1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 患者さんとの信頼関係のために看護師が心がけるべきこと

No.45 患者さんとの信頼関係のために看護師が心がけるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人の個性はさまざま、患者さんにもいろいろな方がいます。
看護師も人間である以上、いまいち性格や考え方が合わない患者さんもいるものですね。
合わない患者さんが相手だと、あまり良い関係を築けずお互いにもどかしい思いをすることもあるでしょう。
この仕事を選んだからには、「少しでも患者さんの役に立ちたい、助けてあげたい」というのは、すべての看護師が志すところだと思います。
そこで、患者さんと良好な関係を築くために、看護師としてどのようなことを心がけるべきなのかについて考えていきましょう。

患者さんの話をしっかりと聞く

看護師の仕事は、基本的に常に時間に追われています。
特に忙しい時などは、患者さんの話をゆっくりと聞いてあげる余裕がなくて、ついつい自分の伝えるべきことだけを伝えてしまうこともあるかもしれません。
でも、患者さんに限らず、自分の言葉をまともに聞いてくれない相手を信頼するのは難しいですよね。
例えば、何度繰り返し説明しても患者さんが同じようなことを聞いてくるような場合は、信頼されていないと考えられます。
患者さんが何を不安に思っているのか、何が心に引っかかっているのかを、まずはしっかりと聞いて受け止めるのが大切です。
患者さんとしっかりと向き合っていくことが、良い関係を築くための近道だと言えるでしょう。

話し方やしぐさを意識的に同調させる

忙しく働いている看護師と、病気やケガで不安な時間を過ごしている患者さんとでは、立場の違いからどうしても気持ちのすれ違いが起こりやすいものです。
患者さんの気持ちにできるだけ寄り添う姿勢を見せるために、できるだけ患者さんと目線の高さを合わせたり、しぐさや話すスピード、声のトーンなどを合わせてコミュニュケーションを行うように心がけましょう。
意識的に同調することで自然と患者さんから共感されやすく、信頼感や安心感を得やすくなるケースが多いです。

親しみをこめつつ、礼儀は大切にする

患者さんとの付き合いが長くなってくるうちに、なれなれしい言葉づかいや仕事中にふさわしくないような言動を取ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、看護師のそうした言動を内心快く思わない方は少なくありません。
たとえ患者さん本人は気にしていなくても、ほかの患者さんやご家族が不快に感じることもあります。
親しさの表現としてなれなれしく振る舞うことは、結果的に患者さんとの良い関係にはつながりません。
患者さんへの敬意を忘れず、明るくなおかつ礼儀正しく接するということを常に心がけるべきだと言えるでしょう。

患者さんと良好な関係を築くために、看護師として心がけるべきポイントを3つご紹介しました。
患者さんとの関係に悩んでいる方は、参考にしてみてください。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員医療法人大泉会 介護老人保健施設うえのしば
大阪府 医療法人大泉会 介護老人保健施設うえのしば
施設高齢者施設
堺市西区の介護老人保健施設にて看護師さんの正社員求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府堺市西区上野芝向ヶ丘町4丁24番30号
正社員株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン浪速
大阪府 株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン浪速
施設訪問看護
☆ 常日勤 ★ オンコール無 ☆ 精神科に特化した訪問看護ステーション ★
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市浪速区敷津西2-8-22 スカイシティ24 101号
正社員
非常勤
株式会社ロイヤル ロイヤル訪問看護ステーション大阪北
大阪府 株式会社ロイヤル ロイヤル訪問看護ステーション大阪北
施設訪問看護
高給与!
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市都島区善源寺町1-8-19-101

おすすめコラム

夜勤明けのお風呂はどうしてる?リラックスする入浴方法とは?
No.113 夜勤明けのお風呂はどうしてる?リラックスする入浴方法とは?

夜勤明けの場合、朝に家にもどり1回入浴してから食事、睡眠をとられる看護師さんが多いようです。お風呂の入り方は様々で、入り方によってリラックス効果が違うことも。リラックスできるお風呂の入り方についてお伝えします。

続きを読む
引きつってませんか?きれいな笑顔を作るためのエクササイズ
No.81 引きつってませんか?きれいな笑顔を作るためのエクササイズ

自然で素敵な笑顔を作るために役立つエクササイズをいくつかご紹介します。表情筋は小さな筋肉なので効果的に鍛えることができます。簡単なものが多いので、やり方を覚えて習慣にしましょう。

続きを読む
看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?
No.35 看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?

看護師の仕事は責任があり大変なものですが、子供をもった女性が働きやすい職種だと言われています。それは、院内保育などの働くママへの支援体制の充実があげられます。ここでは、働く女性の強い味方、病院での院内保育についてご紹介します。

続きを読む
胸ポケットにボールペンを入れると危険?
No.155 胸ポケットにボールペンを入れると危険?

患者さんの様子を観察してバイタルチェックや処置などを行う際、記録するためにボールペンは必需品です。今回は一見なんでもないようなボールペンが、危険な行為につながることについて検証してみましょう。

続きを読む
看護師が残業をしないといけないのはどうして?
No.175 看護師が残業をしないといけないのはどうして?

看護師として仕事をしていく中で、避けては通れないものの一つが残業です。今回は看護師の多くはどうして残業しているのか、まとめましたので一緒に仕事内容を見ていきましょう。

続きを読む
ナースにとって耳が痛くならないマスクは必需品!
No.226 ナースにとって耳が痛くならないマスクは必需品!

コロナ禍の現在、感染防止の観点から、医療現場で働くナースを始め各スタッフはマスクを常時着用して勤務にあたります。マスクの長時間着用は耳の痛みや、頭痛を引き起こすこともあります。そんな痛みの改善に有効な対策及びグッズを紹介します。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »