看護師といっても、配属先によって仕事内容は様々。
自分に合ったスキルの求人を選ぶのも転職を成功させる秘訣です。

病棟看護師

病棟看護師は、外来看護師や手術室(オペ室)看護師と比較して患者と接する時間が大幅にあります。
病棟には様々な種類がありますので種類に応じてケアの内容も異なり、患者の性格を理解することも求められます。
基本的には24時間365日交代勤務で看護を行います。

病棟看護師の仕事内容を詳しく見る

外来看護師

外来看護師の役割は医師の診察がスムーズに行われるように介助するのが重要な役割となります。
外来では不安な思いを抱えた患者が日に多く訪れます。治療の必要がない人から緊急処置や緊急入院が必要なケースも発生します。
多様なケースに対し臨機応変な対応をすることが求められます。

外来看護師の仕事内容を詳しく見る

訪問看護師

訪問看護師の役割は病気や障害を持った人が看護ケアを自分の自宅で受けられるように看護師が訪問して療養生活を支援するサービスです。
訪問看護師は医師や関係機関と連携をとり、様々な在宅ケアサービスを提供します。

訪問看護師の仕事内容を詳しく見る

高齢者施設看護師

病院とは異なり、老人ホームや介護施設では治療の場ではなく日常生活を見守ることがメインの看護となります。
高齢化が進み高齢者施設のニーズが増えている中で医療機関と協力して健康管理を行う役割があります。
特別養護老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホームなど様々な種類があります。

高齢者施設看護師の仕事内容を詳しく見る
手術室(オペ室)看護師

手術室看護師の最も重要な役割は手術の介助になります。
医療チームの一員として医師をサポートする役割を担う仕事で、手術の進行をスムーズに進めなければなりません。

手術室看護師の仕事内容を詳しく見る
理想の職場を見つける 0120-206-001