1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策

No.20 院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノロウイルスは非常に感染力の強い病気ですが、今のところ抗ウイルス剤が作られていません。
一度感染すると嘔吐や下痢を和らげるといった対処療法をするしかないのです。
もちろん病院で働く看護師にも移ります。
看護師が院内感染を広めることがないように、ノロウイルスなどの院内感染を防ぐ対策を常日頃から意識していきましょう。

ノロウイルスの症状とピーク時期

ノロウイルスは、軽い発熱とともに「吐き気」「嘔吐」「下痢」「腹痛」などの胃腸症状を引き起こします。
抵抗力の弱い子供や高齢者を中心に、毎年12月前後をピークとして多くの感染者が出るのですが、この病気で何より怖いのが集団感染です。
体力の落ちた患者が多く共同で生活をする病院で一旦発生すると、あっという間にパンデミックが起こってしまうので注意が必要です。

院内感染を防ぐ! ノロ対策7つの方法

院内感染は、いつどこで起こるか把握することはできません。
病院で過ごす患者さんは看護師に生活の全てを依存しています。
自分で感染を防止することはできませんから、看護師であるあなただけが頼りなのです。
看護師が感染防止の方法を常に頭に入れておいて、油断せずに対策をとることでノロウイルスの拡散を防止しましょう。

・患者さんが吐いてリネンやカーペットなどを汚してしまった場合は、すぐに洗浄・消毒をしましょう。
・食べ終わった食器はこまめに片付け、しっかり消毒しましょう。
・ドアノブや手すりなど、人の手の触れる場所はこまめに消毒をしましょう。
・嘔吐や下痢の処理をするときは、使い捨てのエプロンや手袋・マスクを必ず着用しましょう。
・病室のドアは絶えず開放せず、できるだけ閉めておきましょう。
・病室に出入りする前後には手を消毒しましょう。
・患者さんだけでなく、介助人の手洗い消毒も徹底しましょう。

病棟の患者さんがノロウイルスに感染した場合にはできるだけ感染を広げないため、感染源となり得る患者さんが棟外に出ないように指導をすることも大事です。
リハビリは病室で、入浴は個室での清拭などに変更していくこととなります。
また面会の制限も必要です。

患者さんにとって、行動を制限されることは大きな負担になります。
理解が得られるようきちんと説明することを心掛け、不安に捉われがちな患者さんの心のケアに努めましょう。

院内感染を防いで健康を守りましょう

ノロウイルスなどの病気に感染しないためにも、また感染を広げないためにも看護師だけでなく病院スタッフに対する研修は定期的に行ってください。
看護師にとって、必要な知識や予防意識をブラッシュアップすることも必要です。
病院は患者さんが病気を治す施設ではありますが「病院なら何があっても治してもらえる」という安心感から、患者さんの感染予防意識が低い傾向があります。
院内感染が起きるリスクは常につきまといますが、正しい知識と予防意識を持っていれば、怖くはないです。
病気から身を守るプロの看護師として常に油断せず、患者さんや自分に対して適切な感染対策の処置を行って、みんなの健康を守っていきましょう。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員社会医療法人榮昌会 吉田病院 附属脳血管研究所
兵庫県 社会医療法人榮昌会 吉田病院 附属脳血管研究所
施設病院
2012年度 新病棟(回復期リハビリテーション)を新設します!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市兵庫区大開通9-2-6
正社員医療法人社団一功会 介護老人保健施設フェニックス長田キュアセンター
兵庫県 医療法人社団一功会 介護老人保健施設フェニックス長田キュアセンター
施設高齢者施設
神戸市長田区の介護老人保健施設にて看護師さんの求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市長田区林山町4-22
正社員医療法人 薫風会 佐野病院
兵庫県 医療法人 薫風会 佐野病院
施設病院
がん治療で有名な佐野病院! メディア取材も多数! 先進医療の現場でスキルアップ可能です。
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市垂水区清水が丘2-5-1

おすすめコラム

女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら
No.137 女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら

夜勤や不規則な勤務、ストレスや仕事の疲れで「ホルモンバランスが乱れている?」と感じたことはないですか? ホルモンバランスが乱れてしまうと様々な症状が現れてしまいます。 今回はそんなホルモンバランスについてご紹介しましょう。

続きを読む
ナースが現場で気を付けたい「コロナ対策〜具体例〜」
No.239 ナースが現場で気を付けたい「コロナ対策〜具体例〜」

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっています。医療現場で働くナースは人一倍、感染症対策をしなくてはなりません。今回の記事では、コロナ対策の具体例を挙げていきます。

続きを読む
スキルアップしたい看護師にオススメの資格5選
No.4 スキルアップしたい看護師にオススメの資格5選

80種類以上ある看護師に関する資格の中で、スキルアップに繋がりやすい資格はどれなのでしょうか。このページでは現役の看護師から人気を集めている資格を5つ紹介しています。

続きを読む
医療現場におけるナースの立ち回り方について
No.249 医療現場におけるナースの立ち回り方について

患者さんの健康維持や傷病回復を目的として職務に当たる医療従事者。その範疇に属するナース(看護師)には、どのような姿勢で仕事に臨むことが求められているのでしょうか。看護師に相応しい医療現場での立ち回り方について考えていきたいと思います。

続きを読む
ブランク看護師が復職までにやっておくと良いこと
No.80 ブランク看護師が復職までにやっておくと良いこと

ブランクのある看護師は、復職に不安を感じることも多いものです。復職後、スムーズに仕事になじんでいくためには、復職前の準備が肝心。あらかじめどんなことをやっておけば良いのかについてお伝えします。

続きを読む
ナースの腰痛に関するニュース
No.189 ナースの腰痛に関するニュース

ナース(看護師)にとって腰痛は職業病とも言われ、厚生労働省の調査結果では5割〜7割の看護師が腰痛に悩まされていると言われています。今回、「腰痛診療ガイドライン2019」が7年ぶりに改定になりました。その内容について紹介していきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »