1. »
  2. »

No.34 救急医療の最前線「フライトナース」になるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の仕事をしている方の中には、ドクターヘリに乗り込み緊急医療の最前線で働く「フライトナース」に憧れるという方もいるのではないでしょうか。
どうすればフライトナースとして働くことができるのかについてお伝えします。

フライトナース基準を満たしている方

フライトナースの業務は看護師業務の延長となり、法律上はフライトナースに特別な資格制限は設けられていません。
看護師免許を持っていればフライトナースの業務自体は行えます。
ただし、看護師免許を持っていてもフライトナースになれるかは別問題です。
フライトナースは狭き門となり、フライトナースを募集している病院では「日本航空医療学会フライトナース委員会」が定める以下の条件を参考に基準を設けている場合が多いです。

  • 看護師経験5年以上及び救命看護師の3年以上の実務経験、またはそれに準じる能力を保有する看護師。
  • ACLSプロバイダー、JPTECプロバイダー、PALSプロバイダーの認定、またはそれに準じる能力を保有する看護師。

フライトナースになるためには、まずはこの条件を満たしておくことが第一歩だと言えるでしょう。
また、必須ではありませんが「救急看護認定看護師」の資格を持っていると実力を評価されることにつながります。

救命救急センターに勤める

フライトナースは、ドクターヘリを持つ病院の救命救急センターで既に勤めている看護師から選ばれることが多いです。
救命救急センターでの働きが評価され、センター師長や看護部長の推薦がある方などの場合は、若手看護師や中堅看護師でもフライトナースに選ばれる可能性もあります。
救命救急センターで働けば、前述した「救命看護師としての3年以上の実務経験」としてのカウントもされるため、フライトナースを本気で目指している方であれば、早いうちにドクターヘリを持つ救命救急センターへ転職するのが近道だと言えるでしょう。

迅速な対応が取れる人が向いている

ドクターヘリを使った業務は緊急医療の最前線となり、1分1秒を争う世界となります。
このためフライトナースには、迅速で臨機応変な対応がとれるフットワークの軽い方が求められます。
また常々ドクターヘリに乗り込み、時にはヘリ内で複雑な医療行為を行うこともあります。
このため乗り物酔いに強い方、高所で閉鎖された空間でも違和感なく行動できる方が望ましいでしょう。

フライトナースは憧れている方の多い花形の職業であり、かつ募集数も少ないので採用はやはり狭き門となります。
フライトナースを目指す方は、求められる条件をしっかりと満たしていくのが大切です。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員日総ふれあいケアサービス株式会社  ふれあいの里 グループホームたいへい
北海道 日総ふれあいケアサービス株式会社  ふれあいの里 グループホームたいへい
施設高齢者施設
最寄り駅から徒歩1分!ユニット型グループホームのお仕事です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市北区太平2条4丁目1
パート
(非常勤)
株式会社 札幌フィットネスセンター 札幌フジクリニック
北海道 株式会社 札幌フィットネスセンター 札幌フジクリニック
施設クリニック
人気の健診でのお仕事です。仕事内容は健診付属業務全般、胃カメラとなります。
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 5F
正社員株式会社萌福祉サービス 介護付有料老人ホーム フルールハピネス しのろ
北海道 株式会社萌福祉サービス 介護付有料老人ホーム フルールハピネス しのろ
施設高齢者施設
教育体制がしっかりしてるのでブランクの有る方や施設未経験者も安心!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市北区篠路10条1丁目1番1号

おすすめコラム

感染防止にもつながる!「エンゼルケア」の基本的手順について
No.37 感染防止にもつながる!「エンゼルケア」の基本的手順について

お亡くなりになった患者さんに対して、看護師として最後に行うことになる「エンゼルケア(死後の処置)」。エンゼルケアを行う目的や意味合いと、基本的な手順やポイントなどについてご説明します。

続きを読む
「看護師になって良かった」と感じるのはどんな時?
No.50 「看護師になって良かった」と感じるのはどんな時?

仕事の大変さや辛い部分が取り上げられることが多いのが看護師の仕事。看護師として働き続ける人たちはどんなときに「看護師になって良かった」と感じることが多いのでしょうか。実際に看護師として働く人たちからよく聞かれる声を取り上げてご紹介します。

続きを読む
看護師を志望した理由を見つめ直す
No.135 看護師を志望した理由を見つめ直す

看護師としてのやりがいを感じる瞬間とは、患者さんやご家族から感謝の言葉をもらえることであったり、患者さんがリハビリを受けて動くようになった、その達成感の共有であったりするものです。そんな看護師を仕事として志した志望の理由をあげてみました。

続きを読む
看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?
No.35 看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?

看護師の仕事は責任があり大変なものですが、子供をもった女性が働きやすい職種だと言われています。それは、院内保育などの働くママへの支援体制の充実があげられます。ここでは、働く女性の強い味方、病院での院内保育についてご紹介します。

続きを読む
目指せほっそり脚! 看護師のむくみ対策4つ
No.70 目指せほっそり脚! 看護師のむくみ対策4つ

立ち仕事の多い看護師は足がむくみやすく、慢性的な足のむくみに悩む人も多いものです。看護師が足のむくみを予防、改善するために心がけたい方法などを取り上げてご紹介します。

続きを読む
看護師は4年制大学OR専門学校のどちらを選ぶべきか?
No.106 看護師は4年制大学OR専門学校のどちらを選ぶべきか?

看護師を目指す場合、4年制大学か専門学校か迷うところではないでしょうか。4年生大学または専門学校を卒業した場合のメリット、デメリットについてお伝えしていきます。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »