ストレスがたまると危険~看護師の人間関係って難しい?|ナース専門 お悩み解決コラム ナースジョブ
  1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ストレスがたまると危険~看護師の人間関係って難しい?

No.125 ストレスがたまると危険~看護師の人間関係って難しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の人間関係は、女性が多い職場なのでピリピリしているというイメージを持つ方もおられます。しかし、ポイントを押さえれば、女性の多い職場でも大丈夫です。看護師のいい人間関係を保つ秘訣をお伝えします。

基本はみんな疲れていると考えてみる

あの先輩怖いよな、あの人いつも不機嫌だよねなど思う人がいます。一般的に看護師の職場は夜勤や手術で疲れています。そのため、新人ナースや転職ナースはその疲れた雰囲気に対して、自分が問題なのかなと思いがちです。しかし、疲れているのなら、少しは受け入れてあげられるって思いませんか。

仕事上のミス~まずは自分が反省

もし、仕事のミスで怒られるなどすれば落ち込むでしょう。しかし、人を怒ることができる人は、それだけ自分にも厳しいということになります。一方で、ミスをしても怒らない人もいます。その人は、きっとミスをした人の気持ちも分かる人なのでしょう。どちらにしても、ミスをしたことには変わりないので、怒られたとしても怒られなかったとしても、ミスに対してはこのような気持ちで乗り越えていきましょう。

  • 起こったものは仕方がない
  • 必要以上に自分を責めない
  • 次は同じミスをしない様にする

このように、自分が反省していれば、どんな怒りの言葉でさえ優しく聞こえるかも知れません。

怒りをストレス発散にしている人への対処法

しかし、細かなことで怒る人もいます。その人は、日ごろからストレスがたまりがちで、怒ることで小さなストレスを発散させているのでしょう。その場合、あまり関わらない事、そっとしておいてあげる事が必要です。こちらもムキになって対抗してしまうと余計にストレス発散の場を得たと思われてしまいます。特に先輩や上司の場合はなおさらでしょう。その場合、自分が悪い場面では素直に謝っておきましょう。また、自分が悪くないのに理不尽に怒られるなどの場合は納得できませんとはっきり言いましょう。先輩なら上司に、上司ならその上の上司に相談しますでもいいでしょう。理不尽な対応をしてくる人には、先輩、上司に関わらずきっぱりとした対応をすることがポイントです。

自分は引きずらない

もし、自分のミスであったり、理不尽なことで相手から避難やパワハラにも似た態度を取られるなどして謝ったり、きっぱりとした対応をした後で一段落ついたとします。その後は、何もなかったように引きずらない癖をつけておきましょう。こちらが覚えていると、それは以心伝心となり、相手も思い出してしまうからです。そうなるとまた悪循環になるというわけです。相手がひきずっている場合は時間が解決してくれると思い、自分の仕事に集中しましょう。理不尽な態度が治らない場合でストレスになってくるなどするのは危険です。ストレスがたまると仕事にも悪影響を及ぼすからです。

離職も視野にいれてみよう

もし、相手から理不尽な仕打ちが続く場合、転職も視野にいれる事もおすすめです。小さなストレスは、大きなストレスに変化してしまい、看護の仕事さえ嫌いになってしまう事もあるからです。人間関係が悪いのと、看護の仕事とは切り離し、看護師専門の紹介会社へまずはご相談されてみるのをおすすめします。

カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 6 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員特定医療法人ダイワ会 大和病院
大阪府 特定医療法人ダイワ会 大和病院
施設病院
【2次救急指定】地域密着型の病院です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府吹田市垂水町3-22-1
正社員医療法人杏樹会 杏林記念病院
大阪府 医療法人杏樹会 杏林記念病院
施設病院
看護師の職務満足を高める為、人材育成に力を入れています!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市西成区天下茶屋1-18-24
パート
(非常勤)
株式会社ケア21 訪問看護ステーション ぴ~す淀川
大阪府 株式会社ケア21 訪問看護ステーション ぴ~す淀川
施設訪問看護
【淀川区】残業少なめ☆訪問看護ステーションにてパート看護師の募集です!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市淀川区塚本3-7-19

おすすめコラム

看護師の活躍と言語におけるナースの由来
No.259 看護師の活躍と言語におけるナースの由来

現在は看護師という言葉に統一され、表向きは聞く機会が少なくなったナースですが、その由来についてはあまり知られていないというのが一般的です。病院の最前線に立ちながら患者さんたちを助けています。

続きを読む
患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ
No.28 患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ

看護師にはさまざまな患者さんと会話をする機会があります。何を話せばいいかわからないという場合もありますが、患者さんの心を上手に開くために努力したいものです。ケース別にオススメの会話術を知っておきましょう。

続きを読む
【看護師あるある】異性のドクターにドキッとした瞬間4つ
No.61 【看護師あるある】異性のドクターにドキッとした瞬間4つ

看護師あるある! 看護師が異性のドクターに思わずドキッとしてしまうタイミングとして、よくあるものを4つご紹介します。

続きを読む
看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?
No.116 看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?

地元のかかりつけの病院や総合病院に行くと、血液採取のため注射されることがよくあります。患者からみればすべての看護師は注射が上手で当然だと思っているでしょう。しかし、静脈注射の場合は気を付ける必要がありそうです。

続きを読む
女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら
No.137 女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら

夜勤や不規則な勤務、ストレスや仕事の疲れで「ホルモンバランスが乱れている?」と感じたことはないですか? ホルモンバランスが乱れてしまうと様々な症状が現れてしまいます。 今回はそんなホルモンバランスについてご紹介しましょう。

続きを読む
ナースに適したメイクとは ~季節に合わせたコスメ選び~
No.291 ナースに適したメイクとは ~季節に合わせたコスメ選び~

ナースには、どんなメイクが適しているのでしょうか。すっぴんのリスクや、季節に合わせたコスメ選びのポイントなどについて簡単にご紹介します。コスメ選びに悩んでいる方、乾燥やマスクによる摩擦から肌を守りたい方必見です。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »