要注意!ナースが使う専門用語で患者が不安に陥る?|ナース専門 お悩み解決コラム ナースジョブ
  1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 要注意!ナースが使う専門用語で患者が不安に陥る?

No.312 要注意!ナースが使う専門用語で患者が不安に陥る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療現場では、専門的な用語や略語が多く使われます。しかし、その中で医師やナース同士の何気ない会話を聞いた患者さんが、その意味を誤解して不安に陥る事があります。この記事では、聞き間違いや誤解されやすい用語や略語の変換例紹介と、メリット・デメリットについて解説します。

メリット

専門用語や略語は、作業効率を向上させるメリットがあります。例えば、病名や術式などの正式名称は、漢字が多く文字数も長いものがあります。会話や書類記入時に、いちいち正式名称を使うと時間がかかるものです。そこで使用するのが専門用語や略語で、時間を大幅に短縮する事ができます。

もうひとつのメリットは、知られたくない情報を隠せる事です。例えば、患者が亡くなる事を「ステる」と言います。ナースステーション内での会話でも、どこで誰が聞いているか分かりません。他の患者や、見舞いに来た家族に聞こえてしまう事も考えられます。

療養中で不安を抱えている患者の中には、医師やナース同士の会話に敏感に反応する方が居ます。そのため、特にネガティブな情報には隠語を使う事が必要で、それにより情報を伏せる事が可能になります。

デメリット(誤解を招く用語)

一般的に使われている単語に似た用語や略語があり、使用する事で場合によっては誤解を招くデメリットがあります。患者の中には、内容が理解できず不安になる事があるからです。そこで、難しい用語や誤解を招く用語から、一般的に理解できる言葉への変換例をいくつか紹介します。

  • 褥瘡(じょくそう)=床ずれ
  • 誤嚥(ごえん)=飲食物が誤って気管に入った状態
  • 清拭(せいしき)=体を拭く
  • カテーテル=血管や消化管などに挿入する柔らかくて細い管
  • バルーン=尿を排出するための膀胱留置カテーテル
  • ヘモ=痔(ヘモグロビンと誤解されやすい)
  • マンマ=乳房(ママの類義語と誤解されやすい)
  • コアグラ=凝固した血の塊(フォアグラと聞こえ、肝臓疾患かと不安に陥る)
  • オリエンテーション=意識障害の指標となる見当識
  • セカンドオピニオン=別の病院や他の医師から診断を受ける

ナースのスキルとして専門性が高められる

医療者同士で話をする際、用語や略語を使う事で、より専門的な話ができると言えるでしょう。逆に、先輩たちの会話や会議で知らない内容が出てきた場合は、すぐに調べるように習慣付けると良いです。

ナースは患者の今の状態を把握しなければならないので、カルテに書かれた内容を知っておく必要があります。ポケットに小さな医療用語・略語辞典を持ち歩き、その場で調べられるようにしましょう。

また、病院や病棟独自の略語が使われる事もあります。分からないものは積極的に質問して早期に理解しなければなりません。しかし、もしも先輩たちに聞きづらい環境が続くようであれば、学ぶ環境を変えるための転職もおすすめします。

■まとめ
患者に不安を与えないように、聞き違いや誤解されやすい言葉は使わないように配慮が必要です。一方で、確かな医療を提供するスキルとして、専門用語や略語についての知識は必要不可欠になります。ナースとして成長するためにも、学ぶ環境が整った職場を選びましょう。
カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員医療法人社団王子会 神戸循環器クリニック
兵庫県 医療法人社団王子会 神戸循環器クリニック
施設クリニック
年間休日125日!残業も少なめでメリハリつけて働くことが出来る環境です!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市中央区楠町6丁目11-5
正社員原泌尿器科病院
兵庫県 原泌尿器科病院
施設病院
3ヶ月の研修期間はプリセプターがサポート!定着率抜群の病院です♪
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目7番17号
正社員医療法人 明倫会 宮地病院
兵庫県 医療法人 明倫会 宮地病院
施設病院
「働きやすい病院評価」の認定病院です! 
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市東灘区本山中町4-1-8

おすすめコラム

何度も呼ばれてしまう! 繰り返しのナースコールに困ったら?
No.40 何度も呼ばれてしまう! 繰り返しのナースコールに困ったら?

ナースコールは容態が変化した患者さんに対応すべく必要なものです。しかし、不安などを理由に、頻繁に看護師が呼ばれ続けてしまうという問題が起こることもあります。ここでは、そんな場合の対応方法についてご紹介します。

続きを読む
看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?
No.26 看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?

看護師に求められる「アドボケーター」としての役割。アドボケーターとは患者に代わり、患者の気持ちや疑問を医師や医療スタッフに代弁することです。ここでは、アドボケーターの概要や目的などについてご紹介します。

続きを読む
ナースの感染対策
No.227 ナースの感染対策

医療現場の最前線に立ちながら、新型コロナウイルスなど様々な病気と闘っているのは医師やナース(看護師)です。もし感染された場合、それだけでも一大事になりかねません。今回は、ナースの感染対策についてお話ししましょう。

続きを読む
ナースの役職看護部長の仕事は医療行為ではなくマネジメント
No.274 ナースの役職看護部長の仕事は医療行為ではなくマネジメント

ナースの役職の中でトップが「看護部長」です。50代頃に任命されることが多く看護部長の仕事は、患者への医療ではなく病院の運営。医療従事者として仕事をしていたナースがマネジメントを行います。看護部長の仕事と必要とする能力についてご紹介します。

続きを読む
ナースは3交代制シフトが主流
No.238 ナースは3交代制シフトが主流

看護士はかつてナースと呼ばれていましたが、勤務体制については2交代制と3交代制があるのは変わっていません。時間配分など、看護士を志す方ならば気になるポイントです。今回は、ナースの3交代制勤務についてお話しします。

続きを読む
ナースで許容されるヘアスタイルについて
No.374 ナースで許容されるヘアスタイルについて

看護師のヘアスタイルには、プロフェッショナルな外見とともに、安全性と衛生面が求められます。職務中のヘアスタイルは患者への信頼感、業務の効率性や安全性にも影響を与えます。ここではナースとして許容されるヘアスタイルについて詳しく説明します。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »