1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 看護師の定番スタイル!お団子ヘアの作り方とコツ

No.86 看護師の定番スタイル!お団子ヘアの作り方とコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すっきりと清潔感があって作業の邪魔にもならないお団子ヘアは、看護師の定番ヘアスタイル。
出勤前に髪をきりっとお団子にまとめると身も心も引き締まるものです。
しかし、多くの看護師が選ぶスタイルだからこそ、意外と人によって差がつきやすいのがお団子ヘアです。
「自己流で手早くまとめられるようになったけど、なんとなく決まらない」「時間が経つとだんだん崩れてきてしまう」などと感じている方も多いのでは?
ここでは、改めて見直しておきたいお団子ヘアの基本の作り方と、崩れにくくするためのコツなどについてお伝えします。

基本のお団子ヘアの作り方とポイント

スタイリング剤をなじませ、お団子の位置に髪をまとめる。
Point!
まとめやすくするために、セット力のあるワックスを選ぶのがコツです。
手のひらに伸ばしてから、生え際になじませます。
その後、ブラシを使って髪を一束にまとめます。
お団子を作る位置は、あごの先と耳の上端を結ぶラインの延長線上がきれいですが、襟足の髪の長さなどに応じて少し低めの位置にしても良いでしょう。
まとめた髪をヘアゴムで結ぶ。
Point!
頭を少し後ろに傾けながらゴムで結びます。
きつめに結ぶことで崩れにくくなるはずです。
毛束を二つに分けて引っ張るとたるみが取れてしっかりと固定されます。
毛束をねじりながら結び目に巻きつける。
Point!
左手で結び目を押さえながら、右手で毛束をねじって巻きつけていきます。
一周したらくずれないようにおだんごを右手で支え、毛先を左手に持ち替えましょう。
アメピンでお団子を固定する。
Point!
しっかり固定したお団子ヘアを作るなら、ヘアピンはUピンではなくアメピン(ごく一般的な波型のヘアピン)を使うのがおすすめです。
毛先を隠すように3~4か所をアメピンで固定しましょう。
アメピンは波打っている側を頭皮側に向けて使うことで崩れにくくなります。
スタイリング剤で仕上げる。

Point!
表面に再びワックスを伸ばして、短い毛を押さえましょう。
最後にハードスプレーを使って固定するとさらに崩れにくいお団子ヘアになります。
最後にネットをかぶせるのもおすすめです。

基本的なお団子ヘアの作り方と、それぞれの手順でのポイントをご紹介しました。
毎日お団子にしているという方でも、意外と知らないポイントがあったのではないでしょうか。
基本的なお団子ヘアをしっかりとキープできるようになったら、ポイントを押さえつつアレンジしてみるのもおすすめです。
勤務中もずっとキレイな髪型をキープできるよう、自分なりのコツを身に着けてくださいね。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員社会福祉法人天寿会 介護老人保健施設ホットスプリング美原
大阪府 社会福祉法人天寿会 介護老人保健施設ホットスプリング美原
施設高齢者施設
堺市美原区にある介護老人保健施設です♪マイカー通勤可能★
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府堺市美原区菅生903番地3
正社員
非常勤
社会福祉法人百丈山合掌会 特別養護老人ホーム合掌荘
大阪府 社会福祉法人百丈山合掌会 特別養護老人ホーム合掌荘
施設高齢者施設
施設内の診療所でのお仕事!自然あふれるゆったりした特養です☆
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府寝屋川市成田東が丘28番7号
正社員医療法人 風早会 外科野崎病院
大阪府 医療法人 風早会 外科野崎病院
施設病院
給与高め、お休みも多め★
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市東成区深江南2-20-15

おすすめコラム

ナースの手洗いに対する認識と阻害要因
No.214 ナースの手洗いに対する認識と阻害要因

感染症対策が叫ばれる社会情勢の中、ナースの手洗いに対する認識は当然の事と思います。単なる手洗いとは言えない状況において、自分を守る事が周りの人の安全を守っています。今一度、ナースの手洗いに対する認識と阻害要因について確認しましょう。

続きを読む
増える男性看護師の力
No.153 増える男性看護師の力

女性のお仕事の1つと思われていた看護師が、今では男性も数多く活躍するお仕事になってきていて、年々増えているような感じをさせています。今回はなぜ看護師というお仕事に男性が参加したのか、その理由について調べていきたいと思います。

続きを読む
院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策
No.20 院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策

体の抵抗力の弱った患者さんが多い病院は、ノロウイルスなどの院内感染が起こりやすい環境です。また感染リスクが高いのは、患者さんだけじゃありません! 看護師も気を付けたい、ノロウイルス対策について解説していきます。

続きを読む
夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り
No.49 夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り

夜勤シフトで働く場合、夜に勤務して日中に睡眠を取らなけらばならない日もあります。夜勤前後の明るい時間帯に眠る場合は夜間と比べてどうしても睡眠が浅くなりがち。そこで、日中でもぐっすり眠るための寝室環境づくりのポイントをお伝えします。

続きを読む
どうやって伝える? 難聴患者さんへのケアポイントとは?
No.27 どうやって伝える? 難聴患者さんへのケアポイントとは?

看護師は難聴の症状を抱える患者さんと接する機会も多いものです。難聴患者さんのケアポイントとは?難聴患者さんに接する場合にはどのような点に気をつけてコミュニケーションを取ったら良いのでしょうか?

続きを読む
病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策
No.71 病棟にいても気を抜かないで! 看護師の紫外線対策

紫外線量が年間でもピークになる夏。看護師は基本的に室内勤務ですが、室内でも紫外線対策は必要です。その理由と看護師が意識したい紫外線対策についてお伝えします。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »