1. »
  2. »

No.116 看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元のかかりつけの病院や総合病院に行くと、血液採取のため注射されることがよくあります。患者からみればすべての看護師は注射が上手で当然だと思っているでしょう。しかし、静脈注射の場合は気を付ける必要がありそうです。

看護師なのに注射が苦手?

新人看護師さんは、1年近く総合病院で血液検査のための血液採取の業務をするそうです。そのため、まだ看護師になりたての場合、注射が得意だと言えるまでの段階になっていない事もあります。静脈が見えているのに、注射針をはじくなどし、失敗の経験がある看護師さんもおられます。患者さんがきつい人だと、その失敗を責められたりするので自信を失うこともあるようです。

注射は経験と回数で上手になると言われていますので、苦手意識を持つことはせずに、毎回新しい気持ちでのぞむことが必要になってきそうです。

しかし、注射を苦手としていない看護師さんであっても、注意が必要な注射があります。それは静脈注射です。

静脈注射が危険な理由

静脈注射は、静脈以外の部分に薬液がもれると、手の神経障害を起こす事もあるそうです。重篤な場合、手の指が動かしにくいなどの障害が残ることもあります。ある女性は、看護師さんから静脈注射を受けました。注射の途中、針をさした部分ではなく、手首から指先にかけて激痛らしきものが走ったそうです。しかし、静脈注射とはこんなものだろうと痛いことを伝えなかったそうです。看護師さんは、患者さんの表情などから、注射の途中で「痛い?」と声掛けをしたそうです。すると、患者さんは「すごく痛い。」と言われたそうです。

その後、肘のしびれや、指の動かしづらさを主治医にうったえましたが、主治医は静脈注射によるものだとは診断しなかったそうです。そこで、患者さんは別の病院でセカンドオピニオンを受けたところ、正中皮静脈血腫、左指の知覚低下、手首を軽くたたくと親指から薬指まで痛みが広がる「ティネル徴候」と診断されたそうです。患者さんは病院を訴えましたが、結果は事故ということで訴えはしりぞけられたそうです。

  • 患者さんの痛みは注射針の挿入によるものだと看護師さんが判断したことは正しい治療の範囲内だったこと。
  • 正中神経本幹に注射針が挿入されれば、痛みで薬剤の注入は出来ない状況になること
    →痛みはあったものの、静脈注射を続けることはできた。
    →付近をかすったかもしれないが、正中神経本幹に注射針が挿入されていない。
  • 看護師さんは患者さんに痛いかどうかを聞いている

など

これらのことから、看護師さんの静脈注射時の看護師としての対応は正当なものだと認められたそうです。

静脈注射を打つ時の注意点

静脈注射に関しては、静脈以外の部分に薬液がもれると、後遺症を残す事態になることがわかりました。静脈注射の場合、もしもにそなえてこのように対処することがポイントです。

  • 痛いかどうかを確認する
  • 痛いという答えが返ってきたら、どの部分が痛いか、違和感があるかなど詳しく痛みの原因について詳しく聞く

痛みの種類を聞くことは、針による痛みなのか、薬液漏れによる神経の痛みなのかの発見につながりそうです。注射だけでなく、点滴などでも苦手意識を持ってしまい、休職したり退職されたりした方もおられるかも知れません。しかし、高齢化社会を迎える今、看護師の需要な伸びることが予測されます。ぜひカムバックされてみるのをおすすめします。看護師専門の人材紹介サイトなら、夜勤なし、勤務時間自由などの仕事も紹介してもらえるそうです。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ看護師求人

パート
(非常勤)
有限会社フェニックス 倖糸
兵庫県 有限会社フェニックス 倖糸
施設高齢者施設
デイサービス・リハビリステーションの求人♪未経験でも安心して働けます!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市垂水区塩屋北町3-6-7
正社員兵庫県災害医療センター
兵庫県 兵庫県災害医療センター
施設病院
災害医療・救急医療に特化し、3次救急のみに対応する病院で、専門的な技量を学びたい方大歓迎です!
【募集職種:看護師】
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-3-1
正社員
非常勤
株式会社リエゾン パールビュー塩屋北町
兵庫県 株式会社リエゾン パールビュー塩屋北町
施設高齢者施設
「有意義なシニアライフのサポートで地域貢献を目指す」高齢者施設求人★
【募集職種:看護師・准看護師】
兵庫県神戸市垂水区下畑町字向井441

おすすめコラム

看護師は大人ニキビができやすい!? その原因と対策は?
No.92 看護師は大人ニキビができやすい!? その原因と対策は?

看護師は夜勤などで生活リズムが不規則になりやすいため、大人ニキビなどの肌荒れに悩む人が多いと言われています。治りにくく、繰り返しやすい厄介な大人ニキビができる原因と、ニキビ対策のポイントについて解説します。

続きを読む
理想の結婚相手を見つける!看護師におすすめな婚活方法3つ
No.63 理想の結婚相手を見つける!看護師におすすめな婚活方法3つ

結婚したいけど出会いがない看護師におすすめな婚活の方法を3つご紹介します。それぞれの方法のメリットとデメリットを知って、自分に合いそうな方法から、婚活をはじめてみてはいかがでしょうか。

続きを読む
看護師の手荒れ問題、対策のポイントは?
No.83 看護師の手荒れ問題、対策のポイントは?

頻繁な手洗いやアルコール消毒などで乾燥しやすく、荒れやすい看護師の手。看護師の職業病とも言える手荒れを予防したり改善したりするために心がけたい「手荒れ対策のポイント」をお伝えします。

続きを読む
患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ
No.28 患者さんの心を開きたい! 看護師が心がけたい会話術5つ

看護師にはさまざまな患者さんと会話をする機会があります。何を話せばいいかわからないという場合もありますが、患者さんの心を上手に開くために努力したいものです。ケース別にオススメの会話術を知っておきましょう。

続きを読む
看護師の結婚相手や平均年齢、結婚後の働き方って?
No.7 看護師の結婚相手や平均年齢、結婚後の働き方って?

看護師は異性との出会いはどこにあるのでしょうか? また、何歳ぐらいで結婚するのでしょうか? 看護師は結婚したら勤務に影響がでるのでしょうか? ここでは、看護師の結婚事情について紹介致します。

続きを読む
看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ
No.96 看護師がスポーツジムに通うメリットと続けるコツ

スポーツジムに通うことは、運動不足を解消し、健康を促進するばかりではなく、記憶力の向上や、ストレス解消など、看護師が仕事をする上で役立つさまざまなメリットがあるのです。運動がもたらす効果と、続けるコツを紹介します。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »