1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースのうがいに対する知識と正しい方法について

No.221 ナースのうがいに対する知識と正しい方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースにお勧めするうがいについては、うがいを正しく行う事で風邪の予防や粘膜の分泌や血行を促進する等の効果が期待出来ます。うがいが与える効用について説明しながら、その役割を理解して正しいうがいの方法を紹介しましょう。

ナースの知識~うがいの効果について~

うがいをする事で、風邪の予防を行う場合や喉を潤す事や粘膜の汚れを洗い流しています。その効果について説明していきましょう。

1.喉の粘膜には細菌やウイルスが付着
うがいをする事で細菌やウイルスなどを洗い流す事ができます。埃やゴミ等を洗い流して清潔に保つ事が出来るのです。
2.喉に与える潤い効果
うがいによって、喉の粘膜や粘液に対して潤いを与えています。その潤いで粘膜の働きを活性化させる事が出来ます。
3.粘液の分泌や血行促進の効果がある
うがいによって、粘膜を刺激すると粘液の分泌や血行の促進に影響を与えて活性化する事で異物を排出する働きが維持でき、風邪の予防に役立ちます。

水道水でのうがいで十分な効果

うがいの風邪予防効果を検証した研究では、「ヨード液うがい群」と「水うがい群」と「特にうがいをしない群」で、100人中から風邪の発症率の結果を発表しています。

1.「うがいをしない群」26.4人
2.「水うがい群」17.0人
3.「ヨード液うがい群」23.6人

水だけでも、埃の中にウイルスを含む物質を洗い流してくれる効果が期待出来ます。ヨード液に関しては、口の中にある体に正常な細菌もやっつけてしまう為、風邪ウイルスに対する防御の能力を弱める恐れがあると言われています。
この結果だけ見ても、水道水が十分にうがいの効果が表れているのが確認出来るのです。ヨード液は炎症を抑える目的として処方されるようです。

うがいの正しい方法について

うがいのやり方にも順番があって、正しい方法が実行される事でうがいの効果を発揮できるのです。

【1.口を水に含み、ブクブクする】
口の中を強めに洗い流す感じで、口の中にある食べカスや汚れを洗い流す感じで泡立てるようにブクブクして、吐き出す事を2〜3回繰り返します。
【2.水を口に含み、上を向いてガラガラする】
水を口に含んでから上を向いた状態で、ガラガラと音を出すようにうがいをすると、喉の奥の粘膜に届いて、広い範囲で綺麗にする事が出来ます。「アー」などの言葉を発しながらすると効果があります。
【3.目安は15秒くらいの時間をかけて吐き出しましょう】
上を向いたガラガラを2〜3回ほど繰り返したら、水の温度を感じにくくなるので、吐き出します。

うがいをするタイミングについて

出勤や帰宅後などは、必ず手洗いと一緒にうがいをする習慣を心掛ける事です。他にも朝起きてすぐにうがいをすると、寝ている間に繁殖している雑菌を吐きだし、綺麗な口と喉の状態を守ることが出来ます。他にも、食前や掃除をしてホコリを吸い込んだ場合にもうがいを心掛ける事です。

うがいが出来ない子供たちに対しては、水分やお茶を飲む事で、うがいの代わりと水分補給になります。特に緑茶によるカテキンとテアニンがインフルエンザに対して効果があると発表されています。

■まとめ

ナースのうがいに対する知識を交えて説明してきました。うがいの正しい方法は、決して難しい事ではなく順番を守って数回繰り返すだけで、水道水でも十分な効果を発揮する事が、理解出来たと思います。日常の習慣として、医療従事者として身に付けておきましょう。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
社会福祉法人 祉友会 身体障害者療護施設 リバティ神戸
兵庫県 社会福祉法人 祉友会 身体障害者療護施設 リバティ神戸
施設高齢者施設
専門施設での希少求人です!
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和2-2
正社員有限会社リハネット  リハビリ訪問看護ステーションリハメイト神戸
兵庫県 有限会社リハネット  リハビリ訪問看護ステーションリハメイト神戸
施設訪問看護
兵庫区の訪問看護♪日勤のみの勤務!土日固定休みです★
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市兵庫区兵庫町2-1-19
正社員
非常勤
アサヒサンクリーン株式会社 アサヒサンクリーン在宅介護センター神戸中央
兵庫県 アサヒサンクリーン株式会社 アサヒサンクリーン在宅介護センター神戸中央
施設訪問看護
訪問入浴サービスの求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市中央区二宮町2-6-21 コスモ三宮アーバンスクエア103

おすすめコラム

ナースがもしもに備えて加入するべき保険
No.243 ナースがもしもに備えて加入するべき保険

皆さんは、日々の仕事に対して責任と自信を持って活躍していることでしょう。しかし、事故の責任を押し付ける人、悪意のある方が患者の身内にいる場合には、お金を要求する人も存在します。完璧な仕事にも想定外の事故は起こり得ますので保険が必要です。

続きを読む
忙しい日もヘルシーに!コンビニメニューの選び方
No.88 忙しい日もヘルシーに!コンビニメニューの選び方

夜勤前後の食事などにコンビニメニューを利用する看護師は多いと思います。手軽でリーズナブルな点が魅力ですが、栄養バランスの偏りやカロリー過多が置きやすいので注意が必要です。コンビニメニューを選ぶときに意識しておきたいポイントをご紹介します。

続きを読む
ナースによく選ばれているのは何科なのか
No.267 ナースによく選ばれているのは何科なのか

ナースの資格を取得して病院勤務が決まったけれど、何科が自分に向いているのか分からずに悩んでいるという方も多いことでしょう。今回はどんな診療科があるのか、そしてナースに人気のある診療科などを紹介していきます。

続きを読む
夜勤の眠気対策! カフェインと上手に付き合うには
No.73 夜勤の眠気対策! カフェインと上手に付き合うには

夜勤の日の眠気覚ましに、コーヒーやエナジードリンクなどカフェインを含む飲み物は効果的。カフェインが眠気覚ましに効果的である理由と、眠気覚ましに活用するためのコツをお伝えします。

続きを読む
ナースの夜勤あるある話
No.248 ナースの夜勤あるある話

昼勤務と夜勤務の2体制でお仕事をしているのがナースで、生活リズムは一般のOLさんと比べて異なっています。夜勤を1つ取って見ても、行動パターンなど昼とは違う一面を見せてくれるでしょう。今回は、ナースの夜勤あるある話を紹介しましょう。

続きを読む
看護師の深刻な職業病とは「腰痛」にあります
No.144 看護師の深刻な職業病とは「腰痛」にあります

看護師の仕事の場合「患者さんの生命に関わる仕事」という意識があり、「腰痛は職業病」だと割り切って無理をしてしまう傾向がありますので、腰痛の実態は深刻だといえます。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »