1. »
  2. »

No.129 看護師のストレスは高い?原因や解消法ご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性なら一度は憧れる看護師の仕事。しかし、白衣の天使と呼ばれる一方で看護師はストレスがたまりやすい仕事だと言われています。なぜ看護師の仕事がストレスフルなのか、ストレスの原因や解消法にもふれながらお伝えしていきます。

看護師のストレス解消法で多いのは?

看護師のストレス解消法として、一番多いのはとにかく寝ることなのだそうです。確かに、普段から夜勤で睡眠不足になりますから、寝ることで普段のモチベーションにまで持って行く必要がありそうです。しかし、看護師の場合、睡眠時間を確保してもまだまだ眠たいという人が多いのです。それは、単に睡眠不足だというだけでない問題が浮き彫りになっています。

ストレスの原因で多いのは?

看護師は患者の看護だけではなく、患者の家族にも接する仕事です。また、患者も入れ替わりますので、常に新しい人間関係を築いていく必要があります。患者によっては、無理な要求をしてきたり、きつくあたったり、時には暴言や暴力もあるかもしれません。また、患者の家族が威圧的で悩む人も多いようです。

さらに、夜勤で疲れていると普段ならかわせるストレスさえ、大きな痛手になることもあります。体を酷使しながら神経もすり減らせば当然、睡眠時間を確保しても足りないでしょう。

とにかく食べ過ぎてしまう~看護師のストレス解消法の問題点

睡眠時間が不足したり、ストレスがひどくなると、自分でも気づかないうちに脂っこいスナック菓子や、甘いケーキ、濃い目のコーヒーを飲まなければ気が済まなくなってくるようです。そうなると、余計疲れやすい体質になりますし、さらに冷え症にもつながります。砂糖や体に悪い油は体を冷やしてしまうからです。ひどい場合、生理不順や不妊にもつながる恐れがあります。

  • ストレス→睡眠不足→ドカ食い→ストレス→睡眠不足→どか食い

これでは、男性に多い糖尿病も発病しやすくなってしまいます。少しでもストレスフルな状況を取り除くためにはどうすればいいのでしょうか。

夜勤を減らすなど~ストレスへの対処法は?

夜勤をできるだけ少なくしてみましょう。そして、睡眠時間を普段から確保しておきます。そうすることで、基礎体力が回復してきます。また、仕事の量を減らしてもらうことも考えていきましょう。上司に相談しても無駄かも知れないと思いがちですが、忙しい職場でも、忙しさを分かっている職場なら配置換えもしてくれるかもしれません。

少しでも運動する

夜勤で疲れているのに、運動なんてありえないと思われるでしょう。もちろん、ハードな筋トレやマラソンなどをするのではありません。

  • ストレッチ
  • ウォーキング

これらのうちのどちらかで構いません。毎日15分くらいを目安に取り組んでみてください。1カ月続ければ、体がとても軽くなるでしょう。実は、どちらも運動していない人にとれば、軽い筋トレにもなるからです。筋肉はひっぱって鍛えられる筋肉もあるからです。

それでも改善しない場合

ストレスが過剰になりすぎると、少し休むだけでは改善しないことがあります。仕事の内容を変えてもらっても改善しない、仕事を減らすことを許可してもらえないなどする場合、休職も視野にいれる必要があります。精神的なストレスが蓄積されると、看護の仕事自体が嫌いになることもあるからです。休職後に退職した場合、看護師専門の人材紹介センターに相談すれば、ストレスのない職場を紹介してもらえるかもしれないので、まずはご相談してみることをおすすめします。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ看護師求人

正社員医療法人正弘会 南折立病院
福岡県 医療法人正弘会 南折立病院
施設病院
ママさんナース活躍中♪
【募集職種:看護師】
福岡県福岡市南区横手1-14-1
パート
(非常勤)
有限会社であい デイサービスであいの華
福岡県 有限会社であい デイサービスであいの華
施設高齢者施設
福岡市城南区にある、デイサービスでの看護師求人となります♪
【募集職種:看護師】
福岡県福岡市城南区東油山6丁目5番33号
正社員社会福祉法人景福会 唐孔雀園
福岡県 社会福祉法人景福会 唐孔雀園
施設高齢者施設
施設での看護業務♪マイカー通勤可能で、残業も少なめです☆
【募集職種:看護師】
福岡県久留米市青峰3丁目12-1

おすすめコラム

ストレス解消に「掃除」が効果的って本当?
No.84 ストレス解消に「掃除」が効果的って本当?

看護師の仕事はストレスが溜まりやすいものです。ストレス解消法にはいろいろありますが、部屋の「掃除」が効果的だということをご存知でしょうか。掃除がストレス解消に役立つ理由についてお伝えします。

続きを読む
夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?
No.77 夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?

夜勤の日の看護師はメイクしている時間が長く、肌への負担が大きくなりやすいものです。肌への負担を減らすための夜勤の日のメイクのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと
No.6 看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと

看護師は心身ともにハードな職場であり、勤務体制もさまざまなため、仕事と育児の両立が難しい職種です。しかし、それでも育児と両立させるにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

続きを読む
救急医療の最前線「フライトナース」になるには
No.34 救急医療の最前線「フライトナース」になるには

ドクターヘリに乗り込み緊急医療の最前線を走る人気職種「フライトナース」。フライトナースになるには、どういった資格や能力が必要なのかについてご紹介します。

続きを読む
看護師に必要?賠償保険とは?加入方法やポイントご紹介
No.131 看護師に必要?賠償保険とは?加入方法やポイントご紹介

看護師の中には、もしもの場合に備えて賠償保険に加入している人もいます。一方で賠償保険に加入していない人もいます。賠償保険に加入するメリットや加入方法にふれながら、看護師と賠償保険についてのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師が太る理由。夜勤が大問題!? 原因から対処法を考えよう
No.5 看護師が太る理由。夜勤が大問題!? 原因から対処法を考えよう

看護師はさまざまな悩みを抱えがちですが、その第一が「太った」というもの。看護師になってから太ったと実感している割合は52%におよぶそうです。原因から対策を考えてみましょう。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »