1. »
  2. »

No.109 看護師の休日はどれくらい?今の休日は多いOR少ない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の休日はどれくらいが一般的なのでしょうか。
看護師として働く場合、やりがい、お給料の他に休日も大きなアイテムの1つです。
十分な休日をもらえていなかったという事が無い様に、休日についてのポイントをお伝えします。

看護師の年間休日はどれくらい?

病院によっては、1週間に4~8日とばらつきがあるようです。しかし、1週間に4日しか休日を取ることが出来ない場合、お給料へは反映されているかも知れませんが、多く働き過ぎていることも。

過労死はあってはならないことですが、看護師という仕事で過労死の可能性がある働き方をしている人は2万人以上にも及ぶと言われています。
有給休暇などの休日を十分にとれる環境でないことは大いなる問題です。

上司から有給休暇を取りすぎてはいけないと言われていないか?

忙しい職場の場合、有給休暇を取得する看護師に対して厳しい扱いをしたり、有給休暇を取得できたりするのは忌引きの時だけなど働きにくい環境をつくっていることがあります。しかし、それは労働基準法ではあってはならないことになります。

その職場で6か月以上働いており、出勤率も8割以上。それなのに有給休暇を10日付与してもらっていない。

この場合、労働基準法違反になりますので、有給休暇を取得し消化することができそうです。また、このように有給休暇は増えていきます。

  • 勤務期間が1年半:11日
  • 勤務期間が2年半:12日
  • 勤務期間が3年半:14日
  • 勤務期間が4年半:16日
  • 勤務期間が5年半:18日
  • 勤務期間が6年半:20日

看護師が上司に有給休暇の取得を希望した場合、拒否することは労働基準法違反になります。
有給休暇を完全に消化しているという理由で不当な扱いを受ける場合、転職も考えていくことをおすすめします。
看護師に特化した人材紹介サイトなら、有給休暇など休日の取りやすい職場にコンサルタントの協力のもと、転職することもできるかも知れません。

夜勤のある職場~1週間で40時間以上働いていないか?

2交代制の場合、日勤は8時間以上働いていないかのチェック、夜勤は16時間以上1勤務で働いていないかのチェックが必要です。
また、1カ月で40時間以上働いてしまっている場合も要注意です。
夜勤なら72時間以上にならないようにする工夫も必要です。
休日の取得の他に、労働時間についても過労にならないような働き方をするのがポイントです。

退職時も有給休暇を完全に消化できる?

転職を考えた場合、退職日までの期間に有給休暇をすべて消化できます。
例えば入社から8年勤務している人について、退職までの直近の3年間については一度も有給休暇を使っていないとします。
6年半以上なので、1年あたり20日の有給休暇が残っているので60日分を消化できると思いがちです。
しかし、2年以上の有給休暇の未消化分はカウントされないので、最大40日となるようです。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
医療法人 薫風会 佐野病院 (夜勤パート)
兵庫県 医療法人 薫風会 佐野病院 (夜勤パート)
施設病院
がん治療で有名な佐野病院! メディア取材も多数! 先進医療の現場でスキルアップ可能です。
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市垂水区清水が丘2-5-1
正社員
非常勤
医療法人社団修和会 介護老人保健施設カトレア六甲
兵庫県 医療法人社団修和会 介護老人保健施設カトレア六甲
施設高齢者施設
年齢の制限がないので、希望する年齢まで働けます!!
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市北区唐櫃台4丁目39-1
正社員
非常勤
医療法人社団 甲有会 カネディアンヒル介護老人保健施設
兵庫県 医療法人社団 甲有会 カネディアンヒル介護老人保健施設
施設高齢者施設
☆☆とても綺麗な施設です☆☆
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市灘区長峰台2-3-1

おすすめコラム

増える男性看護師の力
No.153 増える男性看護師の力

女性のお仕事の1つと思われていた看護師が、今では男性も数多く活躍するお仕事になってきていて、年々増えているような感じをさせています。今回はなぜ看護師というお仕事に男性が参加したのか、その理由について調べていきたいと思います。

続きを読む
看護師のストレスは高い?原因や解消法ご紹介
No.129 看護師のストレスは高い?原因や解消法ご紹介

女性なら一度は憧れる看護師の仕事。しかし、白衣の天使と呼ばれる一方で看護師はストレスがたまりやすい仕事だと言われています。なぜ看護師の仕事がストレスフルなのか、ストレスの原因や解消法にもふれながらお伝えしていきます。

続きを読む
看護師の深刻な職業病とは「腰痛」にあります
No.144 看護師の深刻な職業病とは「腰痛」にあります

看護師の仕事の場合「患者さんの生命に関わる仕事」という意識があり、「腰痛は職業病」だと割り切って無理をしてしまう傾向がありますので、腰痛の実態は深刻だといえます。

続きを読む
やりがい実感!! 看護師の魅力
No.134 やりがい実感!! 看護師の魅力

看護師の仕事というのは、決して楽なものでないことは、皆さんよくご存じでしょう。にもかかわらず、看護師を目指す人は決して少なくありません。なぜ看護師という職業は、こんなにも人を引き付けるのか、その魅力を探ってみましょう。

続きを読む
看護師の通勤時間~おすすめの時間はどれくらい?
No.127 看護師の通勤時間~おすすめの時間はどれくらい?

看護師の通勤時間はどれくらいがいいのでしょうか。希望の病院へ就職、転職したいからと通勤時間を2時間などに設定すると大変なことになります。看護師の通勤時間についてのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師で働くこと~夜勤で働く魅力~
No.164 看護師で働くこと~夜勤で働く魅力~

看護師や介護士の仕事に就くとついてくるのが、夜勤の勤務です。夜勤はきつくて大変ですよね。でも、夜勤に就くことで良いこともたくさんあります。今回は、夜勤の魅力についてみていきましょう。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »