1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの残業〜実態と改善策について〜

No.252 ナースの残業〜実態と改善策について〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革関連法により労働基準法が改正されました。それによると月45時間・年360時間を超える残業は原則として禁止されることとなりました。(大企業2019年4月から・中小2020年4月から・医師は2024年3月まで施行猶予)では、ナースの残業の実態はどうなっているのでしょうか。また改善策についても紹介していきたいと思います。

残業の実態

ナースの時間外労働(残業)に関する調査結果(看護師白書2019年度版)

  • 残業なし・・・「13.2%」
  • 5時間未満・・・「25.9%」
  • 10時間未満・・・「18.6%」
  • 20時間未満・・・「18.3%」
  • 30時間未満・・・「10.1%」
  • 40時間未満・・・「5.6%」
  • 50時間未満・・・「4.2%」
  • 50時間以上・・・「4.1%」

この調査結果を見ると約6割は月10時間未満で、ほぼ定時に帰宅出来ている事が分かります。しかし一方で、時間外労働の上限規制ギリギリの残業があるところも存在します。ナースのような交代勤務の場合、月50時間を超えると過労死ラインだと言われています。

では、このような残業が出てしまう理由はなんなのでしょうか。

ナースの残業の主な理由

時間外労働の主な理由については「看護記録」が64.3%と最も多く、次いで「患者対応・診療補助」が54.3%となっています。さらに研修や会議、勉強会なども時間外に行われる事が多いと言えるでしょう。

残業を減らすための改善策

残業を減らすための対策として、役割分担の重要性と仕組みづくりについてご紹介していきます。

◎PNSの活用(パートナーシップ・ナーシング・システム)
PNSとは、2人1組のナースで複数の患者を受け持ち、お互いに補完する形で相乗効果を発揮し、責任と成果を共有するものとして開発された看護方式です。
PNSの活用例として「ペア同士で時差出勤し、スムーズな引き継ぎやスムーズな残務の受け渡しなどで残業時間を減らす事ができた」などが上げられます。
◎他職種との連携
介護士や事務職員、またフリー業務担当を配置する事で業務がスムーズになった事例もあります。
◎業務体制の見直し
出勤時間を固定し、前残業を減らす方法や朝の申し送り時間の調整、また、日勤帯に会議や研修を行う事で残業を減らせた例もあります。
■まとめ
ナースの残業実態を見ると、その6割はほとんど残業なしであるにも関わらず、過労死ラインギリギリのところも一定数存在します。そんな悲劇を起こさないためにも残業を減らす工夫を怠らず、地域の医療を守るためにも残業は減らして行きたいものです。
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
社会福祉法人 恩徳福祉会 介護老人保健施設 フェリーチェ吹田
大阪府 社会福祉法人 恩徳福祉会 介護老人保健施設 フェリーチェ吹田
施設高齢者施設
駅から徒歩5分以内です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府吹田市岸部南1-40-9
正社員株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン
大阪府 株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン
施設訪問看護
☆ 常日勤 ★ オンコール無 ☆ 精神科に特化した訪問看護ステーション ★
【募集職種:看護師】
大阪府大阪市城東区天王田10-30
正社員株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン岸和田
大阪府 株式会社N・フィールド 訪問看護ステーション デューン岸和田
施設訪問看護
☆ 常日勤 ★ オンコール無 ☆ 精神科に特化した訪問看護ステーション ★
【募集職種:看護師】
大阪府岸和田市宮本町29-15 第2遠籐ビル102号室

おすすめコラム

看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話
No.152 看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話

看護師は手洗いや消毒を何度も繰り返し、夜勤などもあり規則的な生活ができないのが原因で、手荒れで悩む方も多くいると思います。手荒れは手の皮脂が失われてしまうことにつながる、手洗い・水仕事・アルコール消毒が原因となって進行していきます。

続きを読む
看護師の現場 夜勤は嫌 病院勤務から訪問看護へ転職すれば楽?
No.119 看護師の現場 夜勤は嫌 病院勤務から訪問看護へ転職すれば楽?

看護師の仕事において、夜勤はつきものでありきついものです。夜勤のない訪問看護なら、夜勤のある病院勤務よりも楽に働くことはできるのでしょうか?訪問看護の現場での業務内容にもふれながら訪問看護現場についてお伝えします。

続きを読む
ナースのコロナ対応で注意すべき点
No.231 ナースのコロナ対応で注意すべき点

新型コロナウイルス感染拡大が一時的にピークを過ぎている状況であるとして、政府が発表していますが、秋・冬に訪れるであろう流行期に対する心構えも持っておく必要があります。ナースのコロナ対応で注意すべき点について紹介しましょう。

続きを読む
ナースのまとめ髪に一工夫
No.187 ナースのまとめ髪に一工夫

ナースの髪型に多く見られるまとめ髪は、清潔感を印象付ける身だしなみの一つです。しかし、毎日同じ髪型だと飽きてしまいます。たまには雰囲気を変えてみたいと思いませんか? ナースらしさを保ちながらできる髪型の一工夫について、見ていきましょう。

続きを読む
ナースの夜間業務で安全を確保するライト選び
No.220 ナースの夜間業務で安全を確保するライト選び

昼間に比べて、事故の危険性が高まる夜間勤務作業。患者さんが寝ている中、様子を伺わなければならないので、ライトは重要なアイテムとなります。では、夜間業務を遂行する上でライトを選ぶ際、どのようなポイントに気を付けて選ぶべきか見ていきましょう。

続きを読む
看護師の離婚は多い!? 知っておきたい原因4つ
No.62 看護師の離婚は多い!? 知っておきたい原因4つ

看護師は離婚しやすいと言われています。その原因と考えられるものを4つご紹介します。よくある離婚の原因を知って、結婚生活について考える参考になさってください。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »