1. »
  2. »

No.140 夜勤で疲労のたまる看護師の自己管理法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師さんの夜勤の業務は、身体介助の体力的な業務だけでなく、患者さんの異変をすばやくキャッチしなければ命にも関わることから、精神的な面でも疲労感があることでしょう。 頼れるのは、自分自身の健全な心身です。ここでは、夜勤明けの看護師さんへ、疲労回復のための自己管理方法をまとめてみました。

夜勤に備えて

2交代や準夜勤
体力を使いすぎると仕事に影響がでるので、疲れが残らないよう身体の準備が必要です。そのためにも、前日の遊びを控えめにしておき、いつもよりは十分に睡眠をとるほうがいいでしょう。また、夜勤前にはきちんと食事をとり、身体が無理なく動くような調整が必要です。

3交代
深夜勤務では、その日の仕事の疲れを引きずらないよう、休息時間をできるだけとりましょう。また、入浴やヨガなど軽度に身体に負担をかけて、リラックスさせることも良いかもしれません。食事は仮眠前だと胃に負担がかかるので軽めに取り、仕事前にも眠気がこないよう、軽い食事で調整したほうがいいでしょう。

夜勤当日

仮眠の必要性
午前2時当たりから4時頃にかけて強い眠気が来る時、できるだけ、仮眠をとることをお勧めします。その時間帯は、体温が低下して眠気が強くなるからです。その時間に頑張りすぎてしまうと、疲労が一気にきてしまいます。仮眠は、15分ぐらいでいいのです。眠れない場合は、身体を横にして、休めるだけでもいいのです。

食事
夜勤中でも、お腹は空きます。そのような時は、どのような食事をとったほうが良いのでしょう。過剰に取りすぎると、消化機能が活発になり、眠気にもつながってきます。だからといって、エネルギーは消費されるので、食事をとらないわけにもいかないものです。

  • 良いもの:ヨーグルト、おにぎり、そば、パンなど
  • 悪いもの:ラーメン、丼もの、お菓子

眠くなったらストレッチ
食事をとり、猛烈な眠気に襲われたというときには、脳に血液を送り込むためにも、身体を動かしましょう。

1:深呼吸
「長く息を吸って一気に吐く」という深呼吸が意外にも期待できます。腹式呼吸だとさらに効果が期待できます。

2:体側ストレッチ
身体の側面を伸ばすストレッチです。体を伸ばすことで、お腹周りの筋肉がゆるみ、だるさの解消にもなります。

夜勤後の過ごし方

徹夜の当直で乱れた睡眠リズムを整えるためには、朝の光をしっかりとあびたいものです。できるなら、病院外に出て、太陽の強い光を浴びることが望ましいです。なぜなら、人間の生理現象として、光を感じてから16時間後に眠気が出てくるようになっているからです。

また、次の睡眠に備えておくために、温かいスープを飲んでおくことをお勧めします。これも、深部体温が高くなると身体は目覚め、低くなると眠くなるという、次の入眠に向けての取り組みになります。空調のきいた院内で仕事をしているため、意識して温かい飲み物を摂取することをお勧めします。

まとめ
人は20時間以上起きていると、お酒を飲んだような状態になるといわれています。それは、睡眠不足が原因で脳の覚醒レベルが下がっているからです。自分ではしっかりしているつもりでも、何らかのミスを起こす可能性もぬぐえません。夜勤も続けば身体はどんどん疲労していきます。自分の身体をしっかりと自己管理し、体調を整えていきましょう。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
株式会社のとテック デイサービスセンターこうざん
広島県 株式会社のとテック デイサービスセンターこうざん
施設高齢者施設
自然豊かな職場です。
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県世羅郡世羅町西上原426-3
正社員くすの木クリニック
広島県 くすの木クリニック
施設クリニック
平成25年開院のクリニック♪日勤常勤募集☆院内とても綺麗です♪
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市西区楠木町4-16-14
正社員株式会社ハーモニー ほほえみ 有料老人ホーム ハーモニー矢野
広島県 株式会社ハーモニー ほほえみ 有料老人ホーム ハーモニー矢野
施設高齢者施設
自然豊かな環境にある有料老人ホームで働いてみませんか?
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県広島市安芸区矢野西7丁目24-13

おすすめコラム

「看護師になって良かった」と感じるのはどんな時?
No.50 「看護師になって良かった」と感じるのはどんな時?

仕事の大変さや辛い部分が取り上げられることが多いのが看護師の仕事。看護師として働き続ける人たちはどんなときに「看護師になって良かった」と感じることが多いのでしょうか。実際に看護師として働く人たちからよく聞かれる声を取り上げてご紹介します。

続きを読む
看護師は万年人手不足 「有給休暇」をきっちり取得するには?
No.10 看護師は万年人手不足 「有給休暇」をきっちり取得するには?

看護師は慢性的な人手不足のため、有給休暇を消化できずに病院買取になるというケースが後を絶ちません。どのようにすれば自己都合に合わせて有給を取得できるのでしょうか?

続きを読む
保育園で働く看護師、仕事内容やメリットは?
No.66 保育園で働く看護師、仕事内容やメリットは?

保育園で働く看護師の仕事内容や、病院勤務との違いなどをご紹介します。保育園看護師は病院での働き方とは異なる部分が多いですが、そこに魅力ややりがいを感じられる看護師の方も少なくないでしょう。

続きを読む
忙しい日もヘルシーに!コンビニメニューの選び方
No.88 忙しい日もヘルシーに!コンビニメニューの選び方

夜勤前後の食事などにコンビニメニューを利用する看護師は多いと思います。手軽でリーズナブルな点が魅力ですが、栄養バランスの偏りやカロリー過多が置きやすいので注意が必要です。コンビニメニューを選ぶときに意識しておきたいポイントをご紹介します。

続きを読む
看護師の夜勤むくみ&コリ対策
No.139 看護師の夜勤むくみ&コリ対策

看護師の夜勤でさらに立ち仕事になると、疲労もたまりストレスもついてくるものです。夜勤明けだと顔や足がパンパンになっていたり、靴が履きにくいなど違和感を感じたりすることもあるかもしれません。

続きを読む
~不眠症を防ぐコツ~
No.148 ~不眠症を防ぐコツ~

看護師の仕事で夜勤をしているとつきまとう、寝不足。いつしか体調を崩し、眠れなくなって不眠症になる人も少なくないでしょう。今回は、不眠症を防ぐために夜勤の休憩中や自宅で何をしたら良いかご紹介していきます。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »