1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースウェアから見る歴史

No.254 ナースウェアから見る歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースは、正式に看護師として医療現場で活躍しています。しかし、それはウェアと呼ばれる制服が歴史を物語っています。患者さんと接するドクターの他、ナースも医療での第一線に立って様々な病気に立ち向かいながらも、看病などで活躍しています。

白衣が語る歴史

ヨーロッパでは中世以降、病人の看護に宗教界が関わるようになりました。丈の長い服を身に着けた尼僧がその役割を担い、後世の看護服においてもその影響が残ることとなります。
19世紀に入ると看護活動は、フローレンス・ナイチンゲールによる戦争負傷者への献身的対応などを代表に、評価すべきものとして注目され始めます。それを契機に看護の重要性が再認識され、世界に広がる流れとなりました。
それに合わせて、ナースの服装もより機能的な形へと変化します。
白色エプロン、帽子(のちのナースキャップで、採用当時は大きいもの)、シューズには白いブーツ(ショート)といった様相が主流となりました。尼僧が着用していた長い服から長袖こそ残りましたが、黎明期の頃と比べて動きやすくなったと言えるでしょう。
この時点で看護師のためのユニフォームの概念が生まれ、これから発展していく医療やナースの歴史と共に歩んでいくこととなります。

第2次世界大戦まで

ナースの制服としての歴史は、1920年代になっても前述の制服と基本的な変化は見られませんでしたが、スカートだけは例外でした。
ロングだと動きにくくなるため、長さはふくらはぎの丈までに短縮されました。
1940年代になると、第2次世界大戦の影響がナースの服装にも現れるようになります。アメリカの海軍病院では、全般的に看護師の制服が黒に統一され、スカートは膝丈まで短くなり、靴は通常の革靴に変更されました。
日本における看護の歴史に視点を移してみましょう。
看護師育成教育が日本に導入されたのは1885年。初期の看護師の平常着には、筒袖の上着と袴に近い長さのスカートという洋装が用いられました。
その後、1937年には看護士を救護要員として戦場に送り出すため、看護活動の組織化が図られます。これに併せ、制服もワンピース風に変更されました。

戦後から現在へ

世界大戦終息後、社会が回復していくのに伴い、女性の社会進出を伴う権利などが確立されていく風潮となっていきます。病院の内部では、従来の制服では動きにくいなどの問題点が見直され、袖とスカート丈が短いタイプが主流となりました。
日本では、環境衛生法や保健衛生法が制定され、白衣は常に清潔なものを着用することが義務付けられることとなります。デザインに関しては、袖とスカートの丈を短くし、ナースキャップは小型化され、白衣は綿100%のものを使用するようになりました。
自動洗濯機が販売されるようになると、ナース服も洗濯が容易にできる素材へと変化していきます。
1990年前後辺りになると、ワンピーススタイルに代わる新たなナース服として、スクラブ生地を使用したタイプが普及していきます。上着がVネックでパンツ(いわゆるズボン)スタイルや色の種類を増やすなど機能的にも向上しました。
なお、ナースキャップに関しては使用を取りやめる病院が増えています。

■まとめ
ナースの制服の歴史は、医療現場における看護の歴史を象徴するものと言えます。今後も、看護業務に期待されるニーズの多様化に伴い、それらに適応する形状へと変化していくことでしょう。
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員社会福祉法人やすらぎ福祉会 特別養護老人福祉施設 梅香園
兵庫県 社会福祉法人やすらぎ福祉会 特別養護老人福祉施設 梅香園
施設高齢者施設
アットホームな環境♪
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市北区山田町小部字南山2-35
パート
(非常勤)
有限会社ライフ 介護付有料老人ホーム ハーモニアス谷上
兵庫県 有限会社ライフ 介護付有料老人ホーム ハーモニアス谷上
施設高齢者施設
【週4日勤務の方☆扶養内も相談可能☆】綺麗な有料老人ホームでの仕事です!!
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市北区谷上南町15-10
正社員医療法人社団 偕生会 偕生病院
兵庫県 医療法人社団 偕生会 偕生病院
施設病院
神戸市西区の一般病院★託児所有り!ママさんナースにもオススメ!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市西区持子3-2-2

おすすめコラム

看護師のプロ意識はどんな時に表れるのか?感動の例をご紹介
No.104 看護師のプロ意識はどんな時に表れるのか?感動の例をご紹介

看護師のプロ意識はどんな時に発揮されるものなのでしょうか。患者様や周囲の方々による看護師のプロ意識を感じた瞬間などを紹介しながら看護師のプロ意識のポイントについてお伝えします。

続きを読む
目指せほっそり脚! 看護師のむくみ対策4つ
No.70 目指せほっそり脚! 看護師のむくみ対策4つ

立ち仕事の多い看護師は足がむくみやすく、慢性的な足のむくみに悩む人も多いものです。看護師が足のむくみを予防、改善するために心がけたい方法などを取り上げてご紹介します。

続きを読む
ストレスをためたくない!
~夜勤の看護師が持つべき必需品~
No.147 ストレスをためたくない! ~夜勤の看護師が持つべき必需品~

看護師に夜勤はつきもの...。しかも、昼夜逆転によって眠れなくなったりストレスもたまりやすい。  今回はそんなつらい夜勤に癒しをくれるアイテムや「"コレ"を持っていて良かった」と言えるようなアイテムをご紹介します。

続きを読む
「ナース」の語源から見たその役割について
No.261 「ナース」の語源から見たその役割について

看護師を意味する言葉として一般的に普及している「ナース」ですが、その語源を辿ると、ナースの役割の本質的な部分が見えてきます。この記事では「ナース」の語源に触れ、歴史的な背景を紹介しつつ、その本質について迫っていきます。

続きを読む
ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について
No.198 ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について

看護師業界において、残業は当たり前のように行われています。実際の勤務以外でも勤務に時間を費やし、ストレスを感じている方も多いようです。この記事では、病院に勤務しているナースの残業事情や、対策について見ていきたいと思います。

続きを読む
看護師の仕事のストレス限界解決法
No.174 看護師の仕事のストレス限界解決法

看護師は、同僚や先輩とスムーズなコミュニケーションが求められ的確に対応しなければいけないことが多くあります。今回は、看護の現場でストレスの要因となるコミュニケーションの問題を取り上げまとめましたので、一緒にみていきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »