1. »
  2. »

No.109 看護師の休日はどれくらい?今の休日は多いOR少ない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の休日はどれくらいが一般的なのでしょうか。
看護師として働く場合、やりがい、お給料の他に休日も大きなアイテムの1つです。
十分な休日をもらえていなかったという事が無い様に、休日についてのポイントをお伝えします。

看護師の年間休日はどれくらい?

病院によっては、1週間に4~8日とばらつきがあるようです。しかし、1週間に4日しか休日を取ることが出来ない場合、お給料へは反映されているかも知れませんが、多く働き過ぎていることも。

過労死はあってはならないことですが、看護師という仕事で過労死の可能性がある働き方をしている人は2万人以上にも及ぶと言われています。
有給休暇などの休日を十分にとれる環境でないことは大いなる問題です。

上司から有給休暇を取りすぎてはいけないと言われていないか?

忙しい職場の場合、有給休暇を取得する看護師に対して厳しい扱いをしたり、有給休暇を取得できたりするのは忌引きの時だけなど働きにくい環境をつくっていることがあります。しかし、それは労働基準法ではあってはならないことになります。

その職場で6か月以上働いており、出勤率も8割以上。それなのに有給休暇を10日付与してもらっていない。

この場合、労働基準法違反になりますので、有給休暇を取得し消化することができそうです。また、このように有給休暇は増えていきます。

  • 勤務期間が1年半:11日
  • 勤務期間が2年半:12日
  • 勤務期間が3年半:14日
  • 勤務期間が4年半:16日
  • 勤務期間が5年半:18日
  • 勤務期間が6年半:20日

看護師が上司に有給休暇の取得を希望した場合、拒否することは労働基準法違反になります。
有給休暇を完全に消化しているという理由で不当な扱いを受ける場合、転職も考えていくことをおすすめします。
看護師に特化した人材紹介サイトなら、有給休暇など休日の取りやすい職場にコンサルタントの協力のもと、転職することもできるかも知れません。

夜勤のある職場~1週間で40時間以上働いていないか?

2交代制の場合、日勤は8時間以上働いていないかのチェック、夜勤は16時間以上1勤務で働いていないかのチェックが必要です。
また、1カ月で40時間以上働いてしまっている場合も要注意です。
夜勤なら72時間以上にならないようにする工夫も必要です。
休日の取得の他に、労働時間についても過労にならないような働き方をするのがポイントです。

退職時も有給休暇を完全に消化できる?

転職を考えた場合、退職日までの期間に有給休暇をすべて消化できます。
例えば入社から8年勤務している人について、退職までの直近の3年間については一度も有給休暇を使っていないとします。
6年半以上なので、1年あたり20日の有給休暇が残っているので60日分を消化できると思いがちです。
しかし、2年以上の有給休暇の未消化分はカウントされないので、最大40日となるようです。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員社会医療法人社団  カレス サッポロ 時計台記念病院
北海道 社会医療法人社団 カレス サッポロ 時計台記念病院
施設病院
地域の皆様に一貫性のある良質かつ安全な医療を提供することを目指しています。
【募集職種:看護師】
北海道札幌市中央区北1条東1丁目
パート
(非常勤)
株式会社 アクティブケア デイサービスセンターみのり北野
北海道 株式会社 アクティブケア デイサービスセンターみのり北野
施設その他
専属の栄養士がいます!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市清田区北野7条5丁目12番46号
パート
(非常勤)
内科・消化器内科 Kクリニック
北海道 内科・消化器内科 Kクリニック
施設クリニック
オープンから3年目★ピカピカのクリニックです!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市西区発寒六条9-2-15ニッセ宮の沢2F

おすすめコラム

職場でイライラしてしまったときの対処法4つ
No.101 職場でイライラしてしまったときの対処法4つ

看護師の仕事はなにかとストレスがたまりやすいものです。職場でイライラしてしまうことが多いという方もいると思います。ここでは、職場でイライラしたときにできる、簡単なイライラ解消法を4つご紹介します。

続きを読む
欠かせない存在! 部署の統括をする看護師長の役割とは
No.32 欠かせない存在! 部署の統括をする看護師長の役割とは

看護師長は、多くの看護師の上に立ち、多岐に渡る重要な役割を果たす必要があります。看護師長を目指すには必要なスキルを身に付けなければいけません。ここでは、看護師長の役割や、看護師長を目指すために必要なスキルについて紹介しています。

続きを読む
看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ
No.96 看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ

スポーツジムに通うことは、運動不足を解消し、健康を促進するばかりではなく、記憶力の向上や、ストレス解消など、看護師が仕事をする上で役立つさまざまなメリットがあるのです。運動がもたらす効果と、続けるコツを紹介します。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »