1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » なかなか聴けない!ナースの本音や日常

No.263 なかなか聴けない!ナースの本音や日常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療機関を利用する人が、まずお世話になるのがナースの方々です。忙しいというイメージのあるナースという仕事に従事なさっている方は、日々の中での本音はどうなのでしょうか?今回はナースの本音について解説します。

ナースというお仕事

ひとくくりで、ナースという仕事を語ることは出来ません。町の入院設備のない小規模医療機関で働くナースから入院した患者さんを看護する病棟勤務のナース、救急や手術室を担当する方とその内容で大きく変わるのが看護師の仕事です。

大きく分けると仕事内容は

  • 〇診察補助:医師からの指示により、患者の採血や注射・点滴や患部の処置など。
  • 〇入院患者の世話:病棟勤務のナースは看護計画を作成し、その計画に沿った業務を遂行します。
  • 〇手術の補助:手術室看護師は手術に医師が専念できるように、必要な機器や機材をベストなタイミングで、医師に手渡し、術前・術後の患者へのケアも行います。
  • 〇救急センター看護師:特に求められるのはスピード感です。救急には重篤な外傷を負った患者や突発的な疾患を発症した患者が多く運ばれて来ます。こういった患者を医師の指示のもと、速やかに処置並びに救急蘇生などを行います。

それぞれ担当する部署により、ナースに求められる業務は多岐に渡り、精度や練度が求められます。一瞬たりとも気の抜けない業務が常に待ち受けているのが看護師という仕事と言えます。

ナースの日常

ナースの日々は、毎日が戦いとも言える激務の連続ですが、担当する患者さんが回復していく姿を見られることは何よりのやりがいと言えるのではないでしょうか。
ナースは、医療を支えるチームの中心的な役割を担う専門職です。ですが、その職域は広く、例えば脳外科と眼科では行う業務が違います。しかし、医師と違い看護師は異動などで転科する場合もあります。
そういった場合でも、ある意味での完璧さを求められる重要な仕事です。日々の業務をこなすだけでなく、新しい知識や技術の習得も求められます。毎日新しい患者さんが入ってきて、その患者さんの心のケアもまた大切な仕事です。
大変なことばかりのナースという仕事ですが、またその仕事を通じて得られる満足感は、ある意味どの仕事よりも大きいのかもしれません。病気や怪我が治り回復していく過程を見ていくことは、使命感の達成といった意味では計り知れないものがあるのかも知れません。

■まとめ
離職率が高いと言われる看護師ですが、他の職種と比べて突出しているとまでは言えないのが実情です。そして、毎年多くのナースが誕生しているのも事実です。ナースになるきっかけは人それぞれですが、殆どの方が人の役に立ちたいとこの仕事を選びます。
そして、ナース無くして現在の医療が成り立たないのも周知の事で、殆どの看護師は患者に寄り添い、身体も心もケアし続けているのです。日々、患者とその家族に感謝され充実した人生を送ることが可能な素晴らしく誇れる仕事である。それがナースの本音ではないのでしょうか。
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ看護師求人

正社員株式会社エクス・ライフ デイサービスセンターつるのさと
福岡県 株式会社エクス・ライフ デイサービスセンターつるのさと
施設高齢者施設
日勤のみ♪デイサービスでの看護業務♪残業も殆どありません☆
【募集職種:看護師】
福岡県福岡市南区弥永3丁目20-8
正社員医療法人 かわのキッズ・クリニック
福岡県 医療法人 かわのキッズ・クリニック
施設クリニック
小児看護に関心のある方、綺麗な職場で地域の小児医療に貢献しませんか?
【募集職種:看護師】
福岡県福岡市中央区平和5丁目10-2
正社員株式会社アフィニティー アフィニティーつばき 訪問看護ステーション
福岡県 株式会社アフィニティー アフィニティーつばき 訪問看護ステーション
施設訪問看護
未経験でも応募可能☆とても綺麗な住宅型有料老人ホームでの訪問看護♪
【募集職種:看護師】
福岡県福岡市西区拾六町5丁目16番29号

おすすめコラム

ナースの腰痛に関するニュース
No.189 ナースの腰痛に関するニュース

ナース(看護師)にとって腰痛は職業病とも言われ、厚生労働省の調査結果では5割〜7割の看護師が腰痛に悩まされていると言われています。今回、「腰痛診療ガイドライン2019」が7年ぶりに改定になりました。その内容について紹介していきましょう。

続きを読む
病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策
No.71 病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策

紫外線量が年間でもピークになる夏。看護師は基本的に室内勤務ですが、室内でも紫外線対策は必要です。その理由と看護師が意識したい紫外線対策についてお伝えします。

続きを読む
戦争と共に歩む看護師の歴史
No.133 戦争と共に歩む看護師の歴史

看護師の歴史上、フローレンス・ナイチンゲールは看護精神を世界中に広げ始めた一人です。今回は、看護師の始まりともいわれる彼女が登場した時代背景と看護師の歴史についてみていきましょう。

続きを読む
夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?
No.77 夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?

夜勤の日の看護師はメイクしている時間が長く、肌への負担が大きくなりやすいものです。肌への負担を減らすための夜勤の日のメイクのポイントをお伝えします。

続きを読む
働く看護師が妊娠したときに注意したいこと
No.3 働く看護師が妊娠したときに注意したいこと

看護師は一般女性に比べて未婚率が高くなっていますが、それはなぜなのでしょうか。このページでは女性看護師にとっての大きな問題でもある「看護師の恋愛事情」について紹介しています。

続きを読む
看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?
No.116 看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?

地元のかかりつけの病院や総合病院に行くと、血液採取のため注射されることがよくあります。患者からみればすべての看護師は注射が上手で当然だと思っているでしょう。しかし、静脈注射の場合は気を付ける必要がありそうです。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »