1. HOME
  2. » ナース専門 お悩み解決コラム
  3. » 夜勤による高血圧は看護師の職務にも影響する

No.146 夜勤による高血圧は看護師の職務にも影響する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師は昼間や夜間での交代勤務などで体内時計が乱れ、悪循環になり体調不良に陥ることがあります。突然の立ちくらみのようなめまいなど起きたことはございませんか? それは高血圧の可能性が高いと思われます。高血圧は自覚症状がはっきりとありませんので十分に注意しなくてはいけません。

仕事がひと段落したころに高血圧の症状に襲われるケースがよくあるので疲労感から解放されるように高血圧対策を紹介していきたいと思います。

高血圧を注意するなら昼よりも夜

夜勤をはじめてから血圧が高くなったと気付く方が増えてきているのも事実です。夜勤を行っている最中に立ちくらみやめまい、耳鳴りや頭痛などいつもと違う症状が起こりましたら、すぐに血圧を測定する必要があります。

大抵はこうなった場合には平時よりも数値が高すぎる可能性があります。仕事のなかで患者さんの血圧を測定するのも大事ですが、看護師さん自身も良い仕事をしていくために、ちょっとした合間に血圧を測定していきましょう。

高血圧を放っておくと知らずとリスクを背負ってしまいます。慢性化しないようにするためにも早めに医師に診てもらいましょう。高血圧の方は健康な方に比べ心筋梗塞や心臓の疾患が発症する確率が3倍以上あるとされ、放置できない問題です。早い段階で健康管理と生活習慣を改善していかなければなりません。

夜勤と睡眠確保の必要性

夜勤に入るタイミングから徐々に体温が下がり始めます。体温が下がる夜勤中に仮眠時間を確保する事が重要です。

日中の体温が高い時間帯は活動に入る状態になるので、体の疲れがとれないと思うことはありませんか? 体温が高い時間に寝てしまうと、体温が低い時間帯に眠れなくなる体調面にも直結してしまいます。

仮眠をとるのなら体温の低い午前中の2時間程度が効果的ではないでしょうか。ですが、仕事の状況でそうもいかない場合もありますが、わずかな短時間での仮眠も効果があるとわかっています。日本看護協会では夜勤中に仮眠を取ることが効果的な疲労回復の方法であるとしています。

夜勤は健康面に様々な影響を与えてしまいます。

◎低下する症状
  • 睡眠の低下
  • 疲労回復効果の低下
  • 感情ストレスの解消機能低下
◎乱れや負担症状
  • 月経周期の乱れ
  • 循環期への負担による高血圧、心疾患
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 糖尿病やがんなどの長期的な影響

夜勤での影響を最小限に抑え、体調を崩す前に自分の特性を知り、自分にあった生活リズムを知り、体内リズムも上手くコントロールしていきましょう。食事の習慣や適度な運動で高血圧の予防にもなります。

食事は偏食や暴飲暴食を止め、栄養バランスのとれた食事に心がける事
  • 青魚・野菜・果物を意識して摂り、塩分は控えめに!
  • ストレスをため込まない!
  • 軽い運動でもいいので習慣化すると良い!
  • お酒は飲み過ぎず飲む頻度も減らし適量に!

看護師は地域社会の健康を取り戻すために患者やその家族を支え医師のサポートを実践して勤務に励んでいます。自分自身の体調面に気を配りチーム医療のキーパーソンとして活躍してほしいです。

カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
有限会社フェニックス 倖糸
兵庫県 有限会社フェニックス 倖糸
施設高齢者施設
デイサービス・リハビリステーションの求人♪未経験でも安心して働けます!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市垂水区塩屋北町3-6-7
正社員特定医療法人 一輝会 萩原みさき病院
兵庫県 特定医療法人 一輝会 萩原みさき病院
施設病院
駅から徒歩1分です!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市兵庫区切戸町6-26
パート
(非常勤)
有限会社フェニックス フェニックス須磨センター
兵庫県 有限会社フェニックス フェニックス須磨センター
施設高齢者施設
デイサービス・リハビリステーションの求人♪未経験でも安心して働けます!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市須磨区権現町3-6-4

おすすめコラム

看護師が寝る前にリラックスする4つの方法
No.67 看護師が寝る前にリラックスする4つの方法

心身ともに緊張やストレスが多い看護師の仕事。寝ようと思っても仕事の緊張感が続いてなかなか眠れないということもあるものです。そこで、寝る前に心身をリラックスさせるために試してみたい方法を4つご紹介します。

続きを読む
看護師の夜勤むくみ&コリ対策
No.139 看護師の夜勤むくみ&コリ対策

看護師の夜勤でさらに立ち仕事になると、疲労もたまりストレスもついてくるものです。夜勤明けだと顔や足がパンパンになっていたり、靴が履きにくいなど違和感を感じたりすることもあるかもしれません。

続きを読む
ナースの腰痛対策を紹介
No.229 ナースの腰痛対策を紹介

会社員(OL等)や看護士に限らず、今や座る仕事をする方にとって避けて通れないのが腰痛です。このまま何もしないまま放置すると、業務中にぎっくり腰になるリスクが高くなる恐れがあります。今回は、ナースの方が行っている腰痛対策について紹介します。

続きを読む
【看護師あるある】異性のドクターにドキッとした瞬間4つ
No.61 【看護師あるある】異性のドクターにドキッとした瞬間4つ

看護師あるある! 看護師が異性のドクターに思わずドキッとしてしまうタイミングとして、よくあるものを4つご紹介します。

続きを読む
ナースが知っておくべき略語「NRS」の意味とは
No.264 ナースが知っておくべき略語「NRS」の意味とは

皆さんは、幅広い医療機関でよく使われている略語「NRS」の意味をご存じでしょうか。ナースを目指している方なら、是非覚えておくべき看護の知識です。この記事では、「NRS」の意味や使い方について説明していきます。

続きを読む
やりがい実感!! 看護師の魅力
No.134 やりがい実感!! 看護師の魅力

看護師の仕事というのは、決して楽なものでないことは、皆さんよくご存じでしょう。にもかかわらず、看護師を目指す人は決して少なくありません。なぜ看護師という職業は、こんなにも人を引き付けるのか、その魅力を探ってみましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »