1. »
  2. »

No.155 胸ポケットにボールペンを入れると危険?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者さんの様子を観察してバイタルチェックや処置などを行う際、記録するためにボールペンは必需品ですが、看護師をよく見ているとメモ帳でなく手の甲などに数値などや特記事項などを記録する人が多くみられ、ほかの職種の方も同様にしている場面をよく目にします。
ただ、ボールペンをポケットに入れていることで、危険な事故につながることをご存知でしょうか。今回は一見なんでもないようなボールペンが、危険な行為につながることについて検証してみましょう。

ボールペンが事故につながる原因

つい何気なく胸ポケットにさしているボールペンやペンライトですが、病院や介護施設ではベッドや車椅子から移乗行為をする場合があります。

腰を低くかがめて患者さんを起こしたり持ち上げたりする時、胸のボールペンが患者さんの顔の部分の特に目などに触れた場合は、事故に繋がる危険性があります。
そのような時は、運よく事故にならずに済んでも「ヒヤッ」とした経験は誰でもあることでしょう。

ほとんどの病院や介護施設では、看護師をはじめ介護士やほかの専門職の方でも、腰の当たりのポケットやズボンのポケットにボールペンを入れて仕事をしているものです。それが基本なので統一されていることが多いのです。

基本を忘れない

ボールペンを胸ポケットに入れないことは、患者さんを介助するうえで重要なことです。それが事故につながった場合は「つい、うっかり」では、済まされないことでしょう。日頃から意識して習慣化するようにすることが重要です。

最近の看護師のユニホームには、胸ポケットがついてないものが主流です。また、胸のネームプレートもつけているとボールペン同様、患者さんの顔面を傷つけてしまう可能性があるため刺繡をしていることも多くなりました。
しかし、まだ胸ポケットのついたユニホームを使用している病院や介護施設が存在します。個人では決められないことですが出来るだけ胸ポケットのないものを使用するよう提案するとよいでしょう。

私の体験談から

私の経験でもありますが、お年寄りの肌は皮膚が薄く少し触れただけで傷つきやすくなっています。車椅子からベッドへの移乗の際、時計をしていて剥離をさせたことがあります。
それ以来時計は、ズボンの後ろポケットにしまうことにしました。

そのほかにも気を付けたいこと

看護師の必需品の中に、手首の橈骨動脈で脈拍とる時などに利用する、秒針付きの時計が欠かせません。最近は懐中時計をポケットにしまうのを心がけて、皆で意識を共有している看護の現場も多く見られます。良い習慣はどんどん業務に取り入れていくとよいでしょう。

爪の長さにも気を付けよう

患者さんに触れる機会が多い看護師は、爪の長さにも気を付けましょう。清潔を保つために爪の長さは、3㎜以下に保つのが理想です。

■まとめ

いかがでしたか?看護師とボールペンについてみてきましたが、統計や事例では「ヒヤリハット」が10例あると1つの事故が発生するとのことです。
患者さんの安心安全な看護をするために初心に戻り、日々の看護業務の中で「このくらいは大したことではない」と自己判断せずに、「ヒヤリ」としたことを皆で共有し対策を考えて事故予防につなげることが重要と考えます。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
グッドライフ株式会社 グッドライフハウス東町
広島県 グッドライフ株式会社 グッドライフハウス東町
施設高齢者施設
働き易い環境でパート勤務♪子育て中の方にもおすすめです。
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県福山市東町1丁目4-24
正社員
非常勤
医療法人尚医会 友兼整形外科
広島県 医療法人尚医会 友兼整形外科
施設クリニック
東広島市高屋町の貴重なクリニック常勤求人♪日勤外来のみ♪
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県東広島市高屋町杵原1771-1
正社員株式会社ライフアシスト 介護付有料老人ホーム えんじゅ王子
広島県 株式会社ライフアシスト 介護付有料老人ホーム えんじゅ王子
施設高齢者施設
施設はとても綺麗で、笑顔と温かさに満ちた施設作りをしています
【募集職種:看護師】
広島県福山市王子町2丁目7番16号

おすすめコラム

ストレスがたまると危険~看護師の人間関係って難しい?
No.125 ストレスがたまると危険~看護師の人間関係って難しい?

看護師の人間関係は、女性が多い職場なのでピリピリしているというイメージを持つ方もおられます。しかし、ポイントを押さえれば、女性の多い職場でも大丈夫です。看護師のいい人間関係を保つ秘訣をお伝えします。

続きを読む
看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと
No.6 看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと

看護師は心身ともにハードな職場であり、勤務体制もさまざまなため、仕事と育児の両立が難しい職種です。しかし、それでも育児と両立させるにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

続きを読む
看護師の深刻な職業病とは「腰痛」にあります
No.144 看護師の深刻な職業病とは「腰痛」にあります

看護師の仕事の場合「患者さんの生命に関わる仕事」という意識があり、「腰痛は職業病」だと割り切って無理をしてしまう傾向がありますので、腰痛の実態は深刻だといえます。

続きを読む
看護師の結婚報告に最適なタイミングは?
No.23 看護師の結婚報告に最適なタイミングは?

看護師の結婚の報告は退職や名字の変更が伴う場合も多く、早めに行うのが一般的です。特に人手不足の現場が多いことから4カ月以上前が目安になり、遅れると職場に迷惑をかけてしまうこともあるのです。

続きを読む
食べるだけで爽快?ストレス解消おすすめ食べ物7選
No.16 食べるだけで爽快?ストレス解消おすすめ食べ物7選

何かとストレスの溜まる看護師の仕事。ストレスで疲れてしまった看護師さんに向けて、食べるだけでストレス解消に効果がある、おすすめの食べ物を7つご紹介していきます。これを食べてストレス解消に取り組みましょう。

続きを読む
日々の溜まったストレスを筋トレなどで解消しよう!!
No.166 日々の溜まったストレスを筋トレなどで解消しよう!!

皆さんは、ストレスに対しどういう風に向き合ってますか?否が応でも心と体に溜まってしまうものですので、今回はその解消方法や、どれだけの量をどれだけの時間行えば良いかなどを解りやすくひもといて行きましょう。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »