1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 夜勤明けのお風呂はどうしてる?リラックスする入浴方法とは?

No.113 夜勤明けのお風呂はどうしてる?リラックスする入浴方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夜勤明けの場合、朝に家にもどり1回入浴してから食事、睡眠をとられる看護師さんが多いようです。
お風呂の入り方は様々で、入り方によってリラックス効果が違うことも。
リラックスできるお風呂の入り方についてお伝えします。

夜勤明けのお風呂の回数は?

夜勤の場合、家に戻るのが朝になりますが、お風呂の入り方としては、まずは家に戻ってから1回入る看護師さんがほとんどのようです。
Aさんの場合で見てみましょう。
Aさんは夜勤明けの朝に一度お風呂に入ってから朝食をとるそうです。
それから5時間ほど眠った後はテレビをみたり、お菓子を食べたり買い物をしたりします。
夕方から次の日の朝まで睡眠時間となるそうです。

夜勤明けはお風呂に入らない?

Aさんの場合、夜勤が終わった日の朝に一度お風呂に入りますが、夜勤明けの日はお風呂に入っていないことになります。
例えば6日の朝に夜勤が終わるとします。
6日の朝に一度お風呂に入れば、7日の夜まで入らないことになるそうです。
このことについて、改善点があります。出来れば、6日の夜にも入浴したほうが冷え症の防止になるからです。
1日に2度も入るとお肌の油分が抜けてしまうのではと心配される場合、夜のお風呂については湯船につかるだけでも効果はあります。
また、夏場や疲労が激しい場合は夜勤明けの朝のお風呂はシャワーだけでもいいようです。とにかく、湯船につかることで冷え症や足のむくみが改善されるのでストレス発散にもなるようです。

お風呂でできるストレッチ

湯船につかった場合、リラックス効果をあげるストレッチをご紹介します。
まずはとっても簡単なのですが、湯船に肩までつかりながら、水圧を利用して、みぞおち部分を両掌でシュッ、シュッとプッシュするというものです。
胃の部分にはリンパが密集しています。そのため、水中でおさえることで水圧が均等にお腹付近を気持ちよく圧迫してくれるのでリラックス効果があります。
さらに、下腹部にも移動していくと、お腹のマッサージ効果は高まります。
また、ふともも、ふくらはぎについては、手のひらでふくらはぎを包み込むように水圧をかけながらシュッっとするとリンパの流れがよくなります。
イメージは水圧でふくらはぎや太腿をプルプルさせる感じです。

夜勤明けは足のむくみが激しいことも。湯船につかり、両手をお尻の横に置き、足裏を浮かせ、膝を曲げたまま足をバタバタさせます。
ふくらはぎまでプルプルさせることを足がだるくなるまで続けます。
イメージは背泳ぎの脚を湯船で足を曲げながらしている感じです。
そうすることで、足裏、ふくらはぎがとてもリラックスします。
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており、ここが凝り固まると体中に不調が走りますので、ぜひお試しを。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
株式会社A&N ナーシングホームなつれ「福住館」
北海道 株式会社A&N ナーシングホームなつれ「福住館」
施設高齢者施設
心のこもった最大限のおもてなしを提供しております!!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市豊平区福住2条10丁目3番8号
正社員
非常勤
医療法人社団幸仁会 札幌ロイヤル病院
北海道 医療法人社団幸仁会 札幌ロイヤル病院
施設病院
アットホームな職場環境!働きやすい精神科病院から求人が出ています♪
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市白石区米里五条1-3-30
正社員医療法人社団H・Nメディック H・N・メディックさっぽろ東
北海道 医療法人社団H・Nメディック H・N・メディックさっぽろ東
施設クリニック
未経験OK!しっかりサポートします。透析勤務のクリニック求人です。
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市東区北19条東7丁目1-26

おすすめコラム

みんなはどう処理してる? 看護師の「ムダ毛」事情
No.44 みんなはどう処理してる? 看護師の「ムダ毛」事情

患者さんと間近に接することの多い看護師にとって、ちょっぴり気になるのが手足などの「ムダ毛」の問題ですね。気になる看護師のムダ毛事情と、みんなの処理方法などについてお伝えします。

続きを読む
看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ
No.96 看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ

スポーツジムに通うことは、運動不足を解消し、健康を促進するばかりではなく、記憶力の向上や、ストレス解消など、看護師が仕事をする上で役立つさまざまなメリットがあるのです。運動がもたらす効果と、続けるコツを紹介します。

続きを読む
ナースには欠かせない消毒の話
No.216 ナースには欠かせない消毒の話

ナースに限らず、医療現場において欠かせないのは「消毒」です。患者さんの健康と安全のため、病院で働く皆さんのため重要なことであり、病気を治療する現場において、消毒に対する意識は必要不可欠です。今回は、ナースと消毒の話をしましょう。

続きを読む
ストレスに強くなろう! セロトニンを増やす3つの方法
No.72 ストレスに強くなろう! セロトニンを増やす3つの方法

ストレスの多い看護師だからこそ心がけたいのが、ストレスに強くなる脳内物質「セロトニン」の分泌を増やすことです。セロトニンの分泌を増やすための方法を3つご紹介します。

続きを読む
看護師の労働環境~仕事の士気が下がる?その理由は?
No.126 看護師の労働環境~仕事の士気が下がる?その理由は?

看護師の労働環境が問題になっています。一番の問題は、夜勤にありそうです。看護師の労働環境が悪いことで、看護師にどんな悪影響を及ぼしているのか、ポイントとともにお伝えします。

続きを読む
看護師、夜勤のメンタル不調を改善するには?
No.177 看護師、夜勤のメンタル不調を改善するには?

看護師は、患者さんが寝静まっても夜間帯に起きて仕事をしているため、日勤の方に比べて不規則な生活となりやすい傾向にあるため、メンタルを鍛えておく必要があります。今回は看護師の夜勤のメンタルについて、まとめましたので一緒に見ていきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »