1. »
  2. »

No.116 看護師は注射の名人?注射を打つ場合の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元のかかりつけの病院や総合病院に行くと、血液採取のため注射されることがよくあります。患者からみればすべての看護師は注射が上手で当然だと思っているでしょう。しかし、静脈注射の場合は気を付ける必要がありそうです。

看護師なのに注射が苦手?

新人看護師さんは、1年近く総合病院で血液検査のための血液採取の業務をするそうです。そのため、まだ看護師になりたての場合、注射が得意だと言えるまでの段階になっていない事もあります。静脈が見えているのに、注射針をはじくなどし、失敗の経験がある看護師さんもおられます。患者さんがきつい人だと、その失敗を責められたりするので自信を失うこともあるようです。

注射は経験と回数で上手になると言われていますので、苦手意識を持つことはせずに、毎回新しい気持ちでのぞむことが必要になってきそうです。

しかし、注射を苦手としていない看護師さんであっても、注意が必要な注射があります。それは静脈注射です。

静脈注射が危険な理由

静脈注射は、静脈以外の部分に薬液がもれると、手の神経障害を起こす事もあるそうです。重篤な場合、手の指が動かしにくいなどの障害が残ることもあります。ある女性は、看護師さんから静脈注射を受けました。注射の途中、針をさした部分ではなく、手首から指先にかけて激痛らしきものが走ったそうです。しかし、静脈注射とはこんなものだろうと痛いことを伝えなかったそうです。看護師さんは、患者さんの表情などから、注射の途中で「痛い?」と声掛けをしたそうです。すると、患者さんは「すごく痛い。」と言われたそうです。

その後、肘のしびれや、指の動かしづらさを主治医にうったえましたが、主治医は静脈注射によるものだとは診断しなかったそうです。そこで、患者さんは別の病院でセカンドオピニオンを受けたところ、正中皮静脈血腫、左指の知覚低下、手首を軽くたたくと親指から薬指まで痛みが広がる「ティネル徴候」と診断されたそうです。患者さんは病院を訴えましたが、結果は事故ということで訴えはしりぞけられたそうです。

  • 患者さんの痛みは注射針の挿入によるものだと看護師さんが判断したことは正しい治療の範囲内だったこと。
  • 正中神経本幹に注射針が挿入されれば、痛みで薬剤の注入は出来ない状況になること
    →痛みはあったものの、静脈注射を続けることはできた。
    →付近をかすったかもしれないが、正中神経本幹に注射針が挿入されていない。
  • 看護師さんは患者さんに痛いかどうかを聞いている

など

これらのことから、看護師さんの静脈注射時の看護師としての対応は正当なものだと認められたそうです。

静脈注射を打つ時の注意点

静脈注射に関しては、静脈以外の部分に薬液がもれると、後遺症を残す事態になることがわかりました。静脈注射の場合、もしもにそなえてこのように対処することがポイントです。

  • 痛いかどうかを確認する
  • 痛いという答えが返ってきたら、どの部分が痛いか、違和感があるかなど詳しく痛みの原因について詳しく聞く

痛みの種類を聞くことは、針による痛みなのか、薬液漏れによる神経の痛みなのかの発見につながりそうです。注射だけでなく、点滴などでも苦手意識を持ってしまい、休職したり退職されたりした方もおられるかも知れません。しかし、高齢化社会を迎える今、看護師の需要な伸びることが予測されます。ぜひカムバックされてみるのをおすすめします。看護師専門の人材紹介サイトなら、夜勤なし、勤務時間自由などの仕事も紹介してもらえるそうです。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ看護師求人

正社員EVEウィミンズクリニック
北海道 EVEウィミンズクリニック
施設高齢者施設
スタッフの夢、そして今まで頂いた患者さんの要望にたいする答えがこのクリニックにあります。
【募集職種:助産師】
北海道札幌市白石区南郷通り21丁目南5-41
パート
(非常勤)
医療法人社団あさひ会 赤れんが皮フ科クリニック
北海道 医療法人社団あさひ会 赤れんが皮フ科クリニック
施設クリニック
日勤のみ!地下歩行空間直結!皮膚科クリニックのパート求人です☆
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市中央区北3条西4-1 日本生命札幌ビル3F
正社員医療法人北翔会 介護老人保健施設 豊平北翔館 豊翔の郷
北海道 医療法人北翔会 介護老人保健施設 豊平北翔館 豊翔の郷
施設高齢者施設
駅チカの好立地♪医療法人北翔会が運営する介護老人保健施設です!
【募集職種:看護師・准看護師】
北海道札幌市豊平区旭町5丁目5-1

おすすめコラム

ナース必見!医療現場で上司や先輩に相談・報告するポイント
No.30 ナース必見!医療現場で上司や先輩に相談・報告するポイント

時間が重要な医療現場で、ナースにとって大切なのは簡潔で具体的な報告をすることです。患者さんへの対応を相談する看護報告や、会議での論点などを上手に報告するためのポイントを紹介します。

続きを読む
~不眠症を防ぐコツ~
No.148 ~不眠症を防ぐコツ~

看護師の仕事で夜勤をしているとつきまとう、寝不足。いつしか体調を崩し、眠れなくなって不眠症になる人も少なくないでしょう。今回は、不眠症を防ぐために夜勤の休憩中や自宅で何をしたら良いかご紹介していきます。

続きを読む
転職先で馴染めるかが不安?スムーズに病院に馴染む方法
No.11 転職先で馴染めるかが不安?スムーズに病院に馴染む方法

看護師は転職のしやすい専門性の高い職種の一つです。しかし、病院になじめずに悩んでいる人も少なくありません。ここでは、転職先の病院にスムーズに馴染むためのポイントを紹介いたします。

続きを読む
看護師は虫歯になりやすい!? 虫歯予防で心がけたい習慣
No.91 看護師は虫歯になりやすい!? 虫歯予防で心がけたい習慣

虫歯は万病のもとと言われ、さまざまな疾患に関係していることがわかっています。看護師はその虫歯になりやすい職業のひとつです。看護師が虫歯になりやすい原因と、虫歯を予防するために気を付けたい習慣について紹介します。

続きを読む
看護師が寝る前にリラックスする4つの方法
No.67 看護師が寝る前にリラックスする4つの方法

心身ともに緊張やストレスが多い看護師の仕事。寝ようと思っても仕事の緊張感が続いてなかなか眠れないということもあるものです。そこで、寝る前に心身をリラックスさせるために試してみたい方法を4つご紹介します。

続きを読む
胸ポケットにボールペンを入れると危険?
No.155 胸ポケットにボールペンを入れると危険?

患者さんの様子を観察してバイタルチェックや処置などを行う際、記録するためにボールペンは必需品です。今回は一見なんでもないようなボールペンが、危険な行為につながることについて検証してみましょう。

続きを読む
ナースジョブで理想の職場を見つける
【看護師求人・転職情報ナースジョブ】をご覧の方へ

ナースジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のコンサルタントがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちナースジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »