1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » もらえるはずの残業代~看護師の労働環境~こんなケースなら

No.128 もらえるはずの残業代~看護師の労働環境~こんなケースなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の労働環境は病院によって様々なようです。看護師が当たり前だと思って行っている残業のカウント方法など、実はもらえるはずの給料がもらえていない事もあります。看護師の労働環境についてのポイントをお伝えします。

有給休暇についてのポイント

看護師の職場は忙しいのが当たり前。病院によっては、忙しいので有給休暇はできるだけ取らないでとアナウンスしているところもあるようです。しかし、有給休暇は雇用者によって制限されるものではないので、取得できます。

また、パートで勤務しているからという理由だけで有給休暇を得られないなどしている場合も雇用主に有給休暇の取得の申し出をしましょう。雇用された日から6カ月以上勤務しており、かつ8割以上出勤していれば10日は取得できるからです。

残業時間についてのポイント

病院が忙しいからという理由で、残業時間を記録するのは1日2時間までなど、残業時間についてのオリジナルの制限がある場合は要注意です。どんなに忙しかろうと雇用主は残業時間に応じて残業代を支払う必要があるからです。

また、委員会をいくつか掛け持ちしているため、通常の勤務についての仕事を持ち帰りしている場合があるとします。この場合、持ち帰った分についての残業代はどうなるのでしょうか。一般的に自分で勝手に持ち帰った分で、上司が知らない場合は残業代にはなりません。しかし、委員会など業務をたくさん持っており、上司もそれを知っていながら業務を回してくるなどする場合、残業は支払われなければいけません。持ち帰らないでいいように仕事量を減らしてもらうか、残業代を支給してもらうかにしましょう。

朝の勤務時間より前の労働時間は?

申し送りなど、業務に入る前に時間がかかるので、始業時間の30分前や1時間前に出勤している場合、残業時間になります。また、終業時間以降の研修についても残業時間になります。ただし、条件があります。

  • 業務にかかわる研修であること
  • 強制参加であり、不参加だと仕事上不利益がでること
  • 職員の労働安全衛生に関する研修の場合
何時間残業してもいいと言われている場合

忙しい病院なので、何時間残業してもいいと言われているとします。いくら残業代が支給されるからといって、過労になれば業務にも悪影響がでてきます。厚生労働大臣が定める一週間の残業時間の限度は15時間です。週5日働くとすれば、1日平均2時間ほどです。まとめて、たくさんの残業時間が発生する場合であっても、一週間に15時間を超えており、それが原因で仕事が多いと思ってしまう場合、上司に相談しましょう。もし、聞き入れてくれない場合、転職も視野にいれることをおすすめします。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ看護師求人

正社員しらつち耳鼻咽喉科
福岡県 しらつち耳鼻咽喉科
施設クリニック
2016年11月にオープンした、福岡市南区にある耳鼻咽喉科♪
【募集職種:看護師】
福岡県福岡市南区三宅3丁目16-26
契約社員公益財団法人 福岡県結核予防会 福岡結核予防センター
福岡県 公益財団法人 福岡県結核予防会 福岡結核予防センター
施設その他
赤坂駅より徒歩3分♪ぜひ、福岡市中心部で検診のお仕事してみませんか?
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県福岡市中央区大名2丁目4番7号
正社員株式会社ほっとライフ サービス付き高齢者向け住宅ほっとライフ伊都
福岡県 株式会社ほっとライフ サービス付き高齢者向け住宅ほっとライフ伊都
施設高齢者施設
今宿駅から徒歩8分とアクセス良好!平成25年開設の明るく綺麗な施設です。
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県福岡市西区今宿西1-17-6

おすすめコラム

ナースの感染対策
No.227 ナースの感染対策

医療現場の最前線に立ちながら、新型コロナウイルスなど様々な病気と闘っているのは医師やナース(看護師)です。もし感染された場合、それだけでも一大事になりかねません。今回は、ナースの感染対策についてお話ししましょう。

続きを読む
看護師の通勤時間~おすすめの時間はどれくらい?
No.127 看護師の通勤時間~おすすめの時間はどれくらい?

看護師の通勤時間はどれくらいがいいのでしょうか。希望の病院へ就職、転職したいからと通勤時間を2時間などに設定すると大変なことになります。看護師の通勤時間についてのポイントをお伝えします。

続きを読む
病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策
No.71 病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策

紫外線量が年間でもピークになる夏。看護師は基本的に室内勤務ですが、室内でも紫外線対策は必要です。その理由と看護師が意識したい紫外線対策についてお伝えします。

続きを読む
ナースはいつから存在していたのか?ナースの由来と歴史
No.277 ナースはいつから存在していたのか?ナースの由来と歴史

ナースという言葉は、いつから使われるようになったのでしょうか。ナースの由来や歴史について簡単に解説します。現在、看護師の方やこれから看護師を目指す方など看護師の歴史について知りたい方必見です。

続きを読む
お仕事の日の調理を時短! 休日にやっておきたい下準備
No.103 お仕事の日の調理を時短! 休日にやっておきたい下準備

仕事から帰ってから料理を作るのは、時間もかかるし大変ですね。休日に調理の下準備をして、仕事の日の調理時間を短縮しましょう。下味をつけたり、茹でて冷凍するなど下準備をすることで、時短だけでなく料理のおいしさもアップするのでおすすめですよ。

続きを読む
看護師ならではの夜勤を乗り切る方法
No.157 看護師ならではの夜勤を乗り切る方法

看護師さんは入院している患者さんの面倒を見るため、夜勤は当然のことです。日勤と夜勤の二つの勤務時間を、バランスよくシフトに組み込みながら仕事をします。複雑な勤務時間を、ストレスなく乗り切るにはどうしたらよいのでしょうか?

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »