1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの夜勤あるある話

No.248 ナースの夜勤あるある話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼勤務と夜勤務の2体制でお仕事をしているのがナースで、生活リズムは一般のOLさんと比べて異なっています。夜勤を1つ取って見ても、行動パターンなど昼とは違う一面を見せてくれるでしょう。今回は、ナースの夜勤あるある話を紹介しましょう。

食事パターン

腹が減っては戦ができぬと昔から言いますが、病院では夜食が支給される場合がありますが、それは食堂が常設している場合の話です。最近では、社員食堂を付けない代わりにコンビニエンスストアが内部に設置されているケースが大型の病院で増加傾向にあるため、お弁当やおにぎり、カップ麺などを購入してから食事するのが日常です。
しかし、看護師さんは病棟の入院患者さんを抱えている関係で、いつナースコールで呼び出されるかわからないだけでなく、急患や入院などといった予測できない事態も起こらないとは限らないため、食事時間が普通の人と比べ、出来るだけ早く食べてしまう方もいるほどです。
それ以外に挙げるとした場合、お菓子を食べる機会が増えているのもその1つです。個包装のタイプだとすぐに食べやすく、非常食的役割が強いため、まとまった休憩時間を確保するのが難しい場合でも、お腹が空いたらすぐに口にしてから勤務を継続するといった利点があるからです。
夜の仕事と言えば眠気との戦いが繰り広げられますが、対策としてコーヒーなどといったカフェインが強い飲み物を選ぶ方もいるほどです。しかし飲み続けると慣れてしまい徐々に効かなくなります。

夜勤に慣れない点

仕事中に眠くならないよう昼寝をして対策を取る方もいらっしゃいますが、前日は眠れなくなるといった話も聞くほどです。時間リズムを調整するのですが、体が言うことを全然聞いてくれない場合もあります。業務中の話になりますが、夜勤は午前5時頃の朝方に突然眠気が襲ってくるといった経験がある方もいるのではないでしょうか。この時間帯はなかなか慣れることが難しいです。

勤務明け

最後は、勤務明けのあるある話について紹介しましょう。まずは帰り道の話ですが、これから出勤する途中のサラリーマンやOLさんたちを見ながら、会社と逆方向の電車に乗って自宅へと帰り、これから睡眠時間だぞと小さな優越感に浸れます。
もう1つは平日の日中が自由に使える点です。会社員には有休を取らなければ無理な話ですが、休日と比べ空いていてランチタイムは値段的にも得する場合もあり、買い物の時も混雑などが少ないなどの利点も味わえます。
夜勤専属の話になりますが、肌の色が白くなりがちとなりますが、太陽の光を浴びる機会が少なくなっているためか、どうしても肌が弱くなるといった欠点が出てしまうため、紫外線対策として日焼け止めクリームを肌に塗るだけでなく、日傘やサングラスに手袋は通勤の際の必需品として持参している方もいるほどです。
最後に、生活リズムが昼型から夜型が当たり前になり、慣れていくうちに夜23時を過ぎても眠くなりにくい体が形成されていきます。休日になると遅くまで飲みに行く場合や明け方まで思い切り遊んでしまうといった、昼夜逆転の生活パターンになるのも夜勤あるあるといった具合です。

■まとめ
ナースのあるある話として夜勤でのパターンを紹介しましたが、昼とは違う一面を見せるだけでなく、仕事がいかにハードであるかを物語っていると共に昼夜逆転ゆえに夜にも強い体質になる方もいる傾向が見られるほどです。
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ看護師求人

正社員福岡県高齢者福祉生活協同組合 宅老所赤とんぼ
福岡県 福岡県高齢者福祉生活協同組合 宅老所赤とんぼ
施設高齢者施設
親切丁寧に教えてくれる環境なので安心して働けます。
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県遠賀郡水巻町頃末南1-12-3
正社員医療法人楽天堂 広橋病院
福岡県 医療法人楽天堂 広橋病院
施設病院
ママさんナースご活躍中♪車通勤可能で無料駐車場も完備しております♪
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県福岡市早良区東入部6-20-56
正社員
非常勤
有限会社月翔 きららデイサービスセンター
福岡県 有限会社月翔 きららデイサービスセンター
施設その他
障がい者を対象としたデイサービス、生活介護のお仕事です!
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県北九州市小倉南区若園1丁目3-2

おすすめコラム

夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?
No.77 夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?

夜勤の日の看護師はメイクしている時間が長く、肌への負担が大きくなりやすいものです。肌への負担を減らすための夜勤の日のメイクのポイントをお伝えします。

続きを読む
共働きの看護師が夫婦円満に過ごすためのコツ
No.64 共働きの看護師が夫婦円満に過ごすためのコツ

共働きする看護師が夫と円満にやっていくためのコツをお伝えします。共働きをしている看護師の方や復職を考えているという方、結婚後も看護師として仕事を続けたいという方は参考になさってください。

続きを読む
ナースが知っておくべき略語「NRS」の意味とは
No.264 ナースが知っておくべき略語「NRS」の意味とは

皆さんは、幅広い医療機関でよく使われている略語「NRS」の意味をご存じでしょうか。ナースを目指している方なら、是非覚えておくべき看護の知識です。この記事では、「NRS」の意味や使い方について説明していきます。

続きを読む
看護師の専門職~専門看護師の仕事とは?ポイントご紹介
No.124 看護師の専門職~専門看護師の仕事とは?ポイントご紹介

専門看護師はどんな仕事をする看護師のことなのでしょうか。専門看護師は看護のスペシャリストであるだけでなく、看護師の指導もしていく立場でありこれからの医療業界をけん引していく職種です。看護師の専門職である専門看護師についてお伝えします。

続きを読む
看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?
No.26 看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?

看護師に求められる「アドボケーター」としての役割。アドボケーターとは患者に代わり、患者の気持ちや疑問を医師や医療スタッフに代弁することです。ここでは、アドボケーターの概要や目的などについてご紹介します。

続きを読む
ナースの身だしなみ
No.199 ナースの身だしなみ

昔はナースと言いましたが、今は看護師という名称になったものの、患者さんと家族の方と接することが多いので、当然ながら身だしなみは重要視されています。今回は、ナースと身だしなみの関係について紹介します。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »