1. »
  2. »

No.40 何度も呼ばれてしまう! 繰り返しのナースコールに困ったら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースコールの存在は重要で、必要不可欠なものです。
それは疑いの余地はありませんが、度の過ぎたナースコールに困らされたことはありませんか?
昼間ばかりではなく、手の少ない夜間に鳴り続けるナースコールに呼ばれてみたら、「なんとなく鳴らした」などと言われてしまうと、つい苛立ってしまうこともあるのではないでしょうか。
そんなときはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは、看護師の精神的負担を軽くする対応のコツをご紹介します。

考えられる対処方法

「ナースコールが押される前に、しつこいぐらいにこちらから声を掛けてみる」というのはいかがでしょうか?
部屋の前を通るとき、ちょっとしたついでに「何かないですか?」「大丈夫ですか?」などとしつこく声を掛けてみるのもひとつの対策となります。
患者さんが頻繁にナースコールを押す理由は、体調の不安ではなく、精神の不安からだということもあります。
ひとは怪我や病気などで弱ると「寂しいから構って欲しい」という子供じみた行動を取ることも多々あります。
「そこまでは面倒をみきれない」という部分は勿論あるかとは思います。
ですが、患者さんがナースコールを執拗に押す場合は、その理由を探ってみることには意味があるでしょう。
また、そうした患者さんの場合には、書類仕事などの場所をあまり取らない仕事を患者さんの近くでやる(患者さんの目の届くところにいる)というだけでもナースコールの回数が減ることもあります。

最終手段として

これは周囲や上長、患者さんのご家族などとも相談の上、慎重に選択しなくてはならない方法ですが、あまりにも高頻度で緊急性のないコールを繰り返す患者さんがいる場合は、ナースコールを患者さんの手元から少し離れた場所に置くなどという方法もあります。
もちろんこの方法は、患者さんの症状が安定していることが大前提です。
勿論その場合、患者さんの「ナースコールに手が届きにくい」という認識と、看護師の徹底した注意が必要になります。
その上でもやはり、緊急性の低いナースコールに振り回されて、重篤な問題を抱えた患者さんからのコールに対応することが遅れる方が、重要な問題です。

割り切るのもひとつの方法

看護師は神さまでも超人でもありません。職種が医療関係であるというだけのごく普通の会社員です。
当然ながら出来ることには限界があります。
これは自身では解っているものですが、そのことを患者さんにも解って頂く必要があります。
無理なときには無理だと伝え「出来るはずだ」「出来るべきだ」で抱え込まないこと、押し付けられたまま受け入れないことが大切です。

少ない人数で複数の患者さんの対応をしなくてはならないのですから、すべての患者さんに完全に気持ちよくなって貰うことは出来ない、と割り切ることも必要でしょう。
「出来る限りは柔軟な思想と態度で対応し、他の業務の妨げになってしまうようなクレームや度が過ぎた要望には毅然とした態度で臨んでみる」という気持ちを持って対応するようにしましょう。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
株式会社リエゾン パールビュー名谷町
兵庫県 株式会社リエゾン パールビュー名谷町
施設高齢者施設
「有意義なシニアライフのサポートで地域貢献を目指す」高齢者施設求人★
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市垂水区名谷町字中坊60-10
正社員社会医療法人社団正峰会 介護老人保健施設フローラルヴィラ垂水
兵庫県 社会医療法人社団正峰会 介護老人保健施設フローラルヴィラ垂水
施設高齢者施設
自然に囲まれた綺麗な施設で働いてみませんか?安心の教育体制です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市垂水区下畑町西砂山301-1
正社員医療法人一輝会 荻原整形外科病院
兵庫県 医療法人一輝会 荻原整形外科病院
施設病院
元町駅5分で通勤アクセス抜群です!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市中央区北長狭通5-3-5

おすすめコラム

夜勤で疲労のたまる看護師の自己管理法
No.140 夜勤で疲労のたまる看護師の自己管理法

看護師さんの夜勤の業務は、患者さんの異変をすばやくキャッチしなければ命にも関わることから、精神的な面でも疲労感があることでしょう。ここでは、夜勤明けの看護師さんへ、疲労回復のための自己管理方法をまとめてみました。

続きを読む
看護師が他職種と連携するのは難しい?訪問看護でのポイント
No.118 看護師が他職種と連携するのは難しい?訪問看護でのポイント

訪問看護においては、看護師と医師などの他の職種との連携が大切になってきます。しかし、実際は他の職種との連携がしにくい状況があるようです。看護師が訪問看護で問題視しているポイントをお伝えします。

続きを読む
ナースの必須アイテム3点セットとは?
No.181 ナースの必須アイテム3点セットとは?

ナースの皆さんは、医師の指示に従ってスピーディーに業務をこなしていくために、必要なアイテムを携行しています。この記事では、そんな現役ナースの必需品7つ道具の中から、3点をピックアップして、ご紹介していきたいと思います。

続きを読む
必要不可欠!看護師のコミュニケーションスキル
No.162 必要不可欠!看護師のコミュニケーションスキル

病院を利用される患者さんやそのご家族は看護師に対してどのようなスキルを求めているのでしょうか。今回は看護師にとって重要なコミュニケーションスキルを高めるポイントをまとめていきましょう。

続きを読む
看護師の夜勤は太りやすい?筋トレで痩せ体質になろう
No.123 看護師の夜勤は太りやすい?筋トレで痩せ体質になろう

看護師には夜勤がつきものです。しかし、夜勤は太るとも言われています。筋トレを運動に取り入れるだけで、痩せ体質になります。夜勤と筋トレについて、効果や理由とともにお伝えします。

続きを読む
看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?
No.35 看護師さんの強い味方! 働くママが嬉しい院内保育とは?

看護師の仕事は責任があり大変なものですが、子供をもった女性が働きやすい職種だと言われています。それは、院内保育などの働くママへの支援体制の充実があげられます。ここでは、働く女性の強い味方、病院での院内保育についてご紹介します。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »