ナースの歴史は白衣の歴史|ナース専門 お悩み解決コラム ナースジョブ
  1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの歴史は白衣の歴史

No.209 ナースの歴史は白衣の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが病院へ行く時、院内で見る機会が多く病院のスタッフとして活躍しているのが看護師ですね。治療や身内などが入院した時にお話しすることもあるでしょうし、医療現場の最前線で活躍するナースの歴史についてお話します。

女子小学生にとっては憧れ・・・

子供の頃、大きくなったら何になると聞かれた経験はございませんか。今も昔も変わることなく上位の座を守り続けている職業が看護師、つまりナースだということです。最近ではモデルが主演したテレビドラマも放映したりと、医療現場に従事して多くの人たちの命を守りたいという思いは変わってないということを物語っています。
また、親からすればYouTuberやアニメのキャラクターになるよりもこの職業になってほしいというランキングの上位にも入っていますし、親子共々看護師という仕事は安定した仕事であり、資格を取得すると安心できるということから人気の高さは時代など関係ないということでしょう。

歴史を紐解いてみれば・・・

今回のテーマとなるナースの歴史ですが、その起源は中世ヨーロッパにまで遡るのですから、歴史もかなり長いものとなります。そもそもの始まりは、カトリック教会における修道院の人が病人の看護をしたのが始まりでした。
今は見かけることさえ希少となりましたが、ナースキャップという帽子は修道院の方が被っていたベールの名残であるということです。
ロシア・トルコ・ウクライナ・ルーマニアの四方の国々に囲まれたクリム半島はクリミア半島とも呼ばれ、1853〜1856年の間に戦争が繰り広げられ、フローレンス・ナイチンゲールは1854年から終戦までの間に看護師として従軍することになりました。
看護が献身的でなおかつ衛生管理については細心の注意を払っていたことから、傷病兵の死亡率を低下させたことが認められました。その由来から、ナースは「白衣の天使」として親しまれるようになりました。
毎年5月12日を「看護師の日」として全世界に認知されるようになったのは、ナイチンゲールの存在あってのことですね。

日本での歴史では・・・

ナイチンゲールの逸話は世界中に広まり、日本でも1885年からナースを育成するための教育カリキュラムをスタートすることになりました。当初は平常服と式服の二種類が存在し、前者は上着が筒袖、下着が長いスカートでありながら形状が袴に草履に白いエプロンを、後者は詰襟(袖肩にパッドを入れることで高さを調整したようなもの)で、裾の長いスカートをそれぞれ着用していたため、今のような白衣姿とは程遠いものでした。
今のような白衣のスタイルが導入されたのは1937年。日本赤十字社は日中戦争の戦場にナースを送り込みましたが、その時の制服はワンピース型の白衣で、長袖とロングスカートといったスタイルがこの時に導入されました。しかし、全国の医療機関ではそれ以前のスタイルの意匠が踏襲されていましたので全国的に普及するのはまだ先の話です。
第二次世界大戦の激化でナースは外国語とみなされたものの、戦後になって呼び方が復活するとともにワンピース風の白衣がようやく、全国の医療機関に普及するようになったのです。
当初は綿で作られたものですが、1960年代頃になってからはデザイン性を重視することを理由に、化学繊維(ポリエステルなど)を積極的に取り入れた素材へと変更されました。 1970年代にはパンツスタイルのものが導入されましたが、当時はワンピーススタイルのものがまだまだ主流だったことから、本格的に普及されるようになるのはそれから約20年後の1990年代まで待つことになりました。
その背景には、ナースという呼び方が職業差別を招きかねないということで看護師という呼び方に改められ、ワンピーススタイルと比べ感染リスクを防ぐための措置や、俊敏性の良さなどといった観点から、今のスタイルが普及し始めました。また、アメリカでは本来手術用の制服だったスクラブの実用性が高いことから、医療現場において職種関係なく広く普及していきました。
また、ナースキャップについては衛生上の問題や髪の毛への負担が増すことなどから、医療機関の大半では姿を消しました。しかし、ごく一部ではナースであることを示すために存続しています。ナースの歴史を紐解いてみると、看護と制服の歴史が深く関わっていることを象徴しています。

■まとめ

いつの時代でも、女の子が将来なりたい職業の一つとして憧れ続けているナースですが、長い歴史において、怪我をした人たちを看護しながらも健康を願い、人の命を大事に扱うという意味でも、今後の医療環境において欠かすことができない職業です。また、制服についてもナースの歴史とともに常日頃仕事がしやすい環境を求め、時代と一緒にアップデートしていることもナース含めて看護現場における歴史を物語っていることでしょう。

カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員社会福祉法人札幌恵友会 介護老人福祉施設 福寿園
北海道 社会福祉法人札幌恵友会 介護老人福祉施設 福寿園
施設高齢者施設
北区の日勤求人です♪利用者様と向き合いながら働いてみませんか?
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市北区東茨戸2条2丁目8-21
パート
(非常勤)
医療法人社団 ひぐち耳鼻咽喉科
北海道 医療法人社団 ひぐち耳鼻咽喉科
施設クリニック
週3回程度の扶養内募集!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市西区山の手1条6丁目4-8
正社員医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック
北海道 医療法人 札幌ハートセンター 札幌心臓血管クリニック
施設病院
全国屈指の循環器専門病院!キャリアアップを目指せます!
【募集職種:看護師】
北海道札幌市東区北49条東16丁目8-1

おすすめコラム

職場で長く働き続けるために~看護師は目標設定が大切
No.110 職場で長く働き続けるために~看護師は目標設定が大切

看護師の離職が問題になっている現状があります。労働時間、給料、職務における責任の重さなど病院側の問題もあります。しかし、看護師側としては勤続年数に沿った目標設定を立てることでより充実感が得られるようです。目標設定のポイントをお伝えします。

続きを読む
ブランクがあっても大丈夫? 看護師が復職するポイント
No.24 ブランクがあっても大丈夫? 看護師が復職するポイント

結婚や出産でブランクを抱える看護師は多く、復職への悩みを抱えがちです。しかし、深刻な看護師不足からブランクありの看護師を歓迎する医療機関は増えており、充実した研修制度で迎え入れてくれるケースもあるのです。

続きを読む
夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り
No.49 夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り

夜勤シフトで働く場合、夜に勤務して日中に睡眠を取らなけらばならない日もあります。夜勤前後の明るい時間帯に眠る場合は夜間と比べてどうしても睡眠が浅くなりがち。そこで、日中でもぐっすり眠るための寝室環境づくりのポイントをお伝えします。

続きを読む
知りたい!知りたくない?ナースの本音
No.305 知りたい!知りたくない?ナースの本音

医師と共に患者の命を預かる重要な仕事であるナース。そのナースの仕事はきつい仕事、重労働と言うイメージが一般的にあります。今回は、知りたいような、知りたくないようなナースの本音に耳を 傾けてみましょう。

続きを読む
意外と知らないナースの語源・歴史・由来
No.302 意外と知らないナースの語源・歴史・由来

「ナース」は一般的には看護師を意味しますが、その語源と由来を知っている方は多くはいません。語源と由来を辿ると「看護」以外の側面を持つことが見えてきます。今回は「ナース」の語源をはじめ、ナースの由来と歴史について解説します。

続きを読む
看護師が患者さんに告白されたらどう対処すべき?
No.59 看護師が患者さんに告白されたらどう対処すべき?

看護師が入院している患者さんからお付き合いしてほしいと告白されることは意外と多いようです。そんなとき、看護師はどのように対処すべきなのでしょうか。いくつかの対応方法をご紹介します。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »