1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 注射が苦手なナース必見!

No.211 注射が苦手なナース必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経験の浅い新人さんや注射を日常的に行う業務を含まない事業所で働いているナースの方は、看護師だけれども注射が苦手だという方もいらっしゃるでしょう。注射はこなしてきた数、経験値が大きく影響しますが、苦手意識を持っていると患者さんにも伝わるものです。ここでは、注射にまつわる「コツ」を解説します。

血管選びのコツ

教科書などには、弾力性があり、まっすぐに近い血管を選ぶと良いと書かれています。しかし、新人のナースにありがちなのは、表面に浮き出ている紫色の見やすい血管を選んで注射してしまうことで、失敗するケースが多く見られます。

紫色に見えるのは、血管壁が薄いことによって血液が透けて見えるためで、実際には弾力性がないことも多いのです。そうならないためにも、深いところであっても太めの弾力性のある血管を選ぶべきです。そのほかにも、Y字の血管を選ぶことがポイントです。

また、新人ナースのみならず、経験のあるナースでも手こずるのが、高齢者の患者さんです。高齢者は血管の弾力性が低下し、血管付近の皮下組織が弱っていることから血管が動いてしまうことや、血管が蛇行していることが原因となります。

注射をするコツ

注射をするコツとして、まずはシミュレーションをしっかりとしておくことです。最近ではYouTubeなどで、分かりやすいレクチャー動画があります。それらを見て、イメージトレーニングをしておきましょう。

次に注射をする前に、物品の用意を完璧にしておきましょう。
バットの中に駆血帯やシリンジ、分注器など必要なものを漏れなく準備し、患者さんを前に慌てることがないようにします。慌てると、取れるはずの血管も取れなくなってしまうので、準備はしっかりとおこないましょう。

高齢者など、患者さんによっては、血管がもろく取りにくい方もいらっしゃいます。その時は、上記の物品のほかに、ホットパックや蒸しタオルを準備し、30分以上をかけてしっかりと温めます。

注射の種類で気を付けること

皮下注射、筋肉注射は角度と、お肉を摘むことをしっかり意識することがコツですが、子どもと大人では走っている神経が少し違うことから、注射のする部位に違いがあります。筋肉注射はしびれなどの障害を残す可能性がありますので、特に注意が必要です。

それでも注射がダメなら

ナースのお仕事と注射は切っても切れない関係のように思えますが、注射が苦手なナースは注射なしの職場や看護師資格を利用して、異業種への転職を視野に入れても良いかもしれません。例をあげると、デイサービスや、老人ホーム、産業看護師などです。ナースの資格も無駄にすることなく、より良いナースライフを実現できるかもしれません。

■まとめ

注射は、技術的なところは回数をこなすことで上達していきます。こちらが弱気でいると患者さんにも伝わってしまいます。患者さんを緊張させない雰囲気づくりを心がけ、苦手意識をなくしましょう。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ看護師求人

正社員医療法人社団 ひかり会 木村眼科内科病院
広島県 医療法人社団 ひかり会 木村眼科内科病院
施設病院
珍しい眼科の病院です!眼科にご興味がある方にオススメです!
【募集職種:看護師】
広島県呉市中通2丁目3-28
パート
(非常勤)
通所介護あきもと
広島県 通所介護あきもと
施設高齢者施設
JR山陽本線海田市駅より徒歩10分!定員22名のデイサービスです!
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県安芸郡海田町稲荷町3-34 秋本クリニック2F
正社員医療法人エム・エム会 マッターホルンリハビリテーション病院
広島県 医療法人エム・エム会 マッターホルンリハビリテーション病院
施設病院
子育て支援の一環として、子どもの保育園、幼稚園などの行事による休暇(期日指定休暇)、急な発熱などの急病に対し、かけつけ帰宅(早退)を認めています
【募集職種:看護師・准看護師】
広島県呉市中通1-5-25

おすすめコラム

ナースはいつから存在していたのか?ナースの由来と歴史
No.277 ナースはいつから存在していたのか?ナースの由来と歴史

ナースという言葉は、いつから使われるようになったのでしょうか。ナースの由来や歴史について簡単に解説します。現在、看護師の方やこれから看護師を目指す方など看護師の歴史について知りたい方必見です。

続きを読む
看護師が患者さんに告白されたらどう対処すべき?
No.59 看護師が患者さんに告白されたらどう対処すべき?

看護師が入院している患者さんからお付き合いしてほしいと告白されることは意外と多いようです。そんなとき、看護師はどのように対処すべきなのでしょうか。いくつかの対応方法をご紹介します。

続きを読む
女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら
No.137 女性看護師がストレスでホルモンバランスが崩れたと感じたら

夜勤や不規則な勤務、ストレスや仕事の疲れで「ホルモンバランスが乱れている?」と感じたことはないですか? ホルモンバランスが乱れてしまうと様々な症状が現れてしまいます。 今回はそんなホルモンバランスについてご紹介しましょう。

続きを読む
信頼されるナースメイク~意識したいポイントとは~
No.204 信頼されるナースメイク~意識したいポイントとは~

病気やケガ等で病院に行った時に、話しかけやすくプロらしさを持って落ち着いた印象の看護師さんに対応してもらうと安心できます。今回は、ナースに求められる印象からメイクを考えてみましょう。

続きを読む
看護師の離職率と人材不足問題
No.245 看護師の離職率と人材不足問題

医療従事者の人材不足が懸念される昨今、看護師の不足についても深刻化しています。実際のところ、看護師の離職率はどれくらいの水準にあるのでしょうか?人材不足の原因はどこにあり、それを改善するにはどのような方策が考えらえるのでしょう?

続きを読む
患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ
No.28 患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ

看護師にはさまざまな患者さんと会話をする機会があります。何を話せばいいかわからないという場合もありますが、患者さんの心を上手に開くために努力したいものです。ケース別にオススメの会話術を知っておきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »