1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 看護師のコミュニケーションは難しい~ポイントご紹介

No.107 看護師のコミュニケーションは難しい~ポイントご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師は患者様だけでなく、家族、医師、看護師以外の専門職、事務職や掃除、食事担当、外部業者、外来患者など様々な人々とのコミュニケーションが必要になる仕事です。日々の仕事の効率をあげるためにも円滑なコミュニケーション方法をお伝えします。

メリハリが大切

看護師の仕事は、時にわがままな患者様に対して注意を促す必要もでてくることもあります。しかし、看護師の仕事には療養の世話という患者様に寄り添う形で行うべき仕事もあります。患者様に嫌われたくないという意識も働くので、患者のいいなりになる事もあるようです。イメージの例は母親と子供です。子供が母親のいうことを聞かない場合、母親としては自分に威厳がないからではないかと、余計にきつく叱りがちです。しかし、患者様が看護師のいう事を聞かなかったり、きつく当たったりするなどする場合、看護師そのものに対する苦情があるわけではないことも理解しておく必要がありそうです。子供は何かしら他のことで不満がある場合、母親に当たることがあります。看護師は患者にとっては、病院での母親的存在なので、自分の病気や将来ことはじめ、他の何かで面白くなかった時などに問題とは関係のない看護師さんに八つ当たりすることもあります。その場合、大きな気持ちで根気強く接することで、信頼関係が築けるようです。

1人で抱え込まないことがポイント

業務の問題は上司に相談したりします。コミュニケーションに関する患者様との問題でも、上司に相談することも1つです。相談された側は決して悪い気持ちにはならないでしょう。熟練看護師さんなら、ご経験された道かも知れませんので、素晴らしい助言をいただけたりすることもあります。また、上司とのコミュニケーションにもなっています。逆に、弱音を吐いてはいけないなど、怒られてしまったり、不本意な助言で落ち込むようなことがあれば、それはいい職場だとは言えません。転職も視野に入れてみましょう。

必ずしも我慢する必要はない?

看護師だから、患者の不平不満についていつも笑顔で対応するしかないと思い、そうしてしまうといつのまにかストレスがたまることもあります。患者さんが何かしらの理由で怒っている場合や、愚痴を話題にしてくるときこそ、看護師も普段のストレス発散の場所として、同じテンションで過ごす一時にすれば、お互いにストレス発散の場所になることもあります。患者さんをなだめることも大切ですが、時に同じテンションで怒ったり悲しんだりすることで日頃のストレスを発散させましょう。また、それが患者様にも伝わり、寄り添ってくれていると信頼されることもあるようです。

医師とのコミュニケーションのコツ

医師と看護師は、患者の治療方針の違いや外来患者や病棟に関することや指示に関することなど、様々なことで衝突しがちです。1カ月に1度~1年に1回など回数はそれぞれですが、医師とのコミュニケーションも難しいという看護師さんも多いようです。指示に関する悩みでは、医師の指示が間違っていたのに看護師の責任にされてしまいがちというお悩みもあります。

医師の仕事がどれだけ忙しいかは看護師が十分理解しているはずです。医師のフォローはするけれど、医師の指示ミスなどによる医療ミスなどの責任転嫁は小さな規模であれ、常態化する傾向のある病院などでは看護師間の空気感も冷たいものになったり、離職率が高まったりしがちです。看護師という仕事が医師に従う流れになっている治療方針であることは認識しながらも、医師次第で看護師のESが左右されることがあるのです。

例えば、手術中での出来事です。医師の指示の声が小さかったので、看護師が聞き返したそうです。逆切れされてしまうという問題があったそうです。コミュニケーションは難しいですが、医師と看護師と言う立場の違いはあるものの、間違ったことを指摘する気力も必要なようです。しかし、必ずしも立ち向かえるだけの気力を持った看護師ばかりとは限りません。繊細な気持ちの持ち主などは耐えられないところではないでしょうか。

転職を視野にいれるのも1つの対策

もし、どうしてもコミュニケーションでお悩みの方は、職場を変えてみるのも1つです。看護師専門の人材紹介サービスなら、コンサルタントがお悩みを踏まえたご自身に合った職場を紹介してくれるようです。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ看護師求人

正社員
非常勤
社会福祉法人 三篠会 堺市重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい
大阪府 社会福祉法人 三篠会 堺市重症心身障害者(児)支援センター ベルデさかい
施設高齢者施設
希少な重度心身障害者(児)施設の求人です!
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府堺市堺区旭ヶ丘中町4丁目3番1号
パート
(非常勤)
医療法人英皐会 石田クリニック
大阪府 医療法人英皐会 石田クリニック
施設クリニック
優しいスタッフばかり☆雰囲気が自慢のクリニック
【募集職種:看護師・准看護師】
大阪府大阪市住之江区新北島7-1-53
正社員医療法人 亀井会 亀井病院
大阪府 医療法人 亀井会 亀井病院
施設病院
地域密着型の療養型の病院!定時が16時半迄です★
【募集職種:看護師】
大阪府岸和田市小松里町966

おすすめコラム

戦争と共に歩む看護師の歴史
No.133 戦争と共に歩む看護師の歴史

看護師の歴史上、フローレンス・ナイチンゲールは看護精神を世界中に広げ始めた一人です。今回は、看護師の始まりともいわれる彼女が登場した時代背景と看護師の歴史についてみていきましょう。

続きを読む
夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り
No.49 夜勤シフトの看護師必見! 日中でも熟睡できる寝室環境作り

夜勤シフトで働く場合、夜に勤務して日中に睡眠を取らなけらばならない日もあります。夜勤前後の明るい時間帯に眠る場合は夜間と比べてどうしても睡眠が浅くなりがち。そこで、日中でもぐっすり眠るための寝室環境づくりのポイントをお伝えします。

続きを読む
看護師は4年制大学OR専門学校のどちらを選ぶべきか?
No.106 看護師は4年制大学OR専門学校のどちらを選ぶべきか?

看護師を目指す場合、4年制大学か専門学校か迷うところではないでしょうか。4年生大学または専門学校を卒業した場合のメリット、デメリットについてお伝えしていきます。

続きを読む
看護師さんのお悩み解決方
No.142 看護師さんのお悩み解決方

昨今では高齢化社会が進み、看護師不足が深刻な社会問題となってきています。ちょっと前までは、看護婦とかナースと言って女性の仕事という感じでしたが、現在では男性看護師も増え、職場での環境も変化してきています。

続きを読む
引きつってませんか?きれいな笑顔を作るためのエクササイズ
No.81 引きつってませんか?きれいな笑顔を作るためのエクササイズ

自然で素敵な笑顔を作るために役立つエクササイズをいくつかご紹介します。表情筋は小さな筋肉なので効果的に鍛えることができます。簡単なものが多いので、やり方を覚えて習慣にしましょう。

続きを読む
他の誰かには任せられない重要な仕事、看護師の特定行為とは
No.105 他の誰かには任せられない重要な仕事、看護師の特定行為とは

看護師には医師と同じ様に看護師にしかできない特定行為があります。特定行為とは?難しそうな言葉ですが、他の人がしてはいけない治療のことです。具体的にどんな特定行為があるのか、ポイントと共にお伝えします。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »