1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースウェアから見る歴史

No.254 ナースウェアから見る歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースは、正式に看護師として医療現場で活躍しています。しかし、それはウェアと呼ばれる制服が歴史を物語っています。患者さんと接するドクターの他、ナースも医療での第一線に立って様々な病気に立ち向かいながらも、看病などで活躍しています。

白衣が語る歴史

ヨーロッパでは中世以降、病人の看護に宗教界が関わるようになりました。丈の長い服を身に着けた尼僧がその役割を担い、後世の看護服においてもその影響が残ることとなります。
19世紀に入ると看護活動は、フローレンス・ナイチンゲールによる戦争負傷者への献身的対応などを代表に、評価すべきものとして注目され始めます。それを契機に看護の重要性が再認識され、世界に広がる流れとなりました。
それに合わせて、ナースの服装もより機能的な形へと変化します。
白色エプロン、帽子(のちのナースキャップで、採用当時は大きいもの)、シューズには白いブーツ(ショート)といった様相が主流となりました。尼僧が着用していた長い服から長袖こそ残りましたが、黎明期の頃と比べて動きやすくなったと言えるでしょう。
この時点で看護師のためのユニフォームの概念が生まれ、これから発展していく医療やナースの歴史と共に歩んでいくこととなります。

第2次世界大戦まで

ナースの制服としての歴史は、1920年代になっても前述の制服と基本的な変化は見られませんでしたが、スカートだけは例外でした。
ロングだと動きにくくなるため、長さはふくらはぎの丈までに短縮されました。
1940年代になると、第2次世界大戦の影響がナースの服装にも現れるようになります。アメリカの海軍病院では、全般的に看護師の制服が黒に統一され、スカートは膝丈まで短くなり、靴は通常の革靴に変更されました。
日本における看護の歴史に視点を移してみましょう。
看護師育成教育が日本に導入されたのは1885年。初期の看護師の平常着には、筒袖の上着と袴に近い長さのスカートという洋装が用いられました。
その後、1937年には看護士を救護要員として戦場に送り出すため、看護活動の組織化が図られます。これに併せ、制服もワンピース風に変更されました。

戦後から現在へ

世界大戦終息後、社会が回復していくのに伴い、女性の社会進出を伴う権利などが確立されていく風潮となっていきます。病院の内部では、従来の制服では動きにくいなどの問題点が見直され、袖とスカート丈が短いタイプが主流となりました。
日本では、環境衛生法や保健衛生法が制定され、白衣は常に清潔なものを着用することが義務付けられることとなります。デザインに関しては、袖とスカートの丈を短くし、ナースキャップは小型化され、白衣は綿100%のものを使用するようになりました。
自動洗濯機が販売されるようになると、ナース服も洗濯が容易にできる素材へと変化していきます。
1990年前後辺りになると、ワンピーススタイルに代わる新たなナース服として、スクラブ生地を使用したタイプが普及していきます。上着がVネックでパンツ(いわゆるズボン)スタイルや色の種類を増やすなど機能的にも向上しました。
なお、ナースキャップに関しては使用を取りやめる病院が増えています。

■まとめ
ナースの制服の歴史は、医療現場における看護の歴史を象徴するものと言えます。今後も、看護業務に期待されるニーズの多様化に伴い、それらに適応する形状へと変化していくことでしょう。
カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員株式会社オストジャパングループ オストケア訪問看護しろいし
北海道 株式会社オストジャパングループ オストケア訪問看護しろいし
施設訪問看護
札幌市白石区にある事業所で正社員の訪問看護職員の募集です♪
【募集職種:看護師】
北海道札幌市白石区平和通1丁目南2-3
正社員
非常勤
アースサポート株式会社  アースサポート新札幌
北海道 アースサポート株式会社  アースサポート新札幌
施設その他
未経験者歓迎!育児休暇実績もあり、子育てとの両立が可能な職場です。
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市厚別区厚別中央三条5丁目7番23号
正社員医療法人社団  稜歩会 神戸神奈川アイクリニック 札幌院
北海道 医療法人社団 稜歩会 神戸神奈川アイクリニック 札幌院
施設クリニック
やりがいを持ち、専門性の高いスキルや経験ができる環境で一緒に働きませんか?
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市中央区南1条西4-20-5 札幌エスワンビル3F

おすすめコラム

ナースの強い味方、病院で扱う便利な備品
No.225 ナースの強い味方、病院で扱う便利な備品

病院で働くナースが扱う備品は、医療機器や薬品類、処置に必要なあらゆる備品が存在しています。他にも感染対策の備品も必要とされています。備品の紹介をしながら看護師個人が必要となる備品について紹介しましょう。

続きを読む
ストレス解消に「掃除」が効果的って本当?
No.84 ストレス解消に「掃除」が効果的って本当?

看護師の仕事はストレスが溜まりやすいものです。ストレス解消法にはいろいろありますが、部屋の「掃除」が効果的だということをご存知でしょうか。掃除がストレス解消に役立つ理由についてお伝えします。

続きを読む
転職先で馴染めるかが不安?スムーズに病院に馴染む方法
No.11 転職先で馴染めるかが不安?スムーズに病院に馴染む方法

看護師は転職のしやすい専門性の高い職種の一つです。しかし、病院になじめずに悩んでいる人も少なくありません。ここでは、転職先の病院にスムーズに馴染むためのポイントを紹介いたします。

続きを読む
ナースに保険は必要か?
No.288 ナースに保険は必要か?

ヒヤリ・ハット事例は、医師より看護師の報告が圧倒的に多い事をご存知でしょうか。医療の世界は、常に危険と隣り合わせです。自分の身を守るためにナースにも保険が必要です。今回は医療の現場で活用するナースの保険について見ていきましょう。

続きを読む
清潔感のある身だしなみでナースとしての好印象と信頼を得る
No.212 清潔感のある身だしなみでナースとしての好印象と信頼を得る

ナースは服務規律で身だしなみが細かく定められ、服装、髪型、化粧、爪など守るべき決まりごとを設けているところもあるようです。清潔感と好印象により、患者さんから信頼を寄せられるためにできる、ナースの身だしなみについて調べていきましょう。

続きを読む
ナースドラマと実際の現場の相違点
No.266 ナースドラマと実際の現場の相違点

ナースへの転職または志している方の中には、ドラマから影響を受けたという人も多いでしょう。ここでは、ナースドラマと実際の現場を比較し「ここはちょっと違うんだけどな」という点を指摘した上で、就労に関する参考にしていただければと思います。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »