1. »
  2. »

No.9 意外と多い「患者さんからのセクハラ」に悩んだ時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療の現場にはさまざまな問題が散逸しています。
一般人は看護師に対して「白衣の天使」というイメージを抱きがちです。
確かに、身体が弱りきった患者からしてみれば看護師は救世主のようなものです。
ある意味正しい表現とも言えますが、「白衣の天使」もまた人間です。
患者さんからの接触が行き過ぎてセクハラになるケースも少なくありません。

担当する患者さんから不快な言葉を掛けられたり身体を触られたりしても、看護師としてはケア対象である患者さんになかなか強く注意できないものです。
また、注意しても行状が改善されないなど、深刻な悩みに発展する可能性も考慮する必要があります。

セクハラの放置は看護師にとっても、患者さんにとっても不利益しかもたらしませんので、セクハラへの対抗策を事前に準備しておくようにしましょう。

セクハラ対策はまず状況分析から始まる

まず、セクハラを受けたら状況を確認してください。
患者さんが他のナースにもセクハラしているのか、それとも対象を限定してセクハラしているのか。
これを確認したうえで、セクハラがあったこと、どのような状況でどのようなセクハラをされたのか、周囲と情報共有を行います。

■ 上司に相談する
セクハラを受けて、誰に相談していいか迷った時にはまず上司に相談します。
先輩、あるいは看護師長に打ち明け、当該患者さんの担当から外してもらいましょう。
■ 同僚と情報共有する
同僚に向けて、当該患者さんのケアを単独で行うとセクハラの可能性があることと、その対応としてのケア体制の見直しを提案しましょう。

悪質な患者さんに対しては強制退院も可能です。
セクハラは我慢すればするほど状況を悪化させますので、「これはセクハラだろうか?」と思った時には迷わず誰かに相談することをおすすめします。

セクハラにあいやすい看護師とは

残念に思われるかもしれませんが、看護師の中にはセクハラにあいやすいタイプが存在します。
一般的には他人との衝突を避けるために選択するごく普通の平和的な態度であっても、入院病棟という特殊な空間ではそれがセクハラを増長させる危険があるのだと認識しておく必要があるでしょう。

不快な言動も笑って受け流したり、不快感を押し殺してしまったり、嫌なことでもついつい我慢してしまったりと、自分が引いて場を取りなす態度が、セクハラ患者さんに対しては危険です。
嫌なことをされたら毅然と意思表示するように心がけてください。
患者さんと看護師のかかわりは通常の条件ではありません。
患者さんの「甘え」を受け入れれば望まない関係に巻き込まれるリスクを生むのだという意識が必要です。

もちろん、セクハラとは無縁な患者さんもたくさんいます。
最初から壁を作ってコミュニケーションを避ける必要はありません。
相手を見極める目を磨いて、セクハラを上手に避けられるようになっていただきたいと思います。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
福岡県高齢者福祉生活協同組合  宅老所原さん家
福岡県 福岡県高齢者福祉生活協同組合  宅老所原さん家
施設高齢者施設
マイカー通勤可!バス通勤にも便利な立地です。
【募集職種:看護師】
福岡県福岡市早良区原7丁目17-16
正社員
非常勤
さいつこどもクリニック
福岡県 さいつこどもクリニック
施設クリニック
地域の小児医療に貢献したい方にオススメのクリニックです!
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県春日市星見ヶ丘2-45
正社員医療法人社団豊泉会 丸山病院
福岡県 医療法人社団豊泉会 丸山病院
施設病院
地域に根ざし、慢性期医療に特化した病院です♪ママさんナース多数活躍中!
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県小郡市山隈273-11

おすすめコラム

夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?
No.77 夜勤の日のメイク、肌への負担を軽くするには?

夜勤の日の看護師はメイクしている時間が長く、肌への負担が大きくなりやすいものです。肌への負担を減らすための夜勤の日のメイクのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?
No.26 看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?

看護師に求められる「アドボケーター」としての役割。アドボケーターとは患者に代わり、患者の気持ちや疑問を医師や医療スタッフに代弁することです。ここでは、アドボケーターの概要や目的などについてご紹介します。

続きを読む
看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと
No.6 看護師として働きながら育児を両立させるために必要なこと

看護師は心身ともにハードな職場であり、勤務体制もさまざまなため、仕事と育児の両立が難しい職種です。しかし、それでも育児と両立させるにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか?

続きを読む
欠かせない存在! 部署の統括をする看護師長の役割とは
No.32 欠かせない存在! 部署の統括をする看護師長の役割とは

看護師長は、多くの看護師の上に立ち、多岐に渡る重要な役割を果たす必要があります。看護師長を目指すには必要なスキルを身に付けなければいけません。ここでは、看護師長の役割や、看護師長を目指すために必要なスキルについて紹介しています。

続きを読む
目的別! 看護師さんにおすすめの夜勤明けの過ごし方
No.31 目的別! 看護師さんにおすすめの夜勤明けの過ごし方

看護師さんによって、夜勤明けの時間を効率良く使いたい方もいれば、できるだけ体を癒したいという方もいます。ここでは、夜勤明けという看護師さんならではの時間を上手に過ごす方法を目的別に紹介しています。

続きを読む
入学できたけれど~看護師の国家試験の難易度は?
No.120 入学できたけれど~看護師の国家試験の難易度は?

看護師になるためには、大学受験、看護専門学校の入学試験の後さらに、国家資格である看護師の資格を取るための看護師の国家試験に合格しなければなりません。看護師の国家試験の難易度についてお伝えします。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »