1. »
  2. »

No.22 自然で印象的な目元に!看護師にお勧めナチュラルアイメイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師はナチュラルメイクが基本!

看護師の場合、勤務中は派手メイクをするというわけにはいきません。
だからといってスッピン状態では、老けて見えたり相手に不快感を与えてしまったりすることもあります。
看護師は業務によってはマスクをするというケースも多く、そういった場合には口元や頬などのメイクは多少サボってしまうこともあるでしょう。
しかし、目元というのは相手への印象を左右するものなので、きちんとメイクをするのが良いですね。
勤務先の人や患者さんに好印象を与えるためにも、ナチュラルなアイメイクの方法を覚えておきましょう。

ナチュラルで目元がぱっちり見えるメイク

まずアイホール全体に、ブラシを使って薄いベージュをまんべんなく入れます。
その下半分に、ベージュとブラウンの中間色になるゴールドなどを軽く入れましょう。
アイシャドウはラメやパールの強いものだと派手になってしまうだけでなく、目もぽってりと腫れぼったく見えやすくなるので避けましょう。
マット感があり粒子の細かいものを選べば、ナチュラルなメイクがカンタンにできます。
肌が青白いタイプの人は、薄いピンクやオレンジのベースを使っても良いでしょう。
逆に肌が茶色くくすんでいるという場合は、ブラウンやゴールドなどの色合いがマッチします。
ブラウンを上手に取り入れると、彫りのある表情を作ることができますよ。

アイラインの上手な引き方とは?

目のキワ部分にブラックか濃いブラウンでアイラインを引きましょう。
リキッドライナーでラインを引く場合には、上まぶたの黒目の上から目尻の方に向かって、自然な感じで引きましょう。
このとき、目尻部分は5ミリほど伸ばして少し下に引くようにすると、ふんわりとした印象を与えるタレ目メイクになります。
ペンシルを使う場合には、まぶたを少し持ち上げてペンシルを左右に軽く動かしながら引いていきましょう。
目のキワのアイラインをきちんと入れれば、目が大きく見えやすくなります。

優しく柔らかな印象の目元を作る!

アイラインを引いたら、目のキワ部分に濃い目のブラウンシャドウを入れます。
ブラウンは軽くぼかすことで、柔らかくふんわりとした雰囲気になりますよ。
下まぶたには、目のキワ部分に使ったカラーと同じような色を軽めに入れましょう。
ブラウンなど、目元が柔らかく優しげに見える色合いを使うのが良いですね。
目頭の下部分には、ピンクやオレンジなどをサッと入れると涙袋が強調され、抜け感も出やすくなります。
アイシャドウやアイラインはガッツリ系にならないよう、ナチュラルな感じに仕上げることが、優しく柔らかな印象を作るコツです。

顔のパーツの中でも目は特に、相手に与える印象に強く影響します。
さらに目元は疲れがあらわれやすいので注意が必要です。
看護師が不健康そうな目で対応していては患者さんから不安がられてしまうかもしれません。
常に健康的で親しみやすい雰囲気にするメイクを心がけていきましょう。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ求人

正社員医療法人社団 偕生会 偕生病院
兵庫県 医療法人社団 偕生会 偕生病院
施設病院
神戸市西区の一般病院★託児所有り!ママさんナースにもオススメ!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市西区持子3-2-2
正社員
非常勤
社会福祉法人神戸サルビア福祉会 特別養護老人ホームふれあいホーム
兵庫県 社会福祉法人神戸サルビア福祉会 特別養護老人ホームふれあいホーム
施設高齢者施設
アクセス抜群の好立地!(JR・阪神・阪急・地下鉄・マイカー、なんでもOK)
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市長田区三番町1丁目4-1
正社員原泌尿器科病院 【病棟・透析室勤務】
兵庫県 原泌尿器科病院 【病棟・透析室勤務】
施設病院
3カ月の研修期間はプリセプターがサポートします!未経験、新卒の方も安心して就業可能です。
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市中央区北長狭通5丁目7番17号

おすすめコラム

休日のおしゃれに! ネイルチップの付け方・外し方
No.74 休日のおしゃれに! ネイルチップの付け方・外し方

簡単に付けて外せるネイルチップは、仕事柄ネイルのおしゃれをしづらい看護師さんの休日のおしゃれにもぴったり。自然な仕上がりで自爪を傷めないネイルチップの正しい付け方と外し方を覚えましょう。

続きを読む
看護師の疲労を撃退!職場でできるリフレッシュ方法
No.1 看護師の疲労を撃退!職場でできるリフレッシュ方法

看護師として働いている皆さんは、仕事中疲れが溜まったときにどんなリフレッシ方法を実践していますか?このページでは誰もが実践できる「仕事中のリフレッシュ方法」について紹介しています。

続きを読む
職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策
No.68 職業病!? 看護師の腰痛、原因と対策

長時間立ちっぱなしで、重いものを動かすなど腰に負担がかかる作業も多い看護師には、腰痛に悩む人が多いものです。看護師が腰痛を引き起こしやすい原因と、心がけたい腰痛対策についてお伝えします。

続きを読む
理想の職場を見つける
看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »