1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの夜間業務で安全を確保するライト選び

No.220 ナースの夜間業務で安全を確保するライト選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼間に比べて、事故の危険性が高まる夜間勤務作業。ナースにとっては気苦労の多い時間帯でしょう。患者さんが寝ている中、様子を伺わなければならないので、ライトは重要なアイテムとなります。では、夜間業務を遂行する上でライトを選ぶ際、どのようなポイントに気を付けて選ぶべきか見ていきましょう。

夜間ラウンドでのライト照射の注意点

夜勤での仕事の中心といえば、患者さんを時間毎に見回る巡視です。昼間とは同じように観察できないのは、消灯後なので暗いことと寝ている患者さんを起こさないよう静かに見回る必要があります。

ライトの明かりは、寝ている患者さんにとって思いのほか眩しいものです。患者さんの顔に光が当たらないようにするには、頭の方から足元に光がいくようライトを照らすと、直接顔に光が当たらないよう観察ができます。

種類別に見るライトの特徴

夜間のラウンドで必要不可欠なライトを種類別に特徴を見ていきましょう。

○懐中電灯
懐中電灯は、一般的には乾電池を電源とする携帯用の電灯です。豆電球の光を反射鏡、レンズなどでビーム上にしたものが多く、最近ではUSBから充電できる懐中電灯もあり、明るさの強弱を切り替えられるのも特徴です。
大きな光源が必要な場合、大きめの懐中電灯で患者さんの容態を確認するではなく、小型の懐中電灯が良いでしょう。
○クリップ付きハンドライト
何かと所持品を多く持つナースにとって、ハンドライトにクリップが付いていると便利です。近場(1m)くらいの距離を照らすには、ハンドライトぐらいの明るさが適しているでしょう。ハンドライトのスイッチに関してですが、頻繁にON・OFFされる方は、前玉を回転させてスイッチを入れるタイプは適さないので注意が必要です。
○ネックライト
こちらはネックストラップのように、首にかけて両手が自由に使えるライトです。片手で簡単にスイッチが操作できるので、手元明かりに威力を発揮します。患者さんを起こすことなくケアができ、暗い廊下や階段などの足元を照らすにも活躍します。
○ペンライト
夜勤だけでなく、医療の現場でよく使われているのがこちらのタイプです。長所は小さくて軽く、スポットで照らすので使い勝手がよく、クリップの凹凸が少ないので、患者さんに対し傷を付けるような恐れがないところです。逆にデメリットとして、電力の消耗が激しく、数回の夜勤で暗くなってしまうこともあります。
○有機ELライト
新しく開発された有機ELライトは、ストレスを感じにくいとされる明るさで、患者さんの眠りを妨げることなく正しく顔色が見えることが特徴です。巡回向けの電球色と確認向けの白色に切り替えることができ、顔色などの小さな異変を見逃さない照射ができます。クリップを採用することで服に装着できるのも特徴で両手を自由に使うことができます。
■まとめ

夜間の呼吸確認などの際、患者さんにライトを当ててしまうと、患者さんが起きてしまうこともあります。そうならないよう、ライトの当て方にも工夫をすることが重要です。天井に向けてライトを持ったり、ライトを手で覆ったりして、明るさの調節をしましょう。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員春日病院
兵庫県 春日病院
施設病院
充実の夜勤4人体制! 離職率ひとケタと就業環境にも優れた民間病院です。
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市北区大脇台3-1
正社員社会福祉法人鶯園ロングステージ 特別養護老人ホームロングステージ御影
兵庫県 社会福祉法人鶯園ロングステージ 特別養護老人ホームロングステージ御影
施設高齢者施設
高齢者看護が未経験でも大歓迎!!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市東灘区御影石町1-2-18
正社員株式会社フィルケア 介護付き有料老人ホーム グランフォレスト神戸六甲
兵庫県 株式会社フィルケア 介護付き有料老人ホーム グランフォレスト神戸六甲
施設高齢者施設
日勤のみの勤務★残業ほぼなし♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市灘区中郷町3丁目3-7

おすすめコラム

未然に防ぐには? 看護師の「インシデント」傾向と対策
No.43 未然に防ぐには? 看護師の「インシデント」傾向と対策

誰にでもミスはあるものですが、看護師のミスは一つ間違えば重大な医療事故につながりかねません。看護師として知っておきたい、医療現場でのインシデントの事例や予防対策についてお伝えします。

続きを読む
看護師、夜勤疲れを癒すオススメの食べ物ってなに?
No.179 看護師、夜勤疲れを癒すオススメの食べ物ってなに?

夜勤が入っている看護師さんは、不規則な生活から体調を崩すこともあると思います。看護師さんが抱える「疲れた時の食事の悩み」を解決していけるよう、おすすめできる「ハードワーク時の食事情報」を紹介していきますので、一緒にみていきましょう。

続きを読む
看護師の結婚報告に最適なタイミングは?
No.23 看護師の結婚報告に最適なタイミングは?

看護師の結婚の報告は退職や名字の変更が伴う場合も多く、早めに行うのが一般的です。特に人手不足の現場が多いことから4カ月以上前が目安になり、遅れると職場に迷惑をかけてしまうこともあるのです。

続きを読む
賢い看護師が転職で重視すべき10のポイント
No.19 賢い看護師が転職で重視すべき10のポイント

転職を決意したら、まずは次の職場探しです。看護師としての自分を生かす職場は、どのように見つけたらいいのでしょうか? 転職の経験者がおススメする、看護師が転職で重視すべき10のポイントをご紹介します。

続きを読む
ナースのマスク不足に対する対応
No.215 ナースのマスク不足に対する対応

新型コロナウイルスの感染拡大で、医療従事者の不安要素と言えば己の身が危険にさらされていた事だと思います。個人防護具やマスクが十分に行き渡らない事での処置は危険度が高すぎます。今回は、マスクに制限がある場合の対応について考えてみましょう。

続きを読む
ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について
No.198 ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について

看護師業界において、残業は当たり前のように行われています。実際の勤務以外でも勤務に時間を費やし、ストレスを感じている方も多いようです。この記事では、病院に勤務しているナースの残業事情や、対策について見ていきたいと思います。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »