1. »
  2. »

No.65 キレイをキープ! 看護師のためのメイク崩れ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務時間が長く、勤務中は常に忙しく動き回っている看護師にとって、勤務中の「メイク崩れ」は悩ましい問題ですね。
特に気温や湿度が高まるこれからの季節は、汗や皮脂の影響でメイクが崩れやすくなるシーズンです。
出勤前にしっかりとキレイにメイクしたつもりでも、仕事が終わる頃にはメイクが崩れたり落ちたりしてすっかりお疲れ顔に……。
そんな困ったメイク崩れを防ぐためにできる対策についてお伝えします。

メイク前のスキンケアが重要!

メイク崩れ対策というと崩れにくいメイク方法にばかり注目しがちですが、実はメイクを始める前のスキンケアが、メイクの持ちを良くするための重要なカギとなります。
メイク崩れの主な原因は、肌から分泌される皮脂と汗です。
特に、皮脂の分泌が過剰になるとファンデーションのヨレやポイントメイクのにじみが生じる原因に。
皮脂は本来、肌の内側の水分を守るための天然のクリームです。
肌が乾燥していると、それ以上の乾燥を防ぐために皮脂の分泌が高まります。
気温が高くなるこれからの季節でも美容液や乳液をきちんと使ってしっかりと肌のうるおいを保つスキンケアをおこなうことで、過剰な皮脂分泌を防いでメイクが崩れにくくなる効果が期待できます。

ベースメイクは時間をかけて丁寧に

日勤でも夜勤でも、出勤前というのはどうしてもバタバタと準備に忙しくなりがちです。
メイクにかける時間をできるだけ短くして手早く済ませたいという方も多いのではないでしょうか?
特に、基礎化粧品から化粧下地、ファンデーションのベースメイクの工程は、ポイントメイクと比べて時間をかけたときとの違いが分かりづらいため、短時間でサッと済ませてしまいがち。
でも、これがメイク崩れの大きな原因になります。
化粧水を塗ってすぐに乳液、さらに化粧下地を塗って、まだ乾かない状態のままファンデーションを塗る……といった具合では、ベースメイクの肌への定着が悪く、崩れやすいメイクになってしまいます。
できれば1工程ごとに少し時間を置いてなじませてから次の工程へ進むよう、時間をかけて丁寧なベース作りを心がけましょう。
季節や肌質に合わせた基礎化粧品やファンデーションを選んで使うことや、コンシーラーを活用してファンデーションの厚塗りを避けることも大切です。

ポイントメイクはナチュラルに

看護師の勤務中のメイクは、基本的にナチュラルメイクでしょう。
あまり派手な色づかいや濃すぎるアイメイクなどは仕事の場面にはふさわしくありません。
また、濃いメイクほど時間の経過によって崩れが目立ちやすくなるものです。
ブラウンやベージュ系のシャドウなど、自然な色味のアイテムを選んで、厚付きになりすぎないよう自然に仕上げるのがメイク崩れも目立たなくするコツです。
汗や皮脂で落ちにくいタイプのアイテムや、仕上げのコート用のスプレーなどを上手に活用するのもポイント。
ただし、こうしたアイテムは落としづらいので専用のクレンジング剤などで丁寧に落とすことを意識しましょう。

メイク崩れを防ぐために心がけたい対策をご紹介しました。
ぜひ参考にして、出勤前のキレイを仕事中ずっとキープできるメイクに挑戦してみてくださいね。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ求人

正社員
非常勤
株式会社リエゾン パールビュー星が丘
兵庫県 株式会社リエゾン パールビュー星が丘
施設高齢者施設
「有意義なシニアライフのサポートで地域貢献を目指す」高齢者施設求人★
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市垂水区星が丘1丁目1-31
正社員
非常勤
株式会社セラピット  リベロスタジオ リハ・リハ
兵庫県 株式会社セラピット  リベロスタジオ リハ・リハ
施設その他
新しいリハビリの形を探究した活気あふれる企業♪
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市須磨区白川台3丁目61番地アニモン白川1F
正社員
非常勤
有限会社パール訪問看護センター パールデイサービスセンター
兵庫県 有限会社パール訪問看護センター パールデイサービスセンター
施設その他
医療型デイサービス!!やりがいのあるお仕事です☆
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市垂水区本多聞2丁目33-18

おすすめコラム

患者さんとの信頼関係のために看護師が心がけるべきこと
No.45 患者さんとの信頼関係のために看護師が心がけるべきこと

さまざまな患者さんがいる中、あまり良い関係が築けないこともあるものです。患者さんと良好な関係を築くために、看護師としてどのようなことを心がけるべきなのでしょうか。3つのポイントをご紹介します。

続きを読む
病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策
No.71 病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策

紫外線量が年間でもピークになる夏。看護師は基本的に室内勤務ですが、室内でも紫外線対策は必要です。その理由と看護師が意識したい紫外線対策についてお伝えします。

続きを読む
未然に防ぐには? 看護師の「インシデント」傾向と対策
No.43 未然に防ぐには? 看護師の「インシデント」傾向と対策

誰にでもミスはあるものですが、看護師のミスは一つ間違えば重大な医療事故につながりかねません。看護師として知っておきたい、医療現場でのインシデントの事例や予防対策についてお伝えします。

続きを読む
理想の職場を見つける
看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »