ナースの仕事と靴について|ナース専門 お悩み解決コラム ナースジョブ
  1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの仕事と靴について

No.269 ナースの仕事と靴について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースという仕事は務める病院や科によって、その仕事内容も異なってきます。それに伴い、履く靴も適したものを選ぶ必要があります。今回はこのナース(看護師)の靴に関して見てまいりましょう。

現場における靴の種類を見極める

ナース現場は、病院の各診療科目によって役目が異なり、労働環境にも大きく影響されます。しかし多くの場合、使用される靴はほぼ同一である「汎用タイプ」が使われるため、一般的にはナースシューズと呼ばれ、殆どの色が白を基調とするほか、種類に関してはいくつかのタイプが存在します。

1.スリップオン・2WAYタイプのナースシューズ
この靴の特徴は靴に紐やベルトなどが付いておらず、簡単な着脱が可能です。中でも踵を踏んだままでも使える「2WAYタイプ」は人気があります。
2.脱げにくさでは1番のスニーカータイプ
院内や病棟で動くことの多い方には、この脱げにくくアクティブに行動できる「スニーカータイプ」がおすすめです。足に対する動きがスムーズで、現場で重いものを持つような作業でも動きをサポートします。
3.脱ぎやすく、通気性の良いサンダルタイプ
このタイプの1番の魅力は、なんといっても着脱が容易であることです。そして靴としての機能も求めるなら、流行りのクロックスタイプの物が重宝しますが、働く場所によってはこのタイプの着用が禁止されている場合がありますのでご注意ください。

形だけでは決められないナースシューズ

勤務時間中のハードワークが求められるナースの仕事では、シューズの履き心地も重要なポイントです。シューズで選ぶのならば疲れにくいことが大事であり、それを考慮するなら靴のソールは重要な部分となります。
長時間労働やハードな動きが要求される場合、クッション性が高いものは足への負担を軽減するほか、屈んだり・座ったりした際にもその動きについてくる、しなりの良いソールのナースシューズがベストではないでしょうか。

足の甲やつま先をガード可能なシューズ

ナースは安全面において常に考慮する必要があり、シューズは足を保護するという大きな役割が要求されます。ナースの仕事は常に危険が隣にある状況が多いもので、ベッドの端や車椅子などと接触し足を怪我することがないよう、ガードがついた靴を選んでおきましょう。
それ以外にも、患者さんの血液や嘔吐物などから感染防止の観点上、足の甲やつま先をしっかりとガードされているものを選ぶことも大事です。

■まとめ
ナースは動くことの多い職種です。それゆえにシューズの持つ意味合いは大きなものと言えます。ナースが履くべきシューズは、安全でありながら快適で動きやすいものが良いでしょう。その条件の1つに「疲れない」ということも、ナースシューズの選択の際には必要なことです。シューズを選ぶ際には「試し履き」をすることをお勧めします。
カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員医療法人敬仁会 今里胃腸病院
大阪府 医療法人敬仁会 今里胃腸病院
施設病院
残業少なく、24時間託児所有り♪プライベートと両立ができる病院です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市生野区巽南3丁目19番3号
正社員株式会社ケア21 リールスメイト新大阪
大阪府 株式会社ケア21 リールスメイト新大阪
施設その他
【大阪市東淀川区】放課後等デイサービスで正社員/看護職の募集です!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市東淀川区東中島1-11-18 東中島マンション1F
正社員
非常勤
株式会社スーパー・コート スーパー・コート高石羽衣
大阪府 株式会社スーパー・コート スーパー・コート高石羽衣
施設高齢者施設
様々な働き方を選べる大型グループの介護付有料老人ホーム求人☆
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府高石市高師浜4丁目1番22号

おすすめコラム

長期間の休みがあった後にナースに復帰できるのか
No.323 長期間の休みがあった後にナースに復帰できるのか

1度結婚や子育てなどで職場から離れたが、また働き出したいと思ったときにナースに復帰することに躊躇してしまうことがあるでしょう。その不安な気持ちを払拭するために今回は、長期間の休みがあった後にナースに復帰できるのかについてご紹介します。

続きを読む
職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策
No.68 職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策

長時間立ちっぱなしで、重いものを動かすなど腰に負担がかかる作業も多い看護師には、腰痛に悩む人が多いものです。看護師が腰痛を引き起こしやすい原因と、心がけたい腰痛対策についてお伝えします。

続きを読む
気を抜きがち?選考における履歴書での特技・趣味の書き方
No.48 気を抜きがち?選考における履歴書での特技・趣味の書き方

看護師が履歴書を書く場合「特技・趣味欄」には具体的にどのような内容を書くのが、より望ましいのでしょうか? ここでは、看護師におすすめの「特技・趣味欄」の書き方や評価を上げるためのコツをご紹介します。

続きを読む
ナースのマスク不足に対する対応
No.215 ナースのマスク不足に対する対応

新型コロナウイルスの感染拡大で、医療従事者の不安要素と言えば己の身が危険にさらされていた事だと思います。個人防護具やマスクが十分に行き渡らない事での処置は危険度が高すぎます。今回は、マスクに制限がある場合の対応について考えてみましょう。

続きを読む
みんなはどう処理してる? 看護師の「ムダ毛」事情
No.44 みんなはどう処理してる? 看護師の「ムダ毛」事情

患者さんと間近に接することの多い看護師にとって、ちょっぴり気になるのが手足などの「ムダ毛」の問題ですね。気になる看護師のムダ毛事情と、みんなの処理方法などについてお伝えします。

続きを読む
近代看護教育の母とナースの歴史
No.282 近代看護教育の母とナースの歴史

ナースの語源は、ラテン語にあるようです。ラテン語の「nutricia(ニュートリキア)」意味としては「授乳する人」という意味だそうです。この言葉から英語へと発展し「nurse」という単語が生まれたようです。今回はナースの歴史について解説いたします。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »