1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » こんなに大切!ナースの仮眠の重要性

No.235 こんなに大切!ナースの仮眠の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者を24時間サポートする医療現場ではどうしても必要なこと、それは夜勤です。また同時に夜勤は、医療現場で働く者にとってはどうしてもきついと感じられる事の多い形態でもあります。今回は(特に夜勤中の)仮眠の重要性とちょっとしたコツを解説します。

夜中に眠くなるのには理由がある

人間の身体は約24時間のリズム(サーカディアンリズム=生体リズムを表すおよそ1日の事)を繰り返しています。
このリズムの働きにより、深夜になると人の深部体温は低下し、自然と眠くなります。夜勤は、この自然なリズムに逆らう行為である為、きついと感じる人が多いようです。

では、どうするべきか?

夜勤時のきつさを軽減するには、どうすれば良いのでしょうか?それは、前述のサーカディアンリズムに沿って、最も体温が下がる時間帯に仮眠を取る事です。時間の目安は60分間〜120分間です。
サーカディアンリズムに沿って体温が下がる時間帯とは、22時〜翌朝6時の間です。その中でも最も仮眠を取ると効果的と言われているのが、深夜3時〜6時の間です。この時間に取る60分間の仮眠効果は、日中に取る180分間の睡眠に匹敵すると言われています。

仮眠を取るのに必要な設備

仮眠を取る為に最も理想的なのは、仮眠用の個室を設ける事です。しかし、仮眠専用個室が必要数用意されている職場は稀なようです。
個室が確保出来ない場合は、どうしたら良いのでしょうか?仮眠を取る為には、最低でも人が横になり、寝返りを打てるだけのスペースが必要です。個室が確保出来ない場合は、カーテン等で仕切られたスペースにベッドを置く事が考えられます。

それすらも確保出来ない場合は、どうなるでしょうか?個室も無く、カーテンで仕切られたベッドも無い場合には、休憩室のソファー等で仮眠を取る事が考えられます。睡眠の質は、個室やベッドに比べてどうしても劣ってしまう事が考えられますが、仮眠が取れないよりはずっと良いです。枕やクッションなどを用意して、少しでもリラックス出来るように心がけましょう。

良質の仮眠を取る為に気を付けたい事

より良い仮眠を取る為には、仮眠を取る場所だけでなく、仮眠前の食事内容も重要です。特に気を付ける点としては、脂っこい物・刺激の強い物・ハイカロリーな物は避け、仮眠の3時間前までには食事を終えるようにしましょう。

■まとめ

夜勤は、体感的にきついと感じる人が多く、その理由は先に述べた通りですが、職場によっては8時間ではなく、16時間勤務といった長時間勤務の所もあります。
法律上は、1週間の労働時間が40時間を超えていなければ問題ない為、もちろん違法ではないのですが、適度な仮眠を取る事は、働く本人にとってだけでなく、職場環境全体に良い効果をもたらします。仕事の質と安全性を向上させる為にも、是非、職場に仮眠を取る環境を整備しましょう。

カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
医療法人社団 あんざい整形外科クリニック
北海道 医療法人社団 あんざい整形外科クリニック
施設クリニック
地下鉄駅から徒歩1分!整形外科クリニックでの外来求人です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市東区北四十二条東16丁目1-1 N42メディカルビル2F
正社員
非常勤
株式会社KandO 桜のいえ4号棟
北海道 株式会社KandO 桜のいえ4号棟
施設高齢者施設
正職員&パートどちらも相談可!グループホーム勤務のオススメ求人です☆
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市南区藤野4条3丁目13-31
正社員社会福祉法人ノテ福祉会 小規模多機能型居宅介護 ノテ本通南
北海道 社会福祉法人ノテ福祉会 小規模多機能型居宅介護 ノテ本通南
施設高齢者施設
白石区にある施設で正社員の看護師の募集です♪日勤のみ、残業少なめ◎
【募集職種:看護師】
北海道札幌市白石区本通9丁目南5-18

おすすめコラム

ナースの仕事内容は忙しい!思い描く理想像を忘れずに!
No.246 ナースの仕事内容は忙しい!思い描く理想像を忘れずに!

看護師は、病院や診療所、医療機関、福祉関連施設などで傷病者の診療補助や療養観察と世話を行います。人を看ると言われる看護師として医師と連携して患者の生命と生活を支えています。

続きを読む
看護師の疲労を撃退!職場でできるリフレッシュ方法
No.1 看護師の疲労を撃退!職場でできるリフレッシュ方法

看護師として働いている皆さんは、仕事中疲れが溜まったときにどんなリフレッシ方法を実践していますか?このページでは誰もが実践できる「仕事中のリフレッシュ方法」について紹介しています。

続きを読む
【疑問】ナースの仕事内容の違い
No.284 【疑問】ナースの仕事内容の違い

ナースが活躍する「病院」では担当する仕事内容や現場によって、職場環境への適応性ややりやすさなども異なってきます。今回は大まかな看護師の仕事内容と、救急の現場や手術室・病棟で働く看護師について見ていきましょう。

続きを読む
ナースが現場で気を付けたい「コロナ対策〜具体例〜」
No.239 ナースが現場で気を付けたい「コロナ対策〜具体例〜」

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっています。医療現場で働くナースは人一倍、感染症対策をしなくてはなりません。今回の記事では、コロナ対策の具体例を挙げていきます。

続きを読む
戦争と共に歩む看護師の歴史
No.133 戦争と共に歩む看護師の歴史

看護師の歴史上、フローレンス・ナイチンゲールは看護精神を世界中に広げ始めた一人です。今回は、看護師の始まりともいわれる彼女が登場した時代背景と看護師の歴史についてみていきましょう。

続きを読む
近代看護教育の母とナースの歴史
No.282 近代看護教育の母とナースの歴史

ナースの語源は、ラテン語にあるようです。ラテン語の「nutricia(ニュートリキア)」意味としては「授乳する人」という意味だそうです。この言葉から英語へと発展し「nurse」という単語が生まれたようです。今回はナースの歴史について解説いたします。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »