1. »
  2. »

No.65 キレイをキープ! 看護師のためのメイク崩れ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務時間が長く、勤務中は常に忙しく動き回っている看護師にとって、勤務中の「メイク崩れ」は悩ましい問題ですね。
特に気温や湿度が高まるこれからの季節は、汗や皮脂の影響でメイクが崩れやすくなるシーズンです。
出勤前にしっかりとキレイにメイクしたつもりでも、仕事が終わる頃にはメイクが崩れたり落ちたりしてすっかりお疲れ顔に……。
そんな困ったメイク崩れを防ぐためにできる対策についてお伝えします。

メイク前のスキンケアが重要!

メイク崩れ対策というと崩れにくいメイク方法にばかり注目しがちですが、実はメイクを始める前のスキンケアが、メイクの持ちを良くするための重要なカギとなります。
メイク崩れの主な原因は、肌から分泌される皮脂と汗です。
特に、皮脂の分泌が過剰になるとファンデーションのヨレやポイントメイクのにじみが生じる原因に。
皮脂は本来、肌の内側の水分を守るための天然のクリームです。
肌が乾燥していると、それ以上の乾燥を防ぐために皮脂の分泌が高まります。
気温が高くなるこれからの季節でも美容液や乳液をきちんと使ってしっかりと肌のうるおいを保つスキンケアをおこなうことで、過剰な皮脂分泌を防いでメイクが崩れにくくなる効果が期待できます。

ベースメイクは時間をかけて丁寧に

日勤でも夜勤でも、出勤前というのはどうしてもバタバタと準備に忙しくなりがちです。
メイクにかける時間をできるだけ短くして手早く済ませたいという方も多いのではないでしょうか?
特に、基礎化粧品から化粧下地、ファンデーションのベースメイクの工程は、ポイントメイクと比べて時間をかけたときとの違いが分かりづらいため、短時間でサッと済ませてしまいがち。
でも、これがメイク崩れの大きな原因になります。
化粧水を塗ってすぐに乳液、さらに化粧下地を塗って、まだ乾かない状態のままファンデーションを塗る……といった具合では、ベースメイクの肌への定着が悪く、崩れやすいメイクになってしまいます。
できれば1工程ごとに少し時間を置いてなじませてから次の工程へ進むよう、時間をかけて丁寧なベース作りを心がけましょう。
季節や肌質に合わせた基礎化粧品やファンデーションを選んで使うことや、コンシーラーを活用してファンデーションの厚塗りを避けることも大切です。

ポイントメイクはナチュラルに

看護師の勤務中のメイクは、基本的にナチュラルメイクでしょう。
あまり派手な色づかいや濃すぎるアイメイクなどは仕事の場面にはふさわしくありません。
また、濃いメイクほど時間の経過によって崩れが目立ちやすくなるものです。
ブラウンやベージュ系のシャドウなど、自然な色味のアイテムを選んで、厚付きになりすぎないよう自然に仕上げるのがメイク崩れも目立たなくするコツです。
汗や皮脂で落ちにくいタイプのアイテムや、仕上げのコート用のスプレーなどを上手に活用するのもポイント。
ただし、こうしたアイテムは落としづらいので専用のクレンジング剤などで丁寧に落とすことを意識しましょう。

メイク崩れを防ぐために心がけたい対策をご紹介しました。
ぜひ参考にして、出勤前のキレイを仕事中ずっとキープできるメイクに挑戦してみてくださいね。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
医療法人社団 高田耳鼻咽喉科
広島県 医療法人社団 高田耳鼻咽喉科
施設クリニック
正社員・パート、働き方相談可能!!残業ほとんどなしのクリニックの外来業務です!!
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県府中市元町446-8
パート
(非常勤)
医療法人社団慶広会 野島内科医院
広島県 医療法人社団慶広会 野島内科医院
施設クリニック
午前のみの募集のため、お子様がいる方も安心して働けます!
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市佐伯区五日市2-9-4
正社員
非常勤
株式会社 ドエル ファミーユ祇園 有料老人ホーム
広島県 株式会社 ドエル ファミーユ祇園 有料老人ホーム
施設高齢者施設
利便性が高い地域にある有料老人ホーム!若い看護師さんも活躍中です!
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市安佐南区祇園2-5-15

おすすめコラム

そんな理由で!? 思わずイラっとするナースコールあるある
No.39 そんな理由で!? 思わずイラっとするナースコールあるある

患者さんと看護師をつなぐナースコール。中には「そんなことで!?」と言いたくなるような理由でナースコールを押す方もいてイラッとしてしまうこともあるものです。そんな思わずイラッとしてしまう「ナースコールあるある」を集めてみました!

続きを読む
看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介
No.111 看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介

看護師はこれから売り手市場になると言われており、需要も伸びていくことが予測されます。理由は高齢化社会による在宅療養が主流になるからです。一方、在宅療養で働く場合のデメリットもあげながら、看護師がおすすめ職であることについてお伝えします。

続きを読む
夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り
No.49 夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り

夜勤シフトで働く場合、夜に勤務して日中に睡眠を取らなけらばならない日もあります。夜勤前後の明るい時間帯に眠る場合は夜間と比べてどうしても睡眠が浅くなりがち。そこで、日中でもぐっすり眠るための寝室環境づくりのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師はリスクが高い!? 薄毛・抜け毛を防ぐヘアケア
No.69 看護師はリスクが高い!? 薄毛・抜け毛を防ぐヘアケア

女性の薄毛の要因にはさまざまなものがありますが、看護師の仕事は薄毛のリスクが高いと言えます。看護師が薄毛になりやすい原因と、髪を守るためのヘアケア方法について知っておきましょう。

続きを読む
イキイキとした瞳をキープ!「目元ケア」のポイント
No.75 イキイキとした瞳をキープ!「目元ケア」のポイント

多忙なうえに夜勤もある看護師の仕事。仕事での睡眠不足や疲れの影響が現れやすいのが、目元です。若々しくハリのある目元を保つために心がけたい、目元ケアのポイントを押さえておきましょう。

続きを読む
看護師の現場 夜勤は嫌 病院勤務から訪問看護へ転職すれば楽?
No.119 看護師の現場 夜勤は嫌 病院勤務から訪問看護へ転職すれば楽?

看護師の仕事において、夜勤はつきものでありきついものです。夜勤のない訪問看護なら、夜勤のある病院勤務よりも楽に働くことはできるのでしょうか?訪問看護の現場での業務内容にもふれながら訪問看護現場についてお伝えします。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »