1. »
  2. »

No.70 目指せほっそり脚! 看護師のむくみ対策4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の仕事は、基本的に立ちっぱなし。
手術看護など、長時間あまり移動もせず立ちっぱなしの場合もあります。
このため、「仕事をしているとどうしても足がむくんでしまう」「常に足がむくみっぱなし」などといったお悩みを持つ方が少なくありません。
足がむくんでいると太く見えるだけではなく、むくんだ状態が長く続くと脂肪がつきやすく実際に足が太くなってしまうのだとか……!
そこで、むくみの予防・解消のために心がけたい対策についてご紹介したいと思います。

対策1:着圧ソックスや着圧ストッキングを着用する

足に圧力を加えることで、余分な水分が溜まるのを防いでくれる着圧ソックスや着圧ストッキング。
勤務中に着用することで、かなり楽になったという方は多いです。
医療用の弾性ストッキングはやや高価ですが、ドラッグストアなどではお手頃価格のものも多いです。
自宅や就寝中に着用するタイプや、レギンスタイプなどさまざまなものがあるので、いろいろ試して自分に合うものを見つけてみてはいかがでしょうか。

対策2:湯船に浸かる入浴&入浴後のフットマッサージ

仕事の後は疲れていて、入浴はシャワーで済ませがちという看護師の方も多いと思います。
でも、むくみ対策には湯船に浸かる入浴がおすすめです。
むくみは血流やリンパの流れが悪くなることで起こるもの。
入浴でしっかりと全身の血行を促し、汗をかくことはむくみの解消につながります。
入浴後の身体がポカポカと温まった状態でフットマッサージをおこなえばリンパの流れが良くなり、さらに効果的です。

対策3:下半身のストレッチを小まめにおこなう

下半身は心臓から遠いため、どうしても血流が悪くなりやすいものです。
血流が滞ると老廃物や不要な水分の回収がうまくいかないため、足は全身の中でも特にむくみやすいのです。
足の血流を滞らせないためには、こまめなストレッチが効果的です。
勤務中の休憩時間などに、足を曲げ伸ばししたり足首を回したりなど、下半身のストレッチをおこなうことを意識しましょう。
もちろん、自宅でも気づいたときにストレッチする習慣を持つのがおすすめです。

対策4:むくみに効く食事を意識する

塩分の摂りすぎはむくみの大きな原因になります。
これは、体内のナトリウムとカリウムのバランスが崩れるから。
塩分は食事やおやつなどから比較的多く摂りますが、それに対してカリウムが不足しがちなのもむくみを引き起こす原因に。
むくみがちな人はバナナやキウイ、アボカドなどカリウムを含む食品を意識して摂るようにしてみましょう。
血行不良もむくみの原因になるので、玉ねぎや青魚、納豆など血液サラサラ食材を積極的に食事に取り入れるのも効果的です。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
株式会社A&N ナーシングホームなつれ「白石館」
北海道 株式会社A&N ナーシングホームなつれ「白石館」
施設高齢者施設
アットホームな雰囲気の施設です!!ママさんナース活躍中♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市白石区平和通15丁目北2番10号
正社員医療法人 秀友会 札幌秀友会病院
北海道 医療法人 秀友会 札幌秀友会病院
施設病院
研修・教育制度充実♪基礎からしっかりと学べる病院です!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市手稲区新発寒五条6-2-1
正社員株式会社 メディウェルジャパン フレンドリィ
北海道 株式会社 メディウェルジャパン フレンドリィ
施設訪問看護
職員同士仲が良く、とてもアットホームな職場です♪
【募集職種:看護師】
北海道札幌市西区八軒6条西1丁目8番1号

おすすめコラム

看護師の夜勤むくみ&コリ対策
No.139 看護師の夜勤むくみ&コリ対策

看護師の夜勤でさらに立ち仕事になると、疲労もたまりストレスもついてくるものです。夜勤明けだと顔や足がパンパンになっていたり、靴が履きにくいなど違和感を感じたりすることもあるかもしれません。

続きを読む
看護師のボーナス~労働に見合った額になっているの?
No.114 看護師のボーナス~労働に見合った額になっているの?

看護師にはボーナスが支給されています。看護師含め、医療従事者が受け取るボーナスは、他の業種と比較した場合多いのでしょうか、それとも少ないのでしょうか。看護師が受け取るボーナスについて、他業種にもふれながらお伝えします。

続きを読む
交代制勤務との違いは? 夜勤専従で働くメリットと注意点
No.102 交代制勤務との違いは? 夜勤専従で働くメリットと注意点

看護師は交代制の勤務が一般的ですが、夜勤のみの勤務パターンで働く夜勤専従という働き方があります。注意点をクリアすれば、夜勤専従は高収入で勤務日数が少なく、プライベートも充実できる体制ですよ。

続きを読む
看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?
No.35 看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?

看護師の仕事は責任があり大変なものですが、子供をもった女性が働きやすい職種だと言われています。それは、院内保育などの働くママへの支援体制の充実があげられます。ここでは、働く女性の強い味方、病院での院内保育についてご紹介します。

続きを読む
看護師の専門職~専門看護師の仕事とは?ポイントご紹介
No.124 看護師の専門職~専門看護師の仕事とは?ポイントご紹介

専門看護師はどんな仕事をする看護師のことなのでしょうか。専門看護師は看護のスペシャリストであるだけでなく、看護師の指導もしていく立場でありこれからの医療業界をけん引していく職種です。看護師の専門職である専門看護師についてお伝えします。

続きを読む
夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?
No.77 夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?

夜勤の日の看護師はメイクしている時間が長く、肌への負担が大きくなりやすいものです。肌への負担を減らすための夜勤の日のメイクのポイントをお伝えします。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »