看護師の方に、夜勤なしで働ける職場や働き方についてご紹介いたします。

続きを読む
ナースの仕事と靴について
No.269 ナースの仕事と靴について

ナースという仕事は務める病院や科によって、その仕事内容も異なってきます。それに伴い、履く靴も適したものを選ぶ必要があります。今回はこのナース(看護師)の靴に関して見てまいりましょう。

続きを読む
看護師の恋愛・結婚「出会い」はどこにある?
No.54 看護師の恋愛・結婚「出会い」はどこにある?

忙しい日常生活を送る女性看護師が男性パートナーを求める場合、どのような状況で探すことができるのでしょうか? 「友人に紹介を頼む」「お見合いパーティーに参加する」などいくつかの方法をご提案します。

続きを読む
同僚ナースが明かす仕事の本音
No.208 同僚ナースが明かす仕事の本音

どのような仕事でも不満というものがあるものですが、ナースの仕事に関しては他の人にはなかなか理解してもらえない不満もあるものです。そこで今回は、同僚ナースが明かす仕事の本音を探ってみたいと思います。

続きを読む
キレイをキープ! 看護師のためのメイク崩れ対策
No.65 キレイをキープ! 看護師のためのメイク崩れ対策

勤務時間が長く、勤務中は常に忙しく動き回っている看護師にとってメイク崩れは悩ましい問題。出勤前にしっかりメイクしても仕事が終わる頃にはメイク崩れでお疲れ顔……、そんな困ったメイク崩れを防ぐためにできる対策についてお伝えします。

続きを読む
ナースの役職看護部長の仕事は医療行為ではなくマネジメント
No.274 ナースの役職看護部長の仕事は医療行為ではなくマネジメント

ナースの役職の中でトップが「看護部長」です。50代頃に任命されることが多く看護部長の仕事は、患者への医療ではなく病院の運営。医療従事者として仕事をしていたナースがマネジメントを行います。看護部長の仕事と必要とする能力についてご紹介します。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »