1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの夜間業務で安全を確保するライト選び

No.220 ナースの夜間業務で安全を確保するライト選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼間に比べて、事故の危険性が高まる夜間勤務作業。ナースにとっては気苦労の多い時間帯でしょう。患者さんが寝ている中、様子を伺わなければならないので、ライトは重要なアイテムとなります。では、夜間業務を遂行する上でライトを選ぶ際、どのようなポイントに気を付けて選ぶべきか見ていきましょう。

夜間ラウンドでのライト照射の注意点

夜勤での仕事の中心といえば、患者さんを時間毎に見回る巡視です。昼間とは同じように観察できないのは、消灯後なので暗いことと寝ている患者さんを起こさないよう静かに見回る必要があります。

ライトの明かりは、寝ている患者さんにとって思いのほか眩しいものです。患者さんの顔に光が当たらないようにするには、頭の方から足元に光がいくようライトを照らすと、直接顔に光が当たらないよう観察ができます。

種類別に見るライトの特徴

夜間のラウンドで必要不可欠なライトを種類別に特徴を見ていきましょう。

○懐中電灯
懐中電灯は、一般的には乾電池を電源とする携帯用の電灯です。豆電球の光を反射鏡、レンズなどでビーム上にしたものが多く、最近ではUSBから充電できる懐中電灯もあり、明るさの強弱を切り替えられるのも特徴です。
大きな光源が必要な場合、大きめの懐中電灯で患者さんの容態を確認するではなく、小型の懐中電灯が良いでしょう。
○クリップ付きハンドライト
何かと所持品を多く持つナースにとって、ハンドライトにクリップが付いていると便利です。近場(1m)くらいの距離を照らすには、ハンドライトぐらいの明るさが適しているでしょう。ハンドライトのスイッチに関してですが、頻繁にON・OFFされる方は、前玉を回転させてスイッチを入れるタイプは適さないので注意が必要です。
○ネックライト
こちらはネックストラップのように、首にかけて両手が自由に使えるライトです。片手で簡単にスイッチが操作できるので、手元明かりに威力を発揮します。患者さんを起こすことなくケアができ、暗い廊下や階段などの足元を照らすにも活躍します。
○ペンライト
夜勤だけでなく、医療の現場でよく使われているのがこちらのタイプです。長所は小さくて軽く、スポットで照らすので使い勝手がよく、クリップの凹凸が少ないので、患者さんに対し傷を付けるような恐れがないところです。逆にデメリットとして、電力の消耗が激しく、数回の夜勤で暗くなってしまうこともあります。
○有機ELライト
新しく開発された有機ELライトは、ストレスを感じにくいとされる明るさで、患者さんの眠りを妨げることなく正しく顔色が見えることが特徴です。巡回向けの電球色と確認向けの白色に切り替えることができ、顔色などの小さな異変を見逃さない照射ができます。クリップを採用することで服に装着できるのも特徴で両手を自由に使うことができます。
■まとめ

夜間の呼吸確認などの際、患者さんにライトを当ててしまうと、患者さんが起きてしまうこともあります。そうならないよう、ライトの当て方にも工夫をすることが重要です。天井に向けてライトを持ったり、ライトを手で覆ったりして、明るさの調節をしましょう。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
社会医療法人信愛会 新生病院
大阪府 社会医療法人信愛会 新生病院
施設病院
アットホームな職場です!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府高槻市玉川新町8-1
正社員テルウェル西日本株式会社 ケアサポート大阪西吹田センター デイサービスひばり
大阪府 テルウェル西日本株式会社 ケアサポート大阪西吹田センター デイサービスひばり
施設高齢者施設
夜勤、オンコールが無いので、日勤だけの勤務が可能です☆
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府吹田市出口町17番33号
正社員株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン京阪 星田出張所
大阪府 株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン京阪 星田出張所
施設訪問看護
☆ 常日勤 ★ オンコール無 ☆ 精神科に特化した訪問看護ステーション ★
【募集職種:看護師】
大阪府交野市星田5丁目17-8 カパオプラザ201号室

おすすめコラム

所持しておきたい文房具や便利なナースグッズ
No.228 所持しておきたい文房具や便利なナースグッズ

ナースは、医療看護の現場で良い仕事がしたいと思っておられると思います。良い仕事をするには、良い仕事のアイテムを備えたいものです。そのアイテムの1つである文房具やナースグッズ。今回は、そのような文房具やナースグッズをご紹介したいと思います。

続きを読む
【夜勤の看護師】 ~メンタルの低下を防ぐためには~
No.149 【夜勤の看護師】 ~メンタルの低下を防ぐためには~

看護師として働いていると夜勤はつきものです。そのため、生活リズムが崩れ、うつ病になったり、不眠症など、メンタル面をやられてしまう人も少なくないはずです。今回は、精神的に身体を崩さないための防止方法をご紹介していきましょう。

続きを読む
ナースのスケジュールとは? 夜勤の勤務体制は?
No.188 ナースのスケジュールとは? 夜勤の勤務体制は?

病院などで勤めているナース(看護師)の勤務体制は、主に日勤・夜勤があります。シフトを組む場合、看護師は勤務時間がバラバラかつ不規則になります。今回は、夜勤で労働する際のスケジュールを、調べていきたいと思います。

続きを読む
看護師は万年人手不足 「有給休暇」をきっちり取得するには?
No.10 看護師は万年人手不足 「有給休暇」をきっちり取得するには?

看護師は慢性的な人手不足のため、有給休暇を消化できずに病院買取になるというケースが後を絶ちません。どのようにすれば自己都合に合わせて有給を取得できるのでしょうか?

続きを読む
ナースの夜間勤務と仮眠の重要性について
No.196 ナースの夜間勤務と仮眠の重要性について

医療機関や老人介護施設・訪問看護など、ナース(看護師)の職域は広くあります。 今回は、病院勤務のナースの夜間勤務体制と仮眠のバランスについてご紹介していきたいと思います。

続きを読む
看護師の仕事のストレス限界解決法
No.174 看護師の仕事のストレス限界解決法

看護師は、同僚や先輩とスムーズなコミュニケーションが求められ的確に対応しなければいけないことが多くあります。今回は、看護の現場でストレスの要因となるコミュニケーションの問題を取り上げまとめましたので、一緒にみていきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »