1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 未然に防ぐには? 看護師の「インシデント」傾向と対策

No.43 未然に防ぐには? 看護師の「インシデント」傾向と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療現場でのミスは、一つ間違えば重大な医療事故につながります。
看護師として知っておきたい、医療現場でのインシデントの事例や対策についてお伝えします。

医療現場における「インシデント」と「ヒヤリハット」

業務上の事故における経験則として有名な「ハインリッヒの法則」では、「1件の重大な事故がある場合、背後には29件の軽微な事故、そして300件のヒヤリハット(事故には至らないもののヒヤリとした、ハッとした事例)がある」とされています。
看護師のミスは、患者さんの命に関わる重大な医療事故(アクシデント)につながりかねません。
また、「幸いに患者さんには影響がなかったものの、ちょっと状況が変われば危なかった」などといったケースも多く、このような医療ミスが「インシデント」「ヒヤリハット」と呼ばれます。
インシデントとヒヤリハットはほぼ同じ意味で用いられますが、ヒヤリハットという言葉については実際にミスが起きなかった場合(ミスの手前で気づいたなど)にも用いることがあります。

看護師のインシデントにはどんな例が多い?

看護師が引き起こすインシデントで、事故につながる可能性が高いものとして、投薬、与薬に関するミスが挙げられます。
患者さんの取り違えや投与の時間忘れ(間違い)、投与する薬品の誤りや、分量、投薬方法の誤りなど、さまざまなミスがあり得ます。これらのミスの原因も、聞き間違いや勘違い、単位の間違いなどいろいろなものが考えられます。
投薬、与薬のミス以外にも、手技のミスや患者さん転倒、転落などといったインシデントもあります。
ミスをまったくしない人はいませんが、勤務経験の浅い看護師ほどインシデントを起こす割合が高いということがわかっています。

インシデントを防ぐために心がけることは?

看護師なら誰でも、自分のミスが重大な事故につながる可能性があることを理解していると思います。
それでも経験が浅い看護師にはどうしてもミスが起こりやすいもの。
インシデントを未然に防ぐために、日頃から以下のようなことに気をつけましょう。

・業務に対する知識を高める
勤務経験が長い看護師がインシデントを起こしにくいのは、間違いがあったときに「これはおかしい」と気づくことができるからという理由が大きいと考えられます。
新人看護師の場合、経験については少しずつ積み重ねていくよりほかありませんが、医療や薬に関する知識を深めることで正しい判断ができるようになっていくはずです。
・チェック方法を強化する
どんなに優秀な人でも、うっかりしてしまうことはあるものです。
複数人でのチェックや声出し確認などを行うことで、ミスの予防や発見につながります。
チェックリストを作成してきちんと共有するのも有効です。
確認の徹底は、インシデントを防ぐために重要なポイントとなります。
・自信のないことは人に聞く
新人看護師の場合、ちょっと自信がないことや分からないことなどについては、自分で判断せずに先輩や上司に必ず聞いてから進めるようにします。
教えてもらったことは必ずメモを取るなど、同じことを何度も聞かないように配慮することも忘れずに。

インシデントを起こした場合、とても落ち込んでもう看護師を辞めたくなるという人は多いものです。

でも、今ベテランの看護師でも、新人時代にまったくミスがなかったという人は少ないはずです。
大切なのは、インシデントを繰り返さないこと。
そのために、未然に防ぐ努力を続けていきましょう。

Facebookでシェア 72 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員医療法人誠仁会 デイサービスセンター北大通り
北海道 医療法人誠仁会 デイサービスセンター北大通り
施設その他
札幌市北区のデイサービスのお仕事♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市北区北23条西4丁目2-23プレイス24
パート
(非常勤)
はまなす介護センター株式会社 はまなす介護センター苗穂
北海道 はまなす介護センター株式会社 はまなす介護センター苗穂
施設その他
看護師さんに嬉しい土日祝休みのグループホーム内での勤務です♪
【募集職種:看護師】
北海道札幌市中央区北2条東9丁目11-8
正社員株式会社ヴィラ ヴィラフローラ南円山
北海道 株式会社ヴィラ ヴィラフローラ南円山
施設高齢者施設
マイカー通勤可能!円山公園駅より徒歩で通勤可能!オススメ求人です☆
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市中央区南8条西26丁目1-1

おすすめコラム

看護師ならではの夜勤を乗り切る方法
No.157 看護師ならではの夜勤を乗り切る方法

看護師さんは入院している患者さんの面倒を見るため、夜勤は当然のことです。日勤と夜勤の二つの勤務時間を、バランスよくシフトに組み込みながら仕事をします。複雑な勤務時間を、ストレスなく乗り切るにはどうしたらよいのでしょうか?

続きを読む
ナースが使う用語を理解しよう!
No.241 ナースが使う用語を理解しよう!

現場でよく専門用語を使用している場面をよく見かけることでしょう。ナースの世界で使われている「専門用語」を通して、看護の世界を見てみましょう。いくつかの場面を想定してその用語例を紹介します。

続きを読む
ナースの残業〜実態と改善策について〜
No.252 ナースの残業〜実態と改善策について〜

働き方改革関連法により労働基準法が改正されました。それによると月45時間・年360時間を超える残業は原則として禁止されることとなりました。では、ナースの残業の実態はどうなっているのでしょうか。また改善策についても紹介していきたいと思います。

続きを読む
上手に時間を使おう!忙しい看護師のための時短家事
No.52 上手に時間を使おう!忙しい看護師のための時短家事

看護師の仕事は日々忙しいもの。自宅でリラックスして過ごす時間を確保するためにも、家事にかかる時間を少しでも短くすることを心がけましょう。ここでは、忙しい看護師のための時短家事のコツをご紹介します。

続きを読む
あるある ないない 看護師が突っ込む医療ドラマと現実の違い
No.25 あるある ないない 看護師が突っ込む医療ドラマと現実の違い

最近では医療ドラマもリアルさを追求した作りになっていますが、それでもドラマならではの演出に、現場を知る看護師が思わず「こんなことない」と突っ込んでしまうのは“あるある”なのではないでしょうか? そんな突っ込みたくなるシーンをご紹介します。

続きを読む
ストレスに強くなろう! セロトニンを増やす3つの方法
No.72 ストレスに強くなろう! セロトニンを増やす3つの方法

ストレスの多い看護師だからこそ心がけたいのが、ストレスに強くなる脳内物質「セロトニン」の分泌を増やすことです。セロトニンの分泌を増やすための方法を3つご紹介します。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »