1. »
  2. »

No.36 負担が軽いのはどっち?看護師の3交代制と2交代制勤務の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の働き方! 3交代制と2交代制のどちらを選ぶ?

看護師の仕事は患者さんの大事な命を預かる仕事で、看護は24時間、絶え間なく続けなくてはいけません。
そのため、看護師は1日を3つもしくは2つに分けて、夜間も眠らずに順番に勤務をするのが一般的です。
こういった度重なる夜勤の疲労や、患者さんのお世話の際の力仕事などで体を壊す女性看護師は多いです。
では、一般的に3交代制と2交代制どちらの勤務が体への負担は少ないのでしょうか?
ここでは、長く看護師として働くためにも知っておきたい看護師の勤務形態や、3交代制・2交代制の勤務の違い、勤務形態の選び方などについてご紹介します。

3交代制と2交代制の勤務の違いとは?

病院によって時間帯には若干の違いがありますが、一般的に3交代の場合は1日を次の3つに分け、所属する看護師が順番で各時間帯を受け持って看護にあたります。

【3交代制の場合】

  • 日勤 8:30~17:30
  • 準夜勤 16:30~25:30
  • 深夜勤 0:30~9:00

【2交代制の場合】

  • 日勤 8:30~17:30
  • 夜勤 16:30~9:00

病院の運営を3交代で行うのか、2交代で行うのかは病院の規模や忙しさによります。
一般的に1回の勤務時間が短い3交代制は大きな総合病院や、夜間救急外来のある病院が採用していて、1回の勤務時間が長い2交代制は、個人病院などのそれほど夜間の緊急対応に備える必要がない小規模な病院で採用していることが多いです。

3交代と2交代勤務の選び方

1日を3つに分けているか、2つに分けているかの違いですが、侮ってはいけません。
実際に看護師になって“どちらの勤務体制を選ぶか”ということが、人によっては驚くほど身体の負担に影響してしまいます。
単純に3交代制と2交代制を比べると、より体に負担がかかるのは、勤務時間の長い2交代制の方です。
ですが、2交代制の方が夜間の勤務時間が長いためにお給料はよく、当直明けは長い時間ゆっくりと休んで“体を回復させることができる”というメリットがあります。

これに対し、勤務時間が短く疲労が溜りにくいという3交代制は、日勤で昼間仕事をして一旦家に帰り、わずかな時間で出勤して深夜勤務につかなくてはいけないというせわしなさがあります。
このため、どちらがより楽な勤務かどうかは、一言に決めることはとても難しいでしょう。

病院の勤務形態は就職先選びにも重視すべき要因なので、「どっちが楽なの!?」と悩んでしまいがちです。
しかし、あえて言うのであれば、より自分のライフスタイルにあった勤務形態を選ぶ方が、体や心に降りかかる負担を減らすことができるはずですよ。

勤務の向き不向き

それぞれの勤務に向いているのは、次のような条件に合う女性です。

<3交代制>

  • 30歳以上で体力に自信のない人
  • 子供がまだ小さいため、育児のためにできるだけ仕事を軽くセーブしたい人
  • 勤務場所近くに住んでいる人
  • 夜型の生活が苦手な人

<2交代制>

  • 20代の若い看護師や新米看護師
  • 給料を重視して働きたい人

どちらの勤務形態にもメリット・デメリットがあります。
自分の生活スタイルや家庭の状況をよく考えて、自分に合った勤務形態を選べると良いですね。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ求人

パート
(非常勤)
菱田医院
大阪府 菱田医院
施設クリニック
主婦の方歓迎♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府守口市南寺方中通1-5-1
パート
(非常勤)
有限会社エボット 訪問看護ステーション リリーブ
大阪府 有限会社エボット 訪問看護ステーション リリーブ
施設訪問看護
週1日からでも相談OK☆アットホームで楽しく働けます。
【募集職種:看護師】
大阪府富田林市寿町3丁目1-8
正社員医療法人飯盛医院
大阪府 医療法人飯盛医院
施設クリニック
駅チカで徒歩圏内のクリニック♪
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市東成区大今里南5-10-14

おすすめコラム

目的別! 看護師さんにおすすめの夜勤明けの過ごし方
No.31 目的別! 看護師さんにおすすめの夜勤明けの過ごし方

看護師さんによって、夜勤明けの時間を効率良く使いたい方もいれば、できるだけ体を癒したいという方もいます。ここでは、夜勤明けという看護師さんならではの時間を上手に過ごす方法を目的別に紹介しています。

続きを読む
夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り
No.49 夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り

夜勤シフトで働く場合、夜に勤務して日中に睡眠を取らなけらばならない日もあります。夜勤前後の明るい時間帯に眠る場合は夜間と比べてどうしても睡眠が浅くなりがち。そこで、日中でもぐっすり眠るための寝室環境づくりのポイントをお伝えします。

続きを読む
院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策
No.20 院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策

体の抵抗力の弱った患者さんが多い病院は、ノロウイルスなどの院内感染が起こりやすい環境です。また感染リスクが高いのは、患者さんだけじゃありません! 看護師も気を付けたい、ノロウイルス対策について解説していきます。

続きを読む
理想の職場を見つける
看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »