Registered nurse(レジスタードナース)略してナース|ナース専門 お悩み解決コラム ナースジョブ
  1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » Registered nurse(レジスタードナース)略してナース

No.299 Registered nurse(レジスタードナース)略してナース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまでは看護師という言葉が定着し、ナースという言葉はあまり聞かれなくなりました。これは男性看護師の増加と大きく関係があります。以前は看護婦などと呼ばれている時代が長く「婦」という言葉からも分かるように、当時は看護業務につく方の大半は女性でした。しかし、徐々に男性の看護師も増えてゆきました。1968年の保健婦助産婦看護婦法の改正後、男性看護師は「看護士」と呼ばれるようになり、女性は看護婦及びナース(略)と呼ばれていたようです。今回は、看護師までの名前の変遷について見てまいりましょう。

看護婦からナースまで

日本で広く長く呼ばれた言葉が看護婦です。医院や診療所・大規模病院などで医師の診療などをサポートし、病症者の世話をする女性を看護婦と呼び、看護婦国家試験に合格し厚生大臣から免許を受けて業務にあたっていました。

看護婦になる為の段階で准看護婦という資格もありその後、看護婦へと進む道もありました。また、これらの身分や業務は保健婦助産婦看護婦法に規定されており1968年の法改正により、男性も資格を取得出来るようになり男性は看護士・女性は看護婦で呼称が分けられていました。

2002年同法は保健師助産師看護師法と改称され看護婦は看護師・准看護婦も准看護師と呼ばれるようになり、男性看護士もこれにならい男性・女性とも看護師という呼称で統一されました。これには、昭和60年に成立した男女雇用均等法が大きくかかわっています。

ナースと呼ばれた時代は古く、その起源は中世ヨーロッパまで遡ります。また、このナースという言葉を世に広く広めたのは、かの有名なナイチン・ゲールではないでしょうか。

また、このナースという言葉はもともとはラテン語のnutricia(ニュートリキア)という言葉がやがてフランスを経て英語になりnurture(育てる)やnourish(養う)・nutrition(栄養)などの同系の言葉へと変わりその語源は「お乳を上げる人」という意味であったようです。

現代でも医師が看護師を指して呼称する場合は、まだナースと言う言葉は使われているようですが一般的に今では看護師という名前が定着したように思います、しかし高齢の方などはまだ看護婦さんとお呼びする事も珍しいものではありません。

ナースの略

ナースは英語での呼び方であるRegistered nurse(レジスタードナース)を日本語読みにするにあたり簡素化されナースと呼ばれるようになったものです。

しかし、ナースと呼ばれるのは日本でいう所の正看護師をさしており准看護師はLicensed practical nurse(ライセンスト・プラクティカル・ナース)という言葉が日本語に置き換わる際に准看護師となったものです。

この様にナースという言葉は、英語では単体としてあまり使用されることは少なく、hospital nurseなどという使い方をされるようです。日本では一般の人が看護師を指してナースと呼ぶことは少ないようですが、ナースコールなどは使われる言葉です。

■まとめ
ナースは何かの略語と言うよりも英語が簡素化され日本語になったものと言えます。しかし、このナースという言葉自体私達一般人はあまり使わないようです。しかし、テレビドラマなどでは割と頻繁に耳にするものです、今回はナースの由来について説明致しました。
カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員医療法人瑞穂会 介護老人保健施設みずほ倶楽部
大阪府 医療法人瑞穂会 介護老人保健施設みずほ倶楽部
施設高齢者施設
天王寺区にある介護老人保健施設♪アットホームな雰囲気がオススメ★
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市天王寺区清水谷町5-27
パート
(非常勤)
医療法人英皐会 石田クリニック
大阪府 医療法人英皐会 石田クリニック
施設クリニック
優しいスタッフばかり☆雰囲気が自慢のクリニック
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市住之江区新北島7-1-53
正社員いわた内科・耳鼻咽喉科クリニック
大阪府 いわた内科・耳鼻咽喉科クリニック
施設クリニック
【淀川区】残業少なめ☆クリニックにて正社員の看護職員の募集です!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市淀川区三津屋北1-36-6 神崎川クリニックモール2階

おすすめコラム

ある意味過酷なナースのシフト
No.308 ある意味過酷なナースのシフト

現職のナースの中には、現在の職場の環境が過酷であると感じていらっしゃる方は案外多いのかも知れません、確かにナースはシフト制の職場が多いのが現状です。今回はナースのシフトについて見てまいりましょう。

続きを読む
看護師は4年制大学OR専門学校のどちらを選ぶべきか?
No.106 看護師は4年制大学OR専門学校のどちらを選ぶべきか?

看護師を目指す場合、4年制大学か専門学校か迷うところではないでしょうか。4年生大学または専門学校を卒業した場合のメリット、デメリットについてお伝えしていきます。

続きを読む
看護師の結婚報告に最適なタイミングは?
No.23 看護師の結婚報告に最適なタイミングは?

看護師の結婚の報告は退職や名字の変更が伴う場合も多く、早めに行うのが一般的です。特に人手不足の現場が多いことから4カ月以上前が目安になり、遅れると職場に迷惑をかけてしまうこともあるのです。

続きを読む
ブランク看護師が復職までにやっておくと良いこと
No.80 ブランク看護師が復職までにやっておくと良いこと

ブランクのある看護師は、復職に不安を感じることも多いものです。復職後、スムーズに仕事になじんでいくためには、復職前の準備が肝心。あらかじめどんなことをやっておけば良いのかについてお伝えします。

続きを読む
救急医療の最前線「フライトナース」になるには
No.34 救急医療の最前線「フライトナース」になるには

ドクターヘリに乗り込み緊急医療の最前線を走る人気職種「フライトナース」。フライトナースになるには、どういった資格や能力が必要なのかについてご紹介します。

続きを読む
ナースの役職と働き方
No.293 ナースの役職と働き方

どの業界でもあるように、ナースの職場にも役職と呼ばれるものがあります。言い換えれば管理職とも言いますが、例えば看護師長や看護主任、大きな病院では更に看護部長と呼ばれる役職があります。今回はナースの役職について見てまいりましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »