No.67 看護師が寝る前にリラックスする4つの方法

看護師の仕事は、心身ともに緊張やストレスが多いものです。
夜勤でくたくたに疲れているはずなのに、寝ようと思っても緊張感が続いてなかなか眠れない……などという経験のある方も多いのではないでしょうか。
快眠のためにも、仕事の緊張感は上手にほぐしてから就寝したいですよね。
ここでは、寝る前に心身をリラックスさせるために試してみたい方法を4つご紹介します。

方法1:ぬるめのお風呂に浸かる

お風呂のお湯の温度の好みは人それぞれだと思います。
また、寝る前はさっとシャワーを浴びるだけで済ませたいという方も多いでしょう。
でも、心身をリラックスさせるという意味では、38度ぐらいのぬるめのお湯に10分程度浸かる入浴がおすすめです。
血行が促されて身体の緊張がほぐれることで、自然とリラックスできます。
入浴中や入浴後に軽くマッサージをおこなうのもおすすめです。

方法2:ストレッチをする

緊張で固くなった筋肉をストレッチで伸ばしたりほぐしたりすることも、心身のリラックスに効果的です。
ストレッチをおこなう際は呼吸を止めず、腹式呼吸でゆったりと息を吐き出しながら伸ばしていくことを意識してください。
就寝前のリラックスが目的のストレッチの場合、無理せず自分が心地良いと感じる程度の力加減でおこなうのがポイントです。

方法3:アロマで芳香浴

嗅覚は、視覚や聴覚と異なり、脳にダイレクトに伝わるとされています。
ディフューザーやアロマランプなどに鎮静作用のあるエッセンシャルオイルを使用して芳香浴をおこなうのも心身のリラックスに役立ちます。
リラックス効果の高いエッセンシャルオイルとしては、「ラベンダー」「カモミールローマン」「ネロリ」「オレンジ・スイート」などが挙げられます。
自分が「いいにおいだな」「好きな香りだな」と感じる香りは特にリラックス効果が高いので、好みの香りを選んでみてはいかがでしょうか。

方法4:温かい飲み物を飲む

一杯のホットドリンクは、身体を内側から温めてリラックスさせてくれる手軽な方法の一つです。
ただし、いくら好きだからといってカフェインを含むコーヒーや紅茶、緑茶などは寝る前に飲むには不向き。目が冴えて眠れなくなってしまう原因になってしまいます。
寝る前に飲むなら、ホットミルクやホットココア、ハーブティーなどがおすすめです。
熱すぎずぬるすぎないほどよい温かさにして、のんびりと味わってみましょう。

寝る前におすすめな、心身をリラックスさせる方法を4つご紹介しました。
仕事の緊張を引きずってなかなか寝付けないという看護師さんは、ぜひ試してみてください。

Facebookでシェア Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

おすすめ求人

正社員東京都
医療法人社団AYUMI 新宿内視鏡クリニック
最寄駅から徒歩5分圏内!内視鏡がメインのクリニックです☆彡【募集職種:看護師】
東京都新宿区西新宿4丁目2−18
正社員岡山県
医療法人 長光会 長島病院
~信頼にこたえる病院づくり~【募集職種:看護師】
岡山県岡山市東区瀬戸町瀬戸40-1
正社員福岡県
医療法人悠久会 大牟田共立病院
駅チカ!子育て応援求人!ワークライフバランスの取れた働き方ができます♪【募集職種:看護師・准看護師】
福岡県大牟田市明治町3-7-5
正社員兵庫県
社会福祉法人神戸福生会 学園都市あんしんすこやかセンター
地域の高齢者の方からの総合相談窓口です♪【募集職種:保健師】
兵庫県神戸市西区学園西町1-4キャンパススクエア東館1F
契約社員北海道
株式会社 E湯 住宅型有料老人ホーム Eはうす
旭川市、デイサービスと併設された有料老人ホームの求人です☆【募集職種:准看護師】
北海道旭川市豊岡13条6丁目4番7号
理想の職場を見つける 0120-206-001