1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースのお仕事 ~メモで出来る活用術いろいろ~

No.219 ナースのお仕事 ~メモで出来る活用術いろいろ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな仕事も忙しい時期はあるものですが、ナースの場合は、仕事中は常に忙しい状況が続いています。そんな忙しさに流されて予定や手順をついうっかり忘れてしまう事もあるかもしれません。しかし、人命に関わる仕事に「ついうっかり」は禁句と言えるでしょう。それを防ぐ為にもメモの活用術をご紹介しましょう。

実践的なメモの活用術

仕事上どれも大事な仕事には変わりはないのですが、普段と同じ行動や範囲であればメモを取らなくてもいつも通りの動きで問題ないでしょう。しかし、重篤な方や注意が必要な患者さんを担当した場合、各自に合わせた対応する必要が出てきます。

そのため、医師や上司、同僚からの注意事項や緊急性を要する内容については、メモの重要性が認識できます。メモもただ書けばいいというわけではなく、ポイントを押さえたり、簡素化したりして、いかに重要事項をわかりやすく残すかが大事です。

【1.メモは短めに】
相手によっては、話す内容が早すぎて全部をメモする事は無理な場合があります。いかに短くまとめて、のちに自分が確認して理解できる書き方をするかが大事です。
【2.略語や記号でポイントを押さえる】
メモは文字だけとは限りません。略語や記号を使った絵文字のようであっても、重要なポイントが理解できれば良いのです。気付きやアイデアを可視化する事です。
【3.復唱する事】
大事なのは復唱する事で、相手に対して再確認の意味を持つのです。それによって自分の書いたメモが正しいのか、自分の文字や記号が理解出来ているかが分かります。

実践に活かす

メモを取るだけなら、勤めたばかりのナースでも出来る事です。長年経験しているナースとの違いは、メモが実践で活用できるかどうかにあります。そういった、地道な作業や行動が新人と経験者の違いとして出てくるのです。
大事なメモは必ずその日の内に読み返す習慣を付けておき、再確認が必要な場合は、赤ペンなどで目印をしておき早めの対応を取る事です。他人が理解できるようにメモを整理し、直しておく事で他の人とも共有できます。

忙しい状況下においても、毎日のメモが的確な判断に導いてくれる材料となり、そのメモが共有できる事で職場の連帯感にも繋がるはずです。

最新のメモ用品の活用術

メモ帳は使い易く邪魔にならないようにする事が大事です。最近では、書いて消せる「ウェアラブルメモ」があります。メモする部分を手首に巻き付けておくと、移動中でもすぐにメモがとれます。他にも自分にあった便利グッズを使って上手にメモを使いこなしましょう。

■まとめ

ナースのメモで出来る活用術として、色々紹介しました。メモは、基本的には自分だけのものですが、整理して残しておく事で職場での実践に役立つ記録にもなるのです。同僚のみなさんと共有する事で、意識を高める事や繋がりを深める事に役立つかもしれません。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
医療法人幸心会 熊取ファミリークリニック
大阪府 医療法人幸心会 熊取ファミリークリニック
施設クリニック
外来・往診業務で非常勤募集!!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府泉南郡熊取町大久保中1-16-22
パート
(非常勤)
株式会社ISAOコーポレーション デイサービス優
大阪府 株式会社ISAOコーポレーション デイサービス優
施設高齢者施設
駅から徒歩10分以内!時給高め☆アットホームなデイサービスの求人です♪
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市天王寺区北河堀町7番16号 グランカサ天王寺1階
正社員社会医療法人盛和会 介護老人保健施設鶴見せいわ園
大阪府 社会医療法人盛和会 介護老人保健施設鶴見せいわ園
施設高齢者施設
大阪市鶴見区にある介護老人保健施設♪急変時も安心のバックアップ体制!
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市鶴見区鶴見1-6-111

おすすめコラム

ナースが現場で気を付けたい「コロナ対策〜具体例〜」
No.239 ナースが現場で気を付けたい「コロナ対策〜具体例〜」

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっています。医療現場で働くナースは人一倍、感染症対策をしなくてはなりません。今回の記事では、コロナ対策の具体例を挙げていきます。

続きを読む
看護師さんのお悩み解決方
No.142 看護師さんのお悩み解決方

昨今では高齢化社会が進み、看護師不足が深刻な社会問題となってきています。ちょっと前までは、看護婦とかナースと言って女性の仕事という感じでしたが、現在では男性看護師も増え、職場での環境も変化してきています。

続きを読む
ブランクがあっても大丈夫? 看護師が復職するポイント
No.24 ブランクがあっても大丈夫? 看護師が復職するポイント

結婚や出産でブランクを抱える看護師は多く、復職への悩みを抱えがちです。しかし、深刻な看護師不足からブランクありの看護師を歓迎する医療機関は増えており、充実した研修制度で迎え入れてくれるケースもあるのです。

続きを読む
看護師で働くこと~夜勤で働く魅力~
No.164 看護師で働くこと~夜勤で働く魅力~

看護師や介護士の仕事に就くとついてくるのが、夜勤の勤務です。夜勤はきつくて大変ですよね。でも、夜勤に就くことで良いこともたくさんあります。今回は、夜勤の魅力についてみていきましょう。

続きを読む
ナース・看護師の勤務時間 〜シフトとの意外な関係〜
No.195 ナース・看護師の勤務時間 〜シフトとの意外な関係〜

看護師は昔「ナース」と呼ばれていたことがあり、女性の仕事という印象が強く感じられる職業でした。しかし、最近では男性も進出したため今のような呼び名に改めました。 今回の話は勤務時間と交代制についてです。

続きを読む
未婚率が高いのはなぜ?看護師の恋愛事情について
No.2 未婚率が高いのはなぜ?看護師の恋愛事情について

看護師は一般女性に比べて未婚率が高くなっていますが、それはなぜなのでしょうか。このページでは女性看護師にとっての大きな問題でもある「看護師の恋愛事情」について紹介しています。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »