1. »
  2. »

No.78 汗くさくなってませんか? 看護師の汗対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病棟の中は、患者さんが快適に過ごせるように空調で室温管理がされているものです。
基本的に横になっている患者さんにとって快適な室温は、常にバタバタと動き回っている看護師にとっては少し高め。
仕事をしていると汗ばんでしまうという人も多いでしょう。
その一方で看護師の仕事は、看護や介助などで患者さんと間近に接することも多いものです。
そんな場面で、自分が汗くさくなっていないか気になってしまった経験のある方も多いのでは?
今回は、看護師のための汗対策のポイントをお伝えします。

ムダ毛処理は一年中しっかりと!

汗のニオイが特に気になりやすいのは上半身。
ワキに汗をかきやすいのが悩みという方も多いでしょう。
「汗くさい」と表現されますが、実は汗そのものは無臭です。
汗くさくなるのは、汗が肌に長く留まることで、肌に細菌が繁殖してしまうため。
ムダ毛が多いと、汗が乾きにくくなり細菌の繁殖しやすい環境になってしまうため、汗のニオイも生じやすくなります。
冬場など肌の露出が少なくなる時期は、ワキのムダ毛処理を小まめにおこなわないという方もいるかもしれませんが、汗のニオイ対策には一年中きちんとムダ毛処理をおこなうのがおすすめ。
頻繁な自己処理が煩わしいという方は、レーザー脱毛などに頼るのも手です。

こまめな汗の拭き取りがニオイ対策のカギ

汗をかいてから、細菌が繁殖してニオイが発生しはじめるまでにはだいたい1~2時間程度と言われています。
その日の仕事の忙しさなどによっては難しい場合もあると思いますが、できれば1時間ごとを目安に汗を拭き取るのがニオイ対策になります。
今は汗ふきシートや制汗シートにもさまざまな商品が発売されているので、いろいろ試して好みに合うものを見つけてみてはいかがでしょうか。
勤務中持ち歩いていればトイレのタイミングなどちょっとしたときに小まめに汗のケアができますよ。

脇パッドは汗ジミ対策にも

ニオイとともに気になるのが、脇の汗ジミ。
ナース服の色などによっては汗ジミがくっきりと目立ってしまうのが悩ましいところです。
そんな汗ジミ対策にも、そしてもちろん脇汗のニオイ対策にも役立ってくれるのが脇パッドです。
愛用しているという看護師の方も多いかもしれませんね。
忙しくてなかなか小まめに汗ふきができないという方にも強い味方となってくれるはずです。
脇パッドにも衣類に貼るタイプ、肌に貼るタイプなど使い捨てのものから、洗って繰り返し使えるものまでさまざまな種類があります。
こちらも自分に合うものを見つけたいですね。

看護師の汗対策についてお伝えしました。
こうした対策をおこなってもニオイが気になってしまう場合は、多汗症やワキガの可能性もあります。
気になる場合は一度専門医を受診してみることをおすすめします。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ看護師求人

正社員醫療法人齊和會 廣島クリニック
広島県 醫療法人齊和會 廣島クリニック
施設クリニック
当院では、リウマチ治療をはじめとして、先端医療を提供しており、それに伴って治験実施、また、人工関節・骨折など種々整形外科手術、外科手術なども多く、看護にも高度の知識・技術が要求されています。
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市西区東観音町20-16
正社員医療法人 比治山病院
広島県 医療法人 比治山病院
施設病院
精神科未経験でもOK!!
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市南区上東雲町3-1
正社員株式会社Natural Care & Life リハビリ訪問看護ステーション のの花
広島県 株式会社Natural Care & Life リハビリ訪問看護ステーション のの花
施設訪問看護
安佐南区にある訪問看護ステーション!マイカー通勤可☆駐車場無料です!
【募集職種:看護師】
広島県広島市安佐南区伴南5丁目14-30

おすすめコラム

夜勤による高血圧は看護師の職務にも影響する
No.146 夜勤による高血圧は看護師の職務にも影響する

看護師は昼間や夜間での交代勤務などで体内時計が乱れ、悪循環になり体調不良に陥ることがあります。仕事がひと段落したころに高血圧の症状に襲われるケースがよくあるので疲労感から解放されるように高血圧対策を紹介していきたいと思います。

続きを読む
夜勤明けのお風呂はどうしてる?リラックスする入浴方法とは?
No.113 夜勤明けのお風呂はどうしてる?リラックスする入浴方法とは?

夜勤明けの場合、朝に家にもどり1回入浴してから食事、睡眠をとられる看護師さんが多いようです。お風呂の入り方は様々で、入り方によってリラックス効果が違うことも。リラックスできるお風呂の入り方についてお伝えします。

続きを読む
~不眠症を防ぐコツ~
No.148 ~不眠症を防ぐコツ~

看護師の仕事で夜勤をしているとつきまとう、寝不足。いつしか体調を崩し、眠れなくなって不眠症になる人も少なくないでしょう。今回は、不眠症を防ぐために夜勤の休憩中や自宅で何をしたら良いかご紹介していきます。

続きを読む
看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介
No.111 看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介

看護師はこれから売り手市場になると言われており、需要も伸びていくことが予測されます。理由は高齢化社会による在宅療養が主流になるからです。一方、在宅療養で働く場合のデメリットもあげながら、看護師がおすすめ職であることについてお伝えします。

続きを読む
いつ頃が狙い目? 看護師転職のベストなタイミング
No.14 いつ頃が狙い目? 看護師転職のベストなタイミング

看護師の転職にはオンシーズンとオフシーズンがあります。看護師にとって転職し易い時期、タイミングがいつ頃なのかをご紹介してきます。

続きを読む
あるある ないない 看護師が突っ込む医療ドラマと現実の違い
No.25 あるある ないない 看護師が突っ込む医療ドラマと現実の違い

最近では医療ドラマもリアルさを追求した作りになっていますが、それでもドラマならではの演出に、現場を知る看護師が思わず「こんなことない」と突っ込んでしまうのは“あるある”なのではないでしょうか? そんな突っ込みたくなるシーンをご紹介します。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »