1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 新人看護師必見! 正しい「お酌」のマナー

No.33 新人看護師必見! 正しい「お酌」のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歓迎会などの場において、上司や先輩にお酌をしたりお酌を受けたりする機会もあると思います。
この際にお酌のマナーができていると「常識のある人」として良いイメージを持ってもらうことにつながります。
新人看護師さんは、お酌の正しいマナーについてしっかりと押さえておきましょう!

お酌のマナー「ビール編」

ビールをお酌する場合のマナーは以下のようになります。

・ビールをお酌する場合
ビールをお酌する場合は、ビール瓶のラベルが上になるようにして右手で瓶の底を持ち、左手で注ぎ口付近を支える形で持ちます。
その後、ゆっくりと傾きをつけてビールをグラスに注いでいきます。
この際にグラスにビール瓶の注ぎ口が接することがないように注意してください。
・ビールのお酌を受ける場合
ビールのお酌を受ける場合は、右手の指先でグラス中央を押さえ、左手でグラスの底を支ええる形で持ちます。
その後、相手側にグラスを少し傾けて注いでもらい、注ぎ始まったら注ぐ量に合わせて今度は徐々にグラスを立てていきます。

お酌のマナー「日本酒編」

日本酒をお酌する場合のマナーは以下のようになります。

・日本酒をお酌する場合
日本酒をお酌する場合は、右手で徳利を持ち、左手で注ぎ口を支える形で持ちます。
その後、2回に分けて杯に注いでいき、量は杯の八分目程度に抑えるようにします。
注ぎ終わる直前には徳利の口先を手前に戻し、しずくが飛び散らないようにします。
・日本酒のお酌を受ける場合
日本酒のお酌を受ける場合は、杯を右手で持ち、左手は杯に添えるような形として持ちます。
日本酒の場合はその後傾けたりせず、相手が注ぎ終わるまで当初のポジションを維持してください。

お酌に関するその他のマナー

ビール、日本酒ともに気をつけたいお酌の共通のマナーとしては、以下のようなことが挙げられます。

・自分からお酌を持ちかける
お酌は相手から依頼されて行うのではなく、自分から「お酌させていただきます」「お酌はいかがですか」と相手に持ちかけるようにしてください。
もちろん、断りなしにお酌を始めるのはNGです。
・注ぎ足しはしない
グラスが空になっていない段階で注ぎ足しを勧めるのはあまり良くありません。
ある程度グラスが空になってきてから「何か飲まれますか」「もう一杯いかがですか」と持ちかけてみてください。
・お酌を受けた場合は一口飲む
お酌されたお酒については、基本的には全部飲みほすのが望ましいです。
もしそれ以上飲めない場合は、「十分頂いております」と気持ちだけ受け取る態度で返しましょう。
一口もつけずテーブルにグラスを置いてしまうのはNGです。
必ず一口はお酒に口をつけてからテーブルに置くようにしてください。

いかがでしたでしょうか。
たかがお酌と言えども、マナーについては意外と人から見られているものです。
マナーのない人だと思われないためにも、歓迎会などの前にはお酌のマナーを確認しておくことをおすすめします。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員社会福祉法人慶生会 慶生会巽東訪問看護ステーション
大阪府 社会福祉法人慶生会 慶生会巽東訪問看護ステーション
施設訪問看護
ご本人、ご家族と話し合い、かかりつけ医と連絡をとりながら、その方にあわせた看護計画を立てて、進めてまいります。
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市生野区巽東4-11-10
パート
(非常勤)
小泉内科小児科医院
大阪府 小泉内科小児科医院
施設クリニック
駅チカ♪アットホームで雰囲気抜群小児科クリニックです★
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府東大阪市西鴻池町2-2-1
正社員医療法人博悠会 名取病院
大阪府 医療法人博悠会 名取病院
施設病院
ママさんナース多数活躍中☆子育てに理解のある環境です!
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市西淀川区大野2丁目1-32

おすすめコラム

忙しい日もヘルシーに!コンビニメニューの選び方
No.88 忙しい日もヘルシーに!コンビニメニューの選び方

夜勤前後の食事などにコンビニメニューを利用する看護師は多いと思います。手軽でリーズナブルな点が魅力ですが、栄養バランスの偏りやカロリー過多が置きやすいので注意が必要です。コンビニメニューを選ぶときに意識しておきたいポイントをご紹介します。

続きを読む
看護師の仕事のストレス限界解決法
No.174 看護師の仕事のストレス限界解決法

看護師は、同僚や先輩とスムーズなコミュニケーションが求められ的確に対応しなければいけないことが多くあります。今回は、看護の現場でストレスの要因となるコミュニケーションの問題を取り上げまとめましたので、一緒にみていきましょう。

続きを読む
看護師はグループワークを通して負担軽減をめざそう
No.136 看護師はグループワークを通して負担軽減をめざそう

看護師は、残業が多くて大変だという声をよく耳にしますが、サービス残業となることが多いのが現状です。そのような現状の中少しでも負担軽減し効率化を図るための業務改善をテーマにしたグループワークについて考えてみたいと思います。

続きを読む
看護師の残業について考える
No.154 看護師の残業について考える

看護師の仕事は、現実的にサービス残業が多いのが現状です。今回は、看護師が悩んでいるサービス残業の多さにスポットをあて、その実態と原因をみながら改善方法はないのか考えてみたいと思います。

続きを読む
看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介
No.111 看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介

看護師はこれから売り手市場になると言われており、需要も伸びていくことが予測されます。理由は高齢化社会による在宅療養が主流になるからです。一方、在宅療養で働く場合のデメリットもあげながら、看護師がおすすめ職であることについてお伝えします。

続きを読む
夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?
No.77 夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?

夜勤の日の看護師はメイクしている時間が長く、肌への負担が大きくなりやすいものです。肌への負担を減らすための夜勤の日のメイクのポイントをお伝えします。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »