1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » こんなに大切!ナースの仮眠の重要性

No.235 こんなに大切!ナースの仮眠の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者を24時間サポートする医療現場ではどうしても必要なこと、それは夜勤です。また同時に夜勤は、医療現場で働く者にとってはどうしてもきついと感じられる事の多い形態でもあります。今回は(特に夜勤中の)仮眠の重要性とちょっとしたコツを解説します。

夜中に眠くなるのには理由がある

人間の身体は約24時間のリズム(サーカディアンリズム=生体リズムを表すおよそ1日の事)を繰り返しています。
このリズムの働きにより、深夜になると人の深部体温は低下し、自然と眠くなります。夜勤は、この自然なリズムに逆らう行為である為、きついと感じる人が多いようです。

では、どうするべきか?

夜勤時のきつさを軽減するには、どうすれば良いのでしょうか?それは、前述のサーカディアンリズムに沿って、最も体温が下がる時間帯に仮眠を取る事です。時間の目安は60分間〜120分間です。
サーカディアンリズムに沿って体温が下がる時間帯とは、22時〜翌朝6時の間です。その中でも最も仮眠を取ると効果的と言われているのが、深夜3時〜6時の間です。この時間に取る60分間の仮眠効果は、日中に取る180分間の睡眠に匹敵すると言われています。

仮眠を取るのに必要な設備

仮眠を取る為に最も理想的なのは、仮眠用の個室を設ける事です。しかし、仮眠専用個室が必要数用意されている職場は稀なようです。
個室が確保出来ない場合は、どうしたら良いのでしょうか?仮眠を取る為には、最低でも人が横になり、寝返りを打てるだけのスペースが必要です。個室が確保出来ない場合は、カーテン等で仕切られたスペースにベッドを置く事が考えられます。

それすらも確保出来ない場合は、どうなるでしょうか?個室も無く、カーテンで仕切られたベッドも無い場合には、休憩室のソファー等で仮眠を取る事が考えられます。睡眠の質は、個室やベッドに比べてどうしても劣ってしまう事が考えられますが、仮眠が取れないよりはずっと良いです。枕やクッションなどを用意して、少しでもリラックス出来るように心がけましょう。

良質の仮眠を取る為に気を付けたい事

より良い仮眠を取る為には、仮眠を取る場所だけでなく、仮眠前の食事内容も重要です。特に気を付ける点としては、脂っこい物・刺激の強い物・ハイカロリーな物は避け、仮眠の3時間前までには食事を終えるようにしましょう。

■まとめ

夜勤は、体感的にきついと感じる人が多く、その理由は先に述べた通りですが、職場によっては8時間ではなく、16時間勤務といった長時間勤務の所もあります。
法律上は、1週間の労働時間が40時間を超えていなければ問題ない為、もちろん違法ではないのですが、適度な仮眠を取る事は、働く本人にとってだけでなく、職場環境全体に良い効果をもたらします。仕事の質と安全性を向上させる為にも、是非、職場に仮眠を取る環境を整備しましょう。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ看護師求人

正社員医療法人社団杏愛会 訪問看護ステーションあさがお
広島県 医療法人社団杏愛会 訪問看護ステーションあさがお
施設訪問看護
クリニック運営の訪問看護ステーション♪日曜休み・お盆、年末年始休み♪
【募集職種:看護師】
広島県尾道市高須町2694
正社員医療法人社団 葵会 八本松病院
広島県 医療法人社団 葵会 八本松病院
施設病院
そこは、各種最新鋭医療機器を備えた「八本松病院」。各部門で一人ひとりにあわせたケアを提供いたします。
【募集職種:看護師】
広島県東広島市八本松東3-9-30
正社員炭田内科胃腸科病院
広島県 炭田内科胃腸科病院
施設病院
健康に働ける今日を感謝し、病に悩む人々に明るい笑顔と暖かい笑顔と暖かい心で奉仕します
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市西区三篠町3丁目5-20

おすすめコラム

ストレスをためたくない!
~夜勤の看護師が持つべき必需品~
No.147 ストレスをためたくない! ~夜勤の看護師が持つべき必需品~

看護師に夜勤はつきもの...。しかも、昼夜逆転によって眠れなくなったりストレスもたまりやすい。  今回はそんなつらい夜勤に癒しをくれるアイテムや「"コレ"を持っていて良かった」と言えるようなアイテムをご紹介します。

続きを読む
看護師の労働環境~仕事の士気が下がる?その理由は?
No.126 看護師の労働環境~仕事の士気が下がる?その理由は?

看護師の労働環境が問題になっています。一番の問題は、夜勤にありそうです。看護師の労働環境が悪いことで、看護師にどんな悪影響を及ぼしているのか、ポイントとともにお伝えします。

続きを読む
ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について
No.198 ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について

看護師業界において、残業は当たり前のように行われています。実際の勤務以外でも勤務に時間を費やし、ストレスを感じている方も多いようです。この記事では、病院に勤務しているナースの残業事情や、対策について見ていきたいと思います。

続きを読む
看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介
No.111 看護師の需要は伸び続ける?独立開業も可能?ポイントご紹介

看護師はこれから売り手市場になると言われており、需要も伸びていくことが予測されます。理由は高齢化社会による在宅療養が主流になるからです。一方、在宅療養で働く場合のデメリットもあげながら、看護師がおすすめ職であることについてお伝えします。

続きを読む
ナースの人間関係はどうなの?
No.192 ナースの人間関係はどうなの?

ナース(以下、看護師という)の仕事は、病院やクリニックまたは老人施設など、活躍する場所には違いますが、人を相手にした職種で、日々緊張感を持って仕事をされていることでしょう。今回は、看護師の人間関係について考えてみましょう。

続きを読む
看護師の笑顔にはパワーが宿る!!
No.170 看護師の笑顔にはパワーが宿る!!

「笑顔」には人間の心身に良い効果があるとして、様々な分野からその効果が注目されています。日本には昔から「笑う門には福来る」ということわざがありますが、これは昔から人々が「笑顔」には何らかの良い効果があると理解していた証拠だと言えます。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »