1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースのお仕事 ~メモで出来る活用術いろいろ~

No.219 ナースのお仕事 ~メモで出来る活用術いろいろ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな仕事も忙しい時期はあるものですが、ナースの場合は、仕事中は常に忙しい状況が続いています。そんな忙しさに流されて予定や手順をついうっかり忘れてしまう事もあるかもしれません。しかし、人命に関わる仕事に「ついうっかり」は禁句と言えるでしょう。それを防ぐ為にもメモの活用術をご紹介しましょう。

実践的なメモの活用術

仕事上どれも大事な仕事には変わりはないのですが、普段と同じ行動や範囲であればメモを取らなくてもいつも通りの動きで問題ないでしょう。しかし、重篤な方や注意が必要な患者さんを担当した場合、各自に合わせた対応する必要が出てきます。

そのため、医師や上司、同僚からの注意事項や緊急性を要する内容については、メモの重要性が認識できます。メモもただ書けばいいというわけではなく、ポイントを押さえたり、簡素化したりして、いかに重要事項をわかりやすく残すかが大事です。

【1.メモは短めに】
相手によっては、話す内容が早すぎて全部をメモする事は無理な場合があります。いかに短くまとめて、のちに自分が確認して理解できる書き方をするかが大事です。
【2.略語や記号でポイントを押さえる】
メモは文字だけとは限りません。略語や記号を使った絵文字のようであっても、重要なポイントが理解できれば良いのです。気付きやアイデアを可視化する事です。
【3.復唱する事】
大事なのは復唱する事で、相手に対して再確認の意味を持つのです。それによって自分の書いたメモが正しいのか、自分の文字や記号が理解出来ているかが分かります。

実践に活かす

メモを取るだけなら、勤めたばかりのナースでも出来る事です。長年経験しているナースとの違いは、メモが実践で活用できるかどうかにあります。そういった、地道な作業や行動が新人と経験者の違いとして出てくるのです。
大事なメモは必ずその日の内に読み返す習慣を付けておき、再確認が必要な場合は、赤ペンなどで目印をしておき早めの対応を取る事です。他人が理解できるようにメモを整理し、直しておく事で他の人とも共有できます。

忙しい状況下においても、毎日のメモが的確な判断に導いてくれる材料となり、そのメモが共有できる事で職場の連帯感にも繋がるはずです。

最新のメモ用品の活用術

メモ帳は使い易く邪魔にならないようにする事が大事です。最近では、書いて消せる「ウェアラブルメモ」があります。メモする部分を手首に巻き付けておくと、移動中でもすぐにメモがとれます。他にも自分にあった便利グッズを使って上手にメモを使いこなしましょう。

■まとめ

ナースのメモで出来る活用術として、色々紹介しました。メモは、基本的には自分だけのものですが、整理して残しておく事で職場での実践に役立つ記録にもなるのです。同僚のみなさんと共有する事で、意識を高める事や繋がりを深める事に役立つかもしれません。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
医療法人社団清信会 先山クリニック
兵庫県 医療法人社団清信会 先山クリニック
施設クリニック
神戸市北区にあるクリニックです★午前中のみのパート勤務♪
【募集職種:准看護師】
兵庫県神戸市北区有馬町188-23
正社員原泌尿器科病院
兵庫県 原泌尿器科病院
施設病院
3ヶ月の研修期間はプリセプターがサポート!定着率抜群の病院です♪
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目7番17号
正社員医療法人社団一功会 介護老人保健施設フェニックス長田キュアセンター
兵庫県 医療法人社団一功会 介護老人保健施設フェニックス長田キュアセンター
施設高齢者施設
神戸市長田区の介護老人保健施設にて看護師さんの求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市長田区林山町4-22

おすすめコラム

夜勤中に耳鳴りがする?!看護師の勤務との関係
No.158 夜勤中に耳鳴りがする?!看護師の勤務との関係

看護師のシフトは、工場の一部やコンビニなどの職場同様、交代制で成り立っています。日勤はともかく、夜勤は大変な勤務となっていますので、どうしても溜まってしまうのは疲れとストレスです。

続きを読む
キャリアアップに! 循環器専門ナースってどんな資格?
No.89 キャリアアップに! 循環器専門ナースってどんな資格?

「循環器専門ナース」という資格をご存知ですか? 循環器についての専門知識と看護技術を活かした質の高い看護ができることを証明する資格です。キャリアアップを考えるなら、看護ニーズの高さも考慮しましょう。今回は、その資格の詳細をお伝えします。

続きを読む
看護師が「夜勤なし」で働ける職場と働き方
No.99 看護師が「夜勤なし」で働ける職場と働き方

子育てや体調などの理由で、夜勤なしで働きたいと考えている看護師の方に、夜勤なしで働ける職場や働き方についてご紹介いたします。

続きを読む
看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話
No.152 看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話

看護師は手洗いや消毒を何度も繰り返し、夜勤などもあり規則的な生活ができないのが原因で、手荒れで悩む方も多くいると思います。手荒れは手の皮脂が失われてしまうことにつながる、手洗い・水仕事・アルコール消毒が原因となって進行していきます。

続きを読む
負担が軽いのはどっち?看護師の3交代制と2交代制勤務の違い
No.36 負担が軽いのはどっち?看護師の3交代制と2交代制勤務の違い

看護師の仕事は24時間絶え間なく続くため、多くの看護師は3交代、もしくは2交代で勤務をしています。負担が軽いのはどちらなのでしょうか? 看護師の勤務形態による違いや、失敗しない勤務形態の選び方についてご紹介します。

続きを読む
職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策
No.68 職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策

長時間立ちっぱなしで、重いものを動かすなど腰に負担がかかる作業も多い看護師には、腰痛に悩む人が多いものです。看護師が腰痛を引き起こしやすい原因と、心がけたい腰痛対策についてお伝えします。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »