1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » ナース・看護師の勤務時間 〜シフトとの意外な関係〜

No.195 ナース・看護師の勤務時間 〜シフトとの意外な関係〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師は昔「ナース」と呼ばれていたことがあり、女性の仕事という印象が強く感じられる職業でした。しかし、最近では男性も進出したため今のような呼び名に改めました。
今回の話は勤務時間と交代制についてですが、看護師に限らず不規則な勤務時間は一部の職種では変わりません。

基本的な勤務について

交代制となっていますが、夜勤のほか深夜勤というのがあり「2交代制」または「3交代制」という構成です。夜勤担当の補助的存在の早朝出勤や午後出勤をする看護師さんも存在するため、このシフトの線引きについては必ずしも全ての病院ではなく、ごく一部の病院にて設定されているようです。
これらの背景には、夜勤担当の精神的負担をすることが目的とされているようで、夜遅くから未明の勤務時間の体力的にも消耗しやすい時間帯において、補助的存在はありがたいものです。

診療報酬見直しの結果・・・

看護師さんの勤務体制は2〜3交代制での仕事で、特に夜遅くの仕事については女性にとって荷が重いものとされています。このまま続いてしまうと人手不足はもとより過酷な勤務体制において、女性の体力面を考慮した場合でも限界に近づいてしまうのは火を見るよりも明らかなのです。
そこで、看護師の勤務体制を保証するための規定、いわゆる72時間ルールが制定されました。「夜勤そのものを、一か月あたり72時間以内にせよ」という勤務体制を実行することが義務付けられ、これを破ると病院に支払われる報酬(入院基本料)そのものが減額されてしまうということですので、病院側としては人的確保も並行しながら守り続けてきたわけです。

◎72時間ルールの概要
夜勤及び深夜勤の負担を軽減し、看護師そのものを救済するための規定ですが、その実態は一か月につき16時間未満の看護師は適用外の制度でしたので、現場側では公平性が保たれず、なかには子育てや介護中の方もいることから16時間未満に該当するという意味では不公平ではないか、というのが現状でした。
2016年からは規定そのものの見直しがかけられ、一か月につき8時間未満の看護師は含まれないことに緩和されました。

◎今後はどうなるのか
前述した72時間ルールそのものは看護師全体における平均時間であるため、一人一人の勤務時間まで上限を定めきれてないのが現実で、結果的には一部の看護師に夜勤時間増大のしわ寄せとなっています。 担当職員を増やしつつも勤務時間に偏りをなくすよう慎重にシフトを組むことや、労務環境を改良して、一人一人が働きやすい環境を作ることも重要です。しかし、これらのことを実際に行うとしても72時間ルールを守り続けるのは、難しい問題であるというのが医療関係者の共通認識です。

■まとめ

看護師の勤務時間について紹介しましたが、夜勤の場合は72時間ルールそのものが数年前に改訂されました。しかし、現在でも問題は山積していて、個々のシフトに偏りをなくす意味でも、全て解決したくてもまだまだ時間はかかりそうで、難しい話と言えるでしょう。

カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ看護師求人

正社員庄野医院
福岡県 庄野医院
施設クリニック
田川郡にあるクリニックで正社員の看護師・准看護師の募集です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県田川郡糸田町1862-14
正社員社会福祉法人慶寿会 特別養護老人ホーム慶寿園
福岡県 社会福祉法人慶寿会 特別養護老人ホーム慶寿園
施設高齢者施設
【田川郡】残業少なめ☆特別養護老人ホームにて正社員の看護職員募集です!
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県田川郡福智町上野3175‐3
正社員医療法人SMAK 杉野敬子眼科クリニック
福岡県 医療法人SMAK 杉野敬子眼科クリニック
施設クリニック
地下鉄薬院大通駅スグ!経験不問!働きやすい日勤帯のお仕事です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県福岡市中央区薬院4-1-27薬院大通りセンタービル 壱番館211号

おすすめコラム

夜勤ナース|仮眠時間は本当にあるの?
No.205 夜勤ナース|仮眠時間は本当にあるの?

夜勤は、短時間だけ仮眠することが出来る休憩時間が設けられている病院がほとんどです。その時間は16時間夜勤などの場合は、2~3時間となっているのですが、ナースの皆さんはどのように過ごしているのでしょうか。

続きを読む
看護師が他職種と連携するのは難しい?訪問看護でのポイント
No.118 看護師が他職種と連携するのは難しい?訪問看護でのポイント

訪問看護においては、看護師と医師などの他の職種との連携が大切になってきます。しかし、実際は他の職種との連携がしにくい状況があるようです。看護師が訪問看護で問題視しているポイントをお伝えします。

続きを読む
夜勤で疲労のたまる看護師の自己管理法
No.140 夜勤で疲労のたまる看護師の自己管理法

看護師さんの夜勤の業務は、患者さんの異変をすばやくキャッチしなければ命にも関わることから、精神的な面でも疲労感があることでしょう。ここでは、夜勤明けの看護師さんへ、疲労回復のための自己管理方法をまとめてみました。

続きを読む
院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策
No.20 院内感染は他人ごとじゃない! ノロウイルスの予防対策

体の抵抗力の弱った患者さんが多い病院は、ノロウイルスなどの院内感染が起こりやすい環境です。また感染リスクが高いのは、患者さんだけじゃありません! 看護師も気を付けたい、ノロウイルス対策について解説していきます。

続きを読む
ナース同士で疑問を話し合える環境は大事!相談する力も必要
No.253 ナース同士で疑問を話し合える環境は大事!相談する力も必要

看護初心者の新人看護師は、多くの分からない事や疑問に思う事があると思います。今回は疑問を分かりやすく質問・相談する方法について考えていきましょう。

続きを読む
ナースのマスク不足に対する対応
No.215 ナースのマスク不足に対する対応

新型コロナウイルスの感染拡大で、医療従事者の不安要素と言えば己の身が危険にさらされていた事だと思います。個人防護具やマスクが十分に行き渡らない事での処置は危険度が高すぎます。今回は、マスクに制限がある場合の対応について考えてみましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »