1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースはいつから存在していたのか?ナースの由来と歴史

No.277 ナースはいつから存在していたのか?ナースの由来と歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースという言葉は、いつから使われるようになったのでしょうか。ナースの由来や歴史について簡単に解説します。現在、看護師の方やこれから看護師を目指す方など看護師の歴史について知りたい方必見です。

ナースとは

ナースは看護師と同じ意味の言葉です。近年は、看護師という言葉の方が多く使われています。ナースは患者さんの診察・診療・治療などを行っている医師の手伝いをし、患者さんの看病をする仕事です。患者さんとコミュニケーションを取りながら、心のケアも行っています。

ナースと看護師の由来

「nurse」(ナース)は、「病人を看病する」という意味の英語です。また、「乳母」と「保母」という意味もあります。「nurse」は「nutricia(ニュートリキア)」というラテン語が語源となっています。「nutricia」は「お乳をあげる人」という意味です。
「nurse」が「病人を看病する」という意味を含むようになったのは、16世紀後半の頃です。その後、18世紀頃から一般的に使われるようになりました。
日本では最初、「nurse」に看病人という意味が付けられていました。のちに看護人→看護婦→看護士へと変化していきました。2002年の法改正により看護師へ統一され、現在は、看護師という言葉が定着しています。時代の流れにより呼び方が変化しています。

ナースのはじまりと歴史

ナースのはじまりは、カトリック教で規律を守りながら共同生活をしていた修道院の方たちが関係しています。修道院の方たちが、病人の看病をしたことがナースのはじまりのきっかけです。
ナースが仕事中に被っている帽子(ナースキャップ)は、修道院の方たちが被っていたベールの名残です。
1854年、クリミア戦争にフローレンス・ナイチンゲールという1人の看護師が加わりました。争いにより傷を負った兵士たちに対し、フローレンス・ナイチンゲールは母親のように献身的に看病をしました。
この活躍により、彼女は「白衣の天使」と呼ばれるようになりました。その後、世界中に活躍が広まり、日本にも明治時代頃にこの活躍が伝わりました。この頃からナースの由来である「病人を看病する」という意味を持つようになります。
1885年、日本ではナースを育てるための教育カリキュラムが始まりました。当時の白衣は、筒のような袖の上着と襟が立っている上着の2種類がありました。下は、それぞれ裾の長いスカートを着用しており、現在の白衣とはかけ離れたデザインのものでした。
第二次世界大戦後、ワンピース風の白衣がようやく全国に普及するようになりました。それから長い年月を経て白衣は少しずつ改良を重ね、現在の白衣になりました。
また、ナースキャップは髪の毛への負担と衛生面の問題により、現在はほとんどの医療機関で着用しなくなりました。

■まとめ
今回は、ナースの由来と歴史についてご紹介しました。看護師には長い歴史があり、白衣や呼び方などは時代やニーズに合わせて少しずつ変化しています。看護師はいつの時代も献身的に看病をし、多くの人々を助けてきたことが歴史を見てもよく分かります。
カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員医療法人社団風林会 リゼクリニック心斎橋院
大阪府 医療法人社団風林会 リゼクリニック心斎橋院
施設クリニック
全国規模の美容皮膚科クリニック!女性だけでなく男性も活躍できる場です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市中央区南船場4-10-13 HUQUE Building 南船場 5F
正社員
非常勤
医療法人暁美会 田中病院
大阪府 医療法人暁美会 田中病院
施設病院
地域に密着したアットホームな雰囲気♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府堺市美原区黒山39-10
正社員医療法人一翠会 千里中央健診センター
大阪府 医療法人一翠会 千里中央健診センター
施設クリニック
大阪モノレール千里中央駅より徒歩5分圏内!健診のお仕事♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府豊中市新千里東町1-5-3千里朝日阪急ビル3階

おすすめコラム

ナースの腰痛対策を紹介
No.229 ナースの腰痛対策を紹介

会社員(OL等)や看護士に限らず、今や座る仕事をする方にとって避けて通れないのが腰痛です。このまま何もしないまま放置すると、業務中にぎっくり腰になるリスクが高くなる恐れがあります。今回は、ナースの方が行っている腰痛対策について紹介します。

続きを読む
看護師の休日はどれくらい?今の休日は多いOR少ない?
No.109 看護師の休日はどれくらい?今の休日は多いOR少ない?

看護師の休日はどれくらいが一般的なのでしょうか。看護師として働く場合、やりがい、お給料の他に休日も大きなアイテムの1つです。十分な休日をもらえていなかったという事が無い様に、休日についてのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師の必需品は?日々の仕事の効率化アイテムご紹介
No.108 看護師の必需品は?日々の仕事の効率化アイテムご紹介

看護師にとっての必需品はいくつかあります。日々の仕事をより効率化するために準備しておきたい必需品、必需品についていくつかご紹介していきます。

続きを読む
職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策
No.68 職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策

長時間立ちっぱなしで、重いものを動かすなど腰に負担がかかる作業も多い看護師には、腰痛に悩む人が多いものです。看護師が腰痛を引き起こしやすい原因と、心がけたい腰痛対策についてお伝えします。

続きを読む
看護師必見! 夜勤で太らないための食べ方のコツ
No.58 看護師必見! 夜勤で太らないための食べ方のコツ

看護師が夜勤で太ってしまう理由と、太らないために心がけたい「食べ方」のコツについてお伝えします。夜勤が多くて太りやすくなったとお悩みの看護師さんは参考にしてみてください。

続きを読む
看護師は万年人手不足 「有給休暇」をきっちり取得するには?
No.10 看護師は万年人手不足 「有給休暇」をきっちり取得するには?

看護師は慢性的な人手不足のため、有給休暇を消化できずに病院買取になるというケースが後を絶ちません。どのようにすれば自己都合に合わせて有給を取得できるのでしょうか?

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »