1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースが抱える悩み 〜看護師の感染症のリスク〜

No.202 ナースが抱える悩み 〜看護師の感染症のリスク〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、新型コロナウィルスの影響で多くの感染者が出ています。その中には医療スタッフの感染も確認されています。そんな不安の中、最前線で感染症と対峙する看護師の方にとって、今回の新型コロナの流行は悩みの1つとなっています。

医療従事者のリスク

通常、医師や看護師らは一日に何度もマスクを交換しますが、今回の新型コロナの世界的流行によってマスクや消毒液などが不足しました。ある病院では、使用できるマスクが週に1枚という制限があり、衛生上の問題を抱えることとなりました。
その他にも、ゴーグルや防護用ガウンなども不足し、医療関係者の感染が後を絶たない状況が続いています。

〇患者の急増
現在新型コロナの感染が日本国内でも次々と発生しており、感染者が病院などを受診したり入院する可能性が高まっています。それによって、同じ病室の患者さんや対応する医師や看護師に感染のリスクが高まっているのです。

〇院内感染
各地でマスクや消毒液などが不足しているなか、院内感染による医療従事者の感染が報告されています。海外では感染拡大によって患者が爆発的に急増、医療機関のキャパがオーバーし医療崩壊を起こす事態に発展したケースも・・・。

感染症リスクの悩み

今回の感染症は現時点で有効性が証明された治療法がなく、まだ拡大する傾向にあると言われています。自分や家族への感染リスクに不安を抱えながらお仕事を続けている看護師にとって、心の葛藤や悩みは尽きないことでしょう。

今できること

発熱のある患者さんに対応する際には、常時マスクを着用し消毒などを徹底しましょう。
「擦式アルコール⼿指消毒薬」は新型コロナウイルスの消毒にも有効と言われています。

マスクは隙間などができないように、適切な着用を心がけましょう。
感染が確認された場合には、他者と接触しないように場所を確保して診断します。対応するスタッフは施設の基準に応じて個⼈防護具を適切に着⽤してください。聴診器や⾎圧計・体温計等の器材は抗ウイルス作⽤のあるアルコールなどで清拭消毒を⾏います。

ウイルスは気道分泌物だけでなく、糞便からも分離されます。そのため、感染者が使⽤したトイレの便座なども消毒するようにしましょう。 定期的な換気も重要です。

〇個人でできること
健康状態のモニタリング1日2回以上の体温測定や咽頭痛・咳・呼吸苦などの呼吸器症状があるかどうか確認しましょう。

曝露カテゴリー【高 もしくは 中リスク】

高濃度の呼吸器分泌物や心肺蘇生・挿管・ 抜管・気管支鏡・ネブライザー治療・喀痰誘導等のエアロゾルを作り出す可能性がある処置を行ったり、処置をしていた部屋に滞在した医療スタッフは、積極的モニタリングを行う必要があります。

■まとめ

感染対策上の観点から最後の曝露の後、 14日間は業務から外れるなど就業制限等を含めた対応を優先する必要があります。毎日の自己モニタリングや勤め先と連絡を取り合っていきましょう。医療現場を支えている医師や看護師をはじめ、関係者の皆さまに感謝申し上げます。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
医療法人社団 エステル 桑園オリーブ皮膚科クリニック
北海道 医療法人社団 エステル 桑園オリーブ皮膚科クリニック
施設クリニック
桑園駅から徒歩1分の好立地!院内は明るい雰囲気でとてもきれいです♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市中央区北11条西15丁目2-1 サンエーアインビル3F
正社員みゆき皮フ科クリニック
北海道 みゆき皮フ科クリニック
施設クリニック
日勤のみ♪プライベートと仕事が両立しやすいお仕事です!!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市中央区北1条西24-4-1東光ストア円山店5F
正社員医療法人社団 履信会 さっぽろ下手稲通整形外科
北海道 医療法人社団 履信会 さっぽろ下手稲通整形外科
施設クリニック
希少!人気の整形外科クリニック外来常日勤求人です♪
【募集職種:看護師】
北海道札幌市手稲区前田5条12丁目13-35

おすすめコラム

看護師の休日はどれくらい?今の休日は多いOR少ない?
No.109 看護師の休日はどれくらい?今の休日は多いOR少ない?

看護師の休日はどれくらいが一般的なのでしょうか。看護師として働く場合、やりがい、お給料の他に休日も大きなアイテムの1つです。十分な休日をもらえていなかったという事が無い様に、休日についてのポイントをお伝えします。

続きを読む
忙しい看護師さん必見! 自宅でできる簡単リラックス法
No.95 忙しい看護師さん必見! 自宅でできる簡単リラックス法

看護師の仕事はやりがいを感じられる素敵な仕事ではあるものの、勤務時間が不規則だったり仕事の責任が重かったりという一面があります。そこで、多忙な看護師が日常生活に簡単に取り入れられるリラックス法をご紹介いたします。

続きを読む
夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り
No.49 夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り

夜勤シフトで働く場合、夜に勤務して日中に睡眠を取らなけらばならない日もあります。夜勤前後の明るい時間帯に眠る場合は夜間と比べてどうしても睡眠が浅くなりがち。そこで、日中でもぐっすり眠るための寝室環境づくりのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師の定番スタイル!お団子ヘアの作り方とコツ
No.86 看護師の定番スタイル!お団子ヘアの作り方とコツ

看護師の定番ヘアスタイルともいえるお団子ヘア。なんとなく決まらなかったり崩れやすかったりというお悩みをお持ちではないでしょうか? 改めて見直しておきたいお団子ヘアの基本の作り方と、崩れにくくするためのコツなどについてお伝えします。

続きを読む
ナースのスケジュールとは? 夜勤の勤務体制は?
No.188 ナースのスケジュールとは? 夜勤の勤務体制は?

病院などで勤めているナース(看護師)の勤務体制は、主に日勤・夜勤があります。シフトを組む場合、看護師は勤務時間がバラバラかつ不規則になります。今回は、夜勤で労働する際のスケジュールを、調べていきたいと思います。

続きを読む
ブランクがあっても大丈夫? 看護師が復職するポイント
No.24 ブランクがあっても大丈夫? 看護師が復職するポイント

結婚や出産でブランクを抱える看護師は多く、復職への悩みを抱えがちです。しかし、深刻な看護師不足からブランクありの看護師を歓迎する医療機関は増えており、充実した研修制度で迎え入れてくれるケースもあるのです。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »