1. »
  2. »

No.91 看護師は虫歯になりやすい!? 虫歯予防で心がけたい習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯は万病のもとと言われていることをご存知でしょうか。虫歯になると、歯に穴が開き、そこから口の中の菌が血管に入り込み全身に回ってしまうケースがあるのです。虫歯が一因となって糖尿病や動脈硬化、早産などに繋がってしまうのではないかという研究結果も示されているほどなのです。

実は、看護師は虫歯になりやすい職業のひとつと言われています。その原因と虫歯予防で気を付けたいことをご紹介します。

虫歯が発生する原因

はじめに、虫歯の発生するメカニズムについての解説です。
口の中の虫歯菌が食べカスなどに含まれる糖を餌にして、酸をつくりだします。その酸によって口の中のph値が酸性に傾き、歯が次第に溶かされていきます。これが歯の「脱灰」です。唾液の作用によって、口の中のph値は時間の経過とともに中性に戻り、歯が次第に修復していきます。それを歯の「再石灰化」と言います。
人間の歯では、食事のたびに脱灰と再石灰化が繰り返されています。脱灰が進んで再石灰化が間に合わなくなると、修復しきれなかった部分に穴が開いてしまうことがあり、そこから虫歯になってしまうと見られているのです。

看護師が虫歯になりやすい理由

なぜ看護師が虫歯になりやすい職業のひとつと言われるのでしょうか。
その理由のひとつは仕事のストレスが多く、嗜好品の摂取が多い傾向があることです。
菓子や清涼飲料水などには虫歯菌の餌となる糖分が多く含まれています。また、嗜好品のひとつであるタバコは、口の中を中性に戻す作用のある唾液の分泌量を低下させます。そのため、再石灰化しにくくなるのです。
もうひとつの理由としてあげられるのが、不規則な生活です。看護師は夜勤などもあり、不規則な生活になりやすい傾向にあります。不規則な生活で間食が増えると、口の中が酸性になっている時間が長くなり、脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、虫歯を発生させる原因になります。

虫歯にならないために心がけたい習慣

では虫歯にならないためにどのようなことを心がけると良いのでしょうか。
まず、歯を清潔にすることはとても大切です。食事の後はすぐに歯を磨くと良いでしょう。
フッ素は虫歯菌を抑制し再石灰化を手助けして、さらに歯質の強化もしてくれるため、フッ素配合の歯磨き粉を使用するとより効果的です。
特に歯間にも汚れが溜まりやすくなっているため、一日に一回は歯間ブラシなどを併用することをおすすめします。忙しくて毎食後歯磨きをできないときは、うがいやガムを噛むだけでも何もしないより効果的です。
また、間食はできるだけ控えるようにしましょう。間食するたびに口の中が酸性になり、歯の脱灰が進んでしまいます。糖分の含まれている清涼飲料水などは、時間を置かずだらだら摂取してしまう傾向にあります。間食はできるだけ回数を減らして、間食した場合はその都度歯磨きやうがいをすると良いでしょう。

一度虫歯になってしまうと、削るなどの処置をしなければならず、元の健康な歯に戻ることはありません。虫歯にならないように日々の心がけが大切です。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ求人

正社員医療法人愛全会 アートヒルズ
北海道 医療法人愛全会 アートヒルズ
施設高齢者施設
高齢者医療におけるパイオニアとしての立場を堅持しより活力と安心のもてる社会の創成に貢献する
【募集職種:看護師】
北海道札幌市南区石山837-47
正社員
非常勤
医療法人新産健会 ことに・メディカル・サポート・クリニック
北海道 医療法人新産健会 ことに・メディカル・サポート・クリニック
施設クリニック
西区駅チカのクリニック求人です♪非常勤相談も可能ですよ!
【募集職種:看護師】
北海道札幌市西区八軒1条西1丁目2-10 ザ・タワープレイス1F
正社員医療法人社団銀杏会 川西内科胃腸科病院
北海道 医療法人社団銀杏会 川西内科胃腸科病院
施設病院
当院は平成22年12月1日をもちまして開院50周年を迎えました。これからも医業の尊さと病める人々への温かい思いやりの心をもって内容豊かな診療を続けて行きたいと考えております。
【募集職種:看護師】
北海道札幌市中央区南十一条西8-2-25

おすすめコラム

職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策
No.68 職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策

長時間立ちっぱなしで、重いものを動かすなど腰に負担がかかる作業も多い看護師には、腰痛に悩む人が多いものです。看護師が腰痛を引き起こしやすい原因と、心がけたい腰痛対策についてお伝えします。

続きを読む
看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと
No.6 看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと

看護師は心身ともにハードな職場であり、勤務体制もさまざまなため、仕事と育児の両立が難しい職種です。しかし、それでも育児と両立させるにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

続きを読む
そんな理由で!? 思わずイラっとするナースコールあるある
No.39 そんな理由で!? 思わずイラっとするナースコールあるある

患者さんと看護師をつなぐナースコール。中には「そんなことで!?」と言いたくなるような理由でナースコールを押す方もいてイラッとしてしまうこともあるものです。そんな思わずイラッとしてしまう「ナースコールあるある」を集めてみました!

続きを読む
理想の職場を見つける
看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »