1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの腰痛対策を紹介

No.229 ナースの腰痛対策を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社員(OL等)や看護士に限らず、今や座る仕事をする方にとって避けて通れないのが腰痛です。このまま何もしないまま放置すると、業務中にぎっくり腰になるリスクが高くなる恐れがあります。今回は、ナースの方が行っている腰痛対策について紹介します。

トラブル

ナース(看護師)の仕事はよく動きます。場合によっては、事務所でカルテをまとめる場合や座り作業を伴う場合があります。しかも、実際の仕事は患者さんと接しつつも介助や移動を伴いますので、意外に体力を使う仕事でそれだけ足腰に対する負担は大きい為、体をひねりつつも中腰で仕事をするのが日常です。
普段のお仕事が原因で腰に負担をかけてしまうのが、看護師さんたちの現状で2〜3勤交代制だと夜間や深夜帯の仕事まで関わりますので疲労共々、腰にまでダメージを与えかねないのが現状です。

先に触れましたが、このまま放置している状態が続くと腰痛になり、最悪はぎっくり腰となってしまいます。せっかくの仕事が自ら患者として世話になる側になりますので、避けたいところです。

原因について

腰痛は、職業関係なく座る仕事の方にとっては職業病の一種です。種類に関しては、普段の業務などで腰に負担をかけ続けながら放置し、何もケアしないままでいると障害として起こるものが一つです。
また、内臓系などに疾患が生じるだけでも発生し(腎臓などに結石が見つかった場合でも)、人的ストレスなどメンタル面によるダメージや交感神経や肩や腰などの筋肉などに緊張し、必要以上の力が入る心因性でも腰痛の原因とされるわけです。

腰痛はいつどこで起こるかわかりませんし、体が教えてくれるのは腰に対する痛みが走る程度で、ぎっくり腰は突発的に発生するケースが多々起こるものです。
重いものを普段通りに持ちながら仕事をする(主に倉庫での仕事や、会社員が棚からものをとる場合など)時でも発生するのが典型的な例ですが、入院している方に対する介助作業も、人間の体重を扱う関係上ほぼ同じ仕事をしているわけですので、腰痛になる条件はほぼ同一環境であるわけです。

対策法

では、どうすれば腰痛を回避できるのでしょうか?

①姿勢は腰に負担をかけない
中腰や前かがみでの仕事をする機会が多いナースの方にとっては、何気ない作業の一つですが、腰に対する負担をかけるだけで逆効果と言えるでしょう。対策としては、ベッドの高さを把握しながら常に意識し、片膝を乗せるだけで患者さんを起こす時には楽な姿勢を確保しながら対応できるわけです。
②靴を見直しておく
実際に使うものですので、選ぶ時も気を配りたいものです。安定感があり、腰に対する自然なカーブを確保しやすくするだけでも、腰痛に対する意識を持ちながらも楽な姿勢を確保可能です。
③自己防衛
腰痛対策(予防)に役立つだろうストレッチを取り入れながら定期的に行い、休憩時間や自宅にいる時に行うのも良いでしょう。また、入浴の時には湯船に浸かる時間を長めにしながら血行の回復を促します。
④施術
整骨院などを予約し、1週間に1度程度を目安にマッサージ施術を受けてみましょう。プロの方に見てもらうと、どこにダメージが来ているのかを教えてくれますし、回復へ向けての対処をしてくれますので安心です。
■まとめ

ナースの方々にとって腰痛は大敵です。まずは必要以上な負担での業務をする気持ちを捨て、無理のない姿勢を取り入れる習慣をつけるよう意識づけておきたいものです。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
株式会社ケアネット徳州会 デイサービス徳州会 札幌西
北海道 株式会社ケアネット徳州会 デイサービス徳州会 札幌西
施設高齢者施設
札幌市西区にあるデイサービス!とても綺麗な施設です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市西区西野7条3-2-7
正社員
非常勤
医療法人 菊郷会 札幌センチュリー病院(透析)
北海道 医療法人 菊郷会 札幌センチュリー病院(透析)
施設病院
地域の皆様に心から愛され、信頼される病院となる事を目指します。
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市白石区菊水元町5条3-5-10
パート
(非常勤)
医療法人社団仁誠会 小規模多機能施設アルメリア福住
北海道 医療法人社団仁誠会 小規模多機能施設アルメリア福住
施設高齢者施設
アットホームな職場環境です。利用者様に寄り添った看護が出来ます。
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市豊平区月寒東2条16丁目1番70号

おすすめコラム

看護師ならではの夜勤を乗り切る方法
No.157 看護師ならではの夜勤を乗り切る方法

看護師さんは入院している患者さんの面倒を見るため、夜勤は当然のことです。日勤と夜勤の二つの勤務時間を、バランスよくシフトに組み込みながら仕事をします。複雑な勤務時間を、ストレスなく乗り切るにはどうしたらよいのでしょうか?

続きを読む
病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策
No.71 病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策

紫外線量が年間でもピークになる夏。看護師は基本的に室内勤務ですが、室内でも紫外線対策は必要です。その理由と看護師が意識したい紫外線対策についてお伝えします。

続きを読む
ナースのうがいに対する知識と正しい方法について
No.221 ナースのうがいに対する知識と正しい方法について

ナースにお勧めするうがいについては、うがいを正しく行う事で風邪の予防や粘膜の分泌や血行を促進する等の効果が期待出来ます。うがいが与える効用について説明しながら、その役割を理解して正しいうがいの方法を紹介しましょう。

続きを読む
ストレス解消には香りで癒しを手に入れよう!!
No.150 ストレス解消には香りで癒しを手に入れよう!!

よく癒しの香りとしてアロマリキッドやアロマキャンドルなどが使用されています。香りも豊富にあるので自分のお気に入りの香りで癒されますね。 癒されたいときはアロマの香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

続きを読む
ナースにとって耳が痛くならないマスクは必需品!
No.226 ナースにとって耳が痛くならないマスクは必需品!

コロナ禍の現在、感染防止の観点から、医療現場で働くナースを始め各スタッフはマスクを常時着用して勤務にあたります。マスクの長時間着用は耳の痛みや、頭痛を引き起こすこともあります。そんな痛みの改善に有効な対策及びグッズを紹介します。

続きを読む
【夜勤の看護師】 ~メンタルの低下を防ぐためには~
No.149 【夜勤の看護師】 ~メンタルの低下を防ぐためには~

看護師として働いていると夜勤はつきものです。そのため、生活リズムが崩れ、うつ病になったり、不眠症など、メンタル面をやられてしまう人も少なくないはずです。今回は、精神的に身体を崩さないための防止方法をご紹介していきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »