1. »
  2. »

No.120 入学できたけれど~看護師の国家試験の難易度は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師になるためには、大学受験、看護専門学校の入学試験の後さらに、国家資格である看護師の資格を取るための看護師の国家試験に合格しなければなりません。看護師の国家試験の難易度についてお伝えします。

看護師~医師と連携して行う重要な仕事

看護師の仕事は、患者様の命を預かる重要な仕事です。そのため、大学や看護専門学校の入学試験とは別に、看護師の国家試験に合格する必要があります。看護師の国家試験の合格率は、95%近くと大変高いものになっています。難易度的には難しいのでしょうか。

2016年の場合

例えば、2016年の看護師の国家試験の評価で多かったのは、過去最高に難しい試験だったというものです。看護師不足である現状があるので、看護師国家試験の難易度も下がるのかと思えば、そうでもないようです。合格された方の多くは、日ごろの授業にしっかり取り組んでいれば合格できるとおっしゃっています。しかし、社会人入試などで看護師へ転職しようとお考えの方は、看護師の国家試験はどれくらい難しいのかの指標がほしいと思われた方もおられるのではないでしょうか。

他の国家試験と比較した場合

国家試験は看護師だけではありません。他の試験を例にあげながら、看護師の国家試験が、試験としてどれくらいの難易度かをお伝えします。

  • 国家公務員、医師、公認会計士:偏差値75
  • 司法書士:72
  • システム監査技術者:70
  • MBA:69
  • 一級建築士:66
  • 社会保険労務士、歯科医師:64
  • 薬剤師:63
  • 管理栄養士:61
  • カラーコーディネーター1級、色彩検定1級、森林インストラクター:54
  • 保育士:51
  • ケアマネージャー、言語聴覚士、臨床心理士:49
  • 介護福祉士:45
  • 調理師:44
  • 作業療法士、理学療法士:41
  • 看護師:38
  • 保健師:37

など

どの資格も取得するためには相当の努力が必要になります。例えば、社会保険労務士などは、総務の実務をある程度経験された方が、自分の仕事を見直すために受験される方も多いようです。

しかし、看護師は医師などと同じように、まず資格を取得してからでなければ、業務を遂行することができません。看護師は多くの分野からの出題なので難しいと思い、看護学校への入学を諦める方もおられるかも知れません。国家試験であり、簡単ではありませんが、チャレンジしてみる気持ちを失う必要はないのではないでしょうか。

看護師になりたい~転職を考える場合

異業種から看護師への転職を考える場合、看護師になってからの就業先なども気になるところではないでしょうか。看護師の資格は、仕事をするための登竜門であり、資格に合格したからといって、仕事が万全であるとも限りません。しかし、仕事をするための指標となりますので、ぜひチャレンジしてみるのをおすすめします。看護師の仕事について、相談するには、看護師専門の人材紹介会社がおすすめです。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

正社員社会福祉法人神戸福生会 高齢者ケアセンターながた
兵庫県 社会福祉法人神戸福生会 高齢者ケアセンターながた
施設高齢者施設
高齢者施設未経験の方でも、丁寧に指導します!
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市長田区北町3丁目3番地
正社員
非常勤
ぬかたクリニック
兵庫県 ぬかたクリニック
施設クリニック
しばしばテレビや新聞でも取り上げられています!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市兵庫区塚本通7-1-1 安井ビル3F
正社員株式会社 ピュア・クリオ コミュニケーションズ クリオ・リハビリテーション 訪問看護ステーション
兵庫県 株式会社 ピュア・クリオ コミュニケーションズ クリオ・リハビリテーション 訪問看護ステーション
施設訪問看護
オンコール無しの日勤常勤でも応募可能です☆
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市垂水区狩口台1丁目16-2 明舞センター第一ビル1階

おすすめコラム

看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?
No.26 看護師に求められる役割「アドボケーター」とは?

看護師に求められる「アドボケーター」としての役割。アドボケーターとは患者に代わり、患者の気持ちや疑問を医師や医療スタッフに代弁することです。ここでは、アドボケーターの概要や目的などについてご紹介します。

続きを読む
ストレスに強くなろう! セロトニンを増やす3つの方法
No.72 ストレスに強くなろう! セロトニンを増やす3つの方法

ストレスの多い看護師だからこそ心がけたいのが、ストレスに強くなる脳内物質「セロトニン」の分泌を増やすことです。セロトニンの分泌を増やすための方法を3つご紹介します。

続きを読む
「話が違う!?」とならないための医療系転職の注意点
No.12 「話が違う!?」とならないための医療系転職の注意点

どんな職業でも転職は大変なものですが、人の命を預かる医療系のお仕事は過酷な就業条件の病院もあって、転職先選びが難しいのが実情です。後になって「こんなはずじゃなかった!」と後悔をしないための、医療系転職の注意点をご紹介します。

続きを読む
効果的なとり方は? 夜勤の日の仮眠のコツ
No.100 効果的なとり方は? 夜勤の日の仮眠のコツ

日勤、夜勤と不規則なシフトになりやすい看護師のお仕事。睡眠不足になると仕事効率が下がりますので、仮眠をとって体や脳を休ませてあげましょう。ここでは仮眠をとる際のコツをいくつかご紹介します。

続きを読む
看護師の体調管理には「ホルモンバランス」が重要
No.29 看護師の体調管理には「ホルモンバランス」が重要

看護師は夜勤があるため生活が不規則になりホルモンバランスが乱れがちです。乱れたホルモンバランスを回復させるためにできる体調管理の方法を紹介します。最近、体調が気になるという方は参考になさってください。

続きを読む
職場でイライラしてしまったときの対処法4つ
No.101 職場でイライラしてしまったときの対処法4つ

看護師の仕事はなにかとストレスがたまりやすいものです。職場でイライラしてしまうことが多いという方もいると思います。ここでは、職場でイライラしたときにできる、簡単なイライラ解消法を4つご紹介します。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »