1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について

No.198 ナースの残業事情と残業を減らすための改善策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師業界において、残業は当たり前のように行われています。診療科ごとの残業であったり、仕事を始める前の準備、あるいは研修などのスキルアップのための残業など、実際の勤務以外でも勤務に時間を費やし、ストレスを感じている方も多いようです。この記事では、病院に勤務しているナースの残業事情や、対策について見ていきたいと思います。

病院内で残業の多い診療科と少ない診療科とは?

それではまず、診療科目ごとで、残業が多いと言われている科目を見ていきましょう。

◎残業が多い診療科目
ICU・CCU・SCU(集中治療部)勤務のナースをはじめ、救急外来や急性期病棟勤務、脳神経外科や循環器科勤務のナースは、救急の患者さんや急変の患者さんへの緊急対応などで、勤務上の残業が増えてしまう傾向にあるようです。

◎逆に残業が少ない診療科目には、耳鼻科・皮膚科・泌尿器科・精神科などが挙げられます。これらの診療科目は、比較的急激な病状の変化の少ない患者さんの医療的ケアに携わるため、勤務上の残業は少ないと言われています。

それ以外の残業の原因

これは、病院の体制に関わることかと思いますが、慢性的な人員不足が原因で残業が増えてしまうケースもあります。さらに看護職のスキルアップを目指した研修会や、病院内の情報を共有するため、良い体制へ進めていくためのミーティング、始業前の準備などの残業が挙げられます。

残業が重なることによる影響

これらの過度な残業により起こる影響には、残業により倦怠感が取れなかったり、そのため業務上のミスが増えてしまう。さらにメンタルが落ち込んでしまったり、離職率も高くなり求人を出しても人が集まらないなど、悪循環により個人だけでなく病院自体にも影響が出てしまう状況があります。

これら残業の解決に向けた対策とは?

ナースの残業を減らすための対策は、自己努力と職場の業務改善が必要となりますが、ここでは職場側の改善について見てみましょう。

◎時差出勤を取り入れる
多くの医療機関で取り入れられている「2交代制」「3交代制」をさらに細分化して、早番・中番・遅番など出勤時間をずらして、出勤しやすい体制を作る。

◎記録とチェックを効率化していく
「電子カルテ」「看護計画」「看護記録」など、業務を効率化するためのツールを積極的に取り入れ、業務を簡素化し残業を減らす体制作りをしていく。

◎残業申請をきちんと行う
残業申請が出しにくい体制ではなく、残業が必要な状況かをきちんと判断し、残業申請を出していく体制作り。申請を受けた管理側は、業務進捗を把握していく体制を整えていく。 これらの連携した体制作りが、残業を根本から減らす体制へと繋がり、業務が改善され働きやすい環境が作られていくことでしょう。

■まとめ

今回は、激務と言われるナースの残業事情と職場体制の改善策について見てきました。 いつでも笑顔で、働きがいのある医療現場の体制作りが、さらに広がっていくことを期待します。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ看護師求人

正社員医療法人 聖愛会 介護老人保健施設 とやま
広島県 医療法人 聖愛会 介護老人保健施設 とやま
施設高齢者施設
とやまの理念は、明るい・あたたかい・安心のとやまを掲げております!
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市安佐南区沼田町吉山980-1
正社員社会福祉法人三篠会 五日市南地域包括支援センター
広島県 社会福祉法人三篠会 五日市南地域包括支援センター
施設高齢者施設
新規事業展開による増員募集です!
【募集職種:保健師】
広島県広島市佐伯区楽々園4-2-19
正社員
非常勤
医療法人永和会 下永病院
広島県 医療法人永和会 下永病院
施設病院
交通費25,000円まで支給
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県福山市金江町藁江590-1

おすすめコラム

職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策
No.68 職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策

長時間立ちっぱなしで、重いものを動かすなど腰に負担がかかる作業も多い看護師には、腰痛に悩む人が多いものです。看護師が腰痛を引き起こしやすい原因と、心がけたい腰痛対策についてお伝えします。

続きを読む
負担が軽いのはどっち?看護師の3交代制と2交代制勤務の違い
No.36 負担が軽いのはどっち?看護師の3交代制と2交代制勤務の違い

看護師の仕事は24時間絶え間なく続くため、多くの看護師は3交代、もしくは2交代で勤務をしています。負担が軽いのはどちらなのでしょうか? 看護師の勤務形態による違いや、失敗しない勤務形態の選び方についてご紹介します。

続きを読む
ナースが抱える悩み 〜看護師の感染症のリスク〜
No.202 ナースが抱える悩み 〜看護師の感染症のリスク〜

現在、新型コロナウィルスの影響で多くの感染者が出ています。その中には医療スタッフの感染も確認されています。そんな不安の中、最前線で感染症と対峙する看護師の方にとって、今回の新型コロナの流行は悩みの1つとなっています。

続きを読む
寝起きのだるさを解消! すっきり目覚めるコツ5つ
No.79 寝起きのだるさを解消! すっきり目覚めるコツ5つ

寝起きにすっきりと目覚めるためにできるちょっとしたコツを5つご紹介します。夜勤で睡眠サイクルが乱れがちな看護師は、寝起きにだるさを感じる人も多いもの。寝起きの悪さに悩んでいる方は参考にしてみてください。

続きを読む
看護師、夜勤のメンタル不調を改善するには?
No.177 看護師、夜勤のメンタル不調を改善するには?

看護師は、患者さんが寝静まっても夜間帯に起きて仕事をしているため、日勤の方に比べて不規則な生活となりやすい傾向にあるため、メンタルを鍛えておく必要があります。今回は看護師の夜勤のメンタルについて、まとめましたので一緒に見ていきましょう。

続きを読む
看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話
No.152 看護師の手、指先ケアの友 ハンドクリームのお話

看護師は手洗いや消毒を何度も繰り返し、夜勤などもあり規則的な生活ができないのが原因で、手荒れで悩む方も多くいると思います。手荒れは手の皮脂が失われてしまうことにつながる、手洗い・水仕事・アルコール消毒が原因となって進行していきます。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »